スポンサーリンク
新着ニュース

KEIKO マハラジャ祇園の常連だった!浪費生活の原点はここ?

朝から高級シャンパンを開け、生活費は月800万円かかっていたという小室哲哉・KEIKO夫妻
小室被告が詐欺に走るほど困窮した原因のひとつは、KEIKOさんの浪費癖だったとも言われています。
このKEIKOさんの浪費・放蕩生活の原点は、バブル真っ只中のディスコ・マハラジャにあったのです。
マハラジャクイーンコンテストに出場するほどの常連であったKEIKOさん。
当時のマハラジャといえば・・・。→ Geinou Ranking
O-CRAZY LUV(初回限定盤)(DVD付)KCO (CCCD)
にほんブログ村 芸能ブログ

KEIKOさんがエントリーしていたのは、93年4月18日に行われた「第6回 マハラジャクイーンコンテスト近畿大会」でした。
当時の彼女は、若干二十歳。
和服姿と、水着姿を披露しています。

(以下引用)
会場はオープン当時、東洋一の広さを誇ったディスコ「マハラジャ祇園」。
ここは日本のディスコ史上、もっとも高い入場料金、もっとも過激なディスコと恐れられ、KEIKOはそんな店のV.I.Pだった。
観ている客のほとんどが彼女の知り合いという感じで、画面に彼女が登場するたびにヤンヤヤンヤの歓声が凄い。
それにヘラヘラした表情で応えてる彼女はひたすら軽い。
93年といえば「ジュリアナ東京」代表される「扇子にお立ち台」ギャルが流行っていた時代。
そもそもその発祥がマハラジャ祇園で、舞妓さんが扇子を持って踊っていたことから始まったらしい。
(以上引用 お宝ガールズ)

このマハラジャ祇園の顔だったというKEIKOさん。
本名ではなく、「アオイケケイコ」という別名で通っていたそうです。
(KEIKOさんの本名は、旧姓山田桂子さん)
この93年のコンテストでは結局近畿代表には選ばれませんでしたが、ミスキュート賞を受賞
マハラジャ祇園の1年間のフリーパスポートをもらっていたとか。

マハラジャクイーンの歴史→ Ranking
マハラジャクイーンの歴史→ Looking
マハラジャクイーンの歴史→ Geinou Ranking

上記のマハラジャクイーンのサイトにも、KEIKOさんの名前が出てますね。
KEIKOさんって、オーディションでステージから落ちたのが小室さんの目に止まったのがきっかけでオーディションに合格できたというエピソードは比較的有名だと思うんですが、マハラジャクイーンだったというのはちょっと意外でした。
実家が地元では有名な老舗料亭だといいますし、もう少しマジメな人生を歩んでこられた方だと(勝手に)思っていました。
マハラジャ祇園は料金が高いことで有名だったといいますから、若いうちから、比較的裕福な生活をされていた方だったんですね、KEIKOさんって。
小室さんと結婚してその浪費ぶりがパワーアップしちゃったんでしょうか・・・。

朋ちゃん、KEIKOについて語る。【動画】→ Ranking
朋ちゃん、KEIKOについて語る。【動画】→ Uwasa
朋ちゃん、KEIKOについて語る。【動画】→ Douga

一応保釈は認められた小室さんですが、裁判はまだこれからです。
実刑判決が出たりすると、今度は刑務所が待ってますね・・・。
この夫婦はこれからが正念場ですね。
もうこういった華やかな生活は、出来ないでしょうね・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
最後に1クリック、応援よろしくお願い致します(^▽^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ありがとうございました。
有名人のブログはこちら
小室夫妻の噂は→芸能界のう・わ・さ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース