スポンサーリンク
新着ニュース

ジャニーズ事務所の「アメとムチ」 カレンダー利権とは?

ここのところ、相次いでジャニーズタレントのスキャンダル記事が出てきています。
のリーダーの大野智さん(27)が大麻で3P」「渋谷すばるさん(26)飲酒強制事件」など、ジャニーズのイメージを大きく損なうものばかりです。
これらのスキャンダルが表ざたになってしまった背景には、ジャニーズの「カレンダー利権」をめぐるトラブルがあるというのです。
関連記事→ジャニーズ事務所の規制に縛られる瀬戸朝香 もう限界?

アイドル帝国ジャニーズ50年の光芒 [ 小菅宏 ]


★最速芸能情報は芸能人ランキング


カレンダー利権というのは、どのようなものなのでしょうか。
(以下引用)
肖像権管理のシビアな同事務所(ジャニーズ事務所)では、「どこの社が誰のカレンダーを発売できるのかは、ジャニーズサイドの恣意的な判断によって決定されることが多い」(『サイゾー』2005年3月号)
仕組みで、出版社がジャニーズタレントのカレンダーを「作らせていただく」ことになっている。
カレンダーは、この出版不況にあってほとんどが完売になるほどの手堅い人気を誇る。
角川書店やぴあなどは、表紙に所属タレントを起用できるなど利用価値は高く、週刊誌を発行する出版社に対しては、スキャンダル記事抑止に機能すると同誌は指摘している。
(以上引用 ツカサネット新聞)
つまり、ジャニーズ事務所のタレントにとって都合の悪い報道をしていない出版社にはカレンダーを出版させてあげますよ、という、いわゆる「アメとムチ」でメディアをコントロールしているのだといいます。
この関係が壊れた原因となったのは、皮肉にもそのカレンダーでした。
(以下引用)
「実は、今年はウチはNEWSを出したんですが、去年の3月にウチから出したカレンダーに誤植があったんです。
本来ならJulyの7月をJuneと表記していた(笑)。
ホントに凡ミスで言い訳できない。
なんと言われても言い訳できない失敗です。
それはこちらも認めるところですが、これをきっかけにこれまでにない圧力がかかるようになり、鬱積したものが爆発! 
今回の宣戦布告に至ったんですよ」(『Jマニア88』で講談社関係者)
(以上引用 ツカサネット新聞)
今回の宣戦布告、とは、「週刊現代」が報じた「嵐のリーダーの大野智さん(27)が大麻で3P」事件のことですね。
(以下引用)
もともと、『週刊現代』はジャニーズに都合の悪い記事もこれまで書いてきたが、同事務所がカレンダーの権利を引き上げてしまったら、いよいよ同社はジャニーズ事務所に遠慮する理由がなくなる
(以上引用 ツカサネット新聞)
2ちゃんねるでは、こんな推測も流れています。
(以下引用)
講談社がジャニと全面戦争になってもいいと思ったってことは、他にも何か
持ってるんじゃないの?
事務所オワタかもしれない。
週刊ヒュンダイの記事で。
(以上引用 2ちゃんねる)
ファンをこんな不安な気持ちにさせてはいけませんね。
講談社といえば、出版業界の中でも最大手です。
カレンダーの権利がいくら大きいとはいえ、いつまでもその「アメ」が通用するとは限りません。
最終的にはジャニーズ事務所自体に今までのツケが跳ね返ってくるかもしれません。
そうなった時、もちろん事務所も大変でしょうが、所属しているタレントたちが一番辛い思いをするのでしょう。
「アメとムチ」を振りかざしてメディアをコントロールするばかりではなく、もう少し柔軟なやり方があってもいいのではないでしょうか?
ツカサネット新聞の記者さんは、以下のように記事を締めくくっています。
(以下引用)
「アメとムチ」は相手を跪かせるには便利な手法だが、まかり間違えると逆に自分の首を絞めかねない。
今までのようなメディアコントロールは少しずつ敵を増やしているのだ。
この件だけで同事務所の屋台骨が揺らぐことはないだろうが、「蟻の一穴」にならないよう注意を払った方がいいのではないだろうか。
(以上引用 ツカサネット新聞)
ランキング参加中!
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
★芸能人・有名人のブログはこちら★
本日の面白ネタ満載!→情報屋さん。
本日のニュースピックアップ!→News人
ジャニーズ情報を見るなら→芸能界のう・わ・さ!
《今日の注目記事》
ジャニーズに遠慮するメディアの真相!ジャニーズの利権とは人気ブログランキング芸能ニュース6位「芸能どきどきニュース」さん
爆笑問題がふるさと納税で大阪府に1千万円を寄付!人気ブログランキング48位「ミニミニ芸能情報」さん

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース