スポンサーリンク
新着ニュース

木村拓哉大河出演を辞退!イ・ビョンホンとの共演作もお蔵入りの真相は?

2010年度NHK大河ドラマ「龍馬伝」に主演が内定していたSMAP木村拓哉さん(35)が、その出演をキャンセルしたことが分かりました。
さらに、韓流スター イ・ビョンホンさん(38)と共演し、今年の秋には公開予定だった「I COME WITH THE RAIN」という米仏合作映画に出演している木村さん、こちらの映画はいまだ公開の気配がありません。
一体どうしちゃったんでしょうか。→Ranking

人生は上々だDVD-BOX


★最速芸能情報は芸能人ランキング


(以下引用)
「この『龍馬伝』という作品は、『HERO』など、俳優・木村拓哉の代表作といえるものを手がけてきた福田靖さんが脚本ですし、まさに拓哉のための2010年NHK大河でした。福田さんの書く台本は、拓哉本人や周辺スタッフも大のお気に入りですから。ところが、この作品への拓哉の出演予定がつい最近、キャンセルになってしまったんです」(テレビ局関係者)
(中略)
拓哉が主演するはずだったのは、再来年の作品。幕末のヒーロー・坂本龍馬の活躍を描くもので、前出のテレビ局関係者いわく、”今年9月の段階では、細かい部分を含め、ほとんど決まっていた”という。
「ドラマ終了後には、驚くことに”その後の龍馬”というふうな映画化の話まで約束されていました。大河も名誉だけど、最終的には映画で作品を完結させたい、という拓哉側の希望にNHKが折れた形のようでしたが・・・・・・」
にもかかわらず、要望した拓哉側から出演をキャンセルしたという、今回の企画。
(中略)
ではいったいなぜ、拓哉はこの仕事を”回避”したのか、前出・テレビ局関係者は、
「ここ数年のドラマ不況で、ついに拓哉がテレビから映画にシフトする方向へ動き出した、ということでしょう。結果が”視聴率”という数字ですぐ露骨に出てしまうドラマに対し、映画はそれがない。また、1年近くかかる長期的な大河ドラマより、短期集中して役作りに取り組める映画に魅力を感じているようです」
(以上引用 週刊女性11/11号)
それならば、ファンとしては木村さんの最新出演映画「I COME WITH THE RAIN」の公開に期待も高まるというものですが、こちらは当初の公開予定である秋を過ぎようとしているというのに、全く公開される気配がないといいます。
(以下引用)
いまだ、日本の配給会社に話は下りてきていません。撮影自体は、昨年の夏に終わっているので、とっくに完成していておかしくないですが・・・・・・」(映画配給関係者)
さらに探っていくと、
「6月のカンヌ国際映画祭に出品予定だったんですが、そのときは編集が間に合わず、見送りとなりました。
アジア各国を代表する俳優が参加しただけに、その配役やストーリーだけでなく、編集作業にも多くの注文が寄せられたと聞いています。確かに、今回の木村さんの役は、これまでにないショッキングなシーンが多いですからね」(映画ライター)
どうやら、そこらへんが、この”お蔵入り”状態に関係しているようなのだ。前出の映画ライターによると、
「今回、木村さんは、行方不明の御曹司に扮し、浮浪者や囚人になったり、銃に撃たれたり、顔をウジが這ったりと、体当たりの演技をしています。役者としての幅は広がりましたが、女性ウケするアイドルのイメージは、この作品にはまったくありませんからね」
つまり、従来のキムタク像からはかけ離れているわけで、
「脚本の段階で、ある程度は予想していても、実際に仕上がった映像はそれ以上。ちょっとインパクトがありすぎたようです。今後、他の作品の役にも影響するし、男性化粧品のCMに出演するくらいクリーンなイメージの人ですから、これはちょっと、ということに・・・・・・」(スポーツ紙記者)
(以上引用 週刊女性11/11号)
その代わり、木村さんには新たな映画出演の噂が!
(以下引用)
「山田(洋次)監督が、来年2月からクランクイン予定の新作があるんです。これに拓哉が絡むのではないか、といわれています」(映画関係者)
(中略)
「監督、拓哉と『武士の一分』で一緒に仕事した際、”ストイックなまでに自身を見つめる目には、思わず引きずり込まれる魅力がある。高倉健さんに初めて会ったときを思い出した”と絶賛していました。憧れの健さんの名前を出してもらい、拓哉も大喜びしていましたね。また監督は、”テレビで見られない、木村拓哉を見せる”という演出を心がけ、それが拓哉にとっても心地よかったみたいです」(前出・映画関係者)
(以上引用 週刊女性11/11号)
この作品、撮影は来春の2ヶ月間ほどですが、作品の公開予定は来年年末~再来年初めになる予定なのだそうです。
そうすると、2010年大河ドラマのスタートとかぶってしまうので、そのあたりにも「大河キャンセル」の理由がありそうです。
また、近年の欧米では「日本映画ブーム」がおこっており、無理に海外の映画に出るよりも、良質な日本映画に出て映画祭で入賞したりするほうが海外で評価されやすいのだそうです。
海外進出を視野に入れている木村さんとしては、山田作品に出ることは世界に通じる近道ともいえます。
キムタク&心美ちゃん&光希ちゃんプラ写【画像】→ Geinou Ranking
キムタク&心美ちゃん&光希ちゃんプラ写【画像】→ Ranking
キムタク&心美ちゃん&光希ちゃんプラ写【画像】→ Geinou Ranking
しかし、ファンとしては大河ドラマに出る木村さんも見てみたかったですね~。
ちょっと残念ですが、山田作品でまた新たな木村さんを見ることができるかもしれません。
それより気になるのは、お蔵入りになりそうだという映画「I COME WITH THE RAIN」。
いままでの爽やかイメージを覆す、強烈な役柄ですよね!
木村さんが役者として新たな境地を開拓した貴重な映画、ぜひお蔵入りなどといわず、公開に向けて動いてほしいです。
確かにいままで作り上げたイメージも大切かもしれませんが、木村さんももう36歳。
いつまでも既存のイメージにとらわれず、新しい境地を切り開いていくことも必要ではないでしょうか。
ひょっとすると、「アイドル・木村拓哉」を引きずらない、本当の「俳優・木村拓哉」が、そこにはいるのかもしれません。
その新たな木村さんには、きっと新たなファンがついてくれると思うのですが・・・。
★もっと芸能情報を読みたい方は
芸能人ランキング
芸能裏話・噂
★芸能人・有名人のブログはこちら★
本日の面白ネタ満載!→情報屋さん。
ジャニーズ情報を見るなら→芸能界のう・わ・さ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース