スポンサーリンク
新着ニュース

ミスチル解散!?今後のスケジュールが全て白紙に!

あの、ミスチルこと「Mr.Children」が、解散する可能性が浮上してきました。
今までも何度か活動を休止したことがありますが、今回はそれとは異なり、移籍や新バンド結成に向けた動きなのだといいます。
現在行われている全国ツアー以降のスケジュールが全くの白紙状態だというミスチル。
09年が“ミスチル”を見られる最後の年になる!?
Ranking
SWITCH vol.26 No.8(スイッチ2008年8月号)特集:桜井和寿[向き合う言葉]
にほんブログ村 芸能ブログ

現在全国ツアー中のミスチル。
このツアー『Tour2009 ~終末のコンフィデンスソングス~』は、5月31日まで行われる予定で、ボーカル・桜井和寿さん(39)の体調不良のため延期となった分の代替公演が8月6日に行われます。
ミスチルのスケジュールが決まっているのはここまで。
これ以降のスケジュールは、全くの白紙になっています。
大手レコード会社関係者によると、今までならレコード会社との間で必ず取り決められていた新曲リリースの期日も、今回は設定されていないのだとか。
いったいミスチルに何が起こっているのでしょうか。
(以下引用)
「今年1月に恵比寿(渋谷区)のライブハウスで、新しい音楽レーベル『ORS』のお披露目イベントが行われました。
そこに出席した関係者の間でミスチルの解散が話題になったんです。
『ORS』はミスチルの所属事務所『烏龍舎(ウーロンシャ)』が大手レコード会社のエイベックスと共同で発足したLLP(有限責任事業組合)です。
一昨年から両者は協力体制を敷いていますが、本格的に始動したのは今年から。
その新レーベルの最大の目的が、今は別のレコード会社に所属しているミスチル、つまり桜井の獲得なのだそうです」(音楽ライター)
(以上引用 週刊現代)
『烏龍舎』は、91年に代表者・小林武史氏(49)が設立したプロダクションです。
ミスチル以外にも、レミオロメンMy Little Loverなどが所属しています。
小林氏はミスチルのプロデューサーで、ほとんどの作品で編曲に関わっていることから、ミスチルの5人目のメンバーとも言われている人物。
桜井さんも絶大な信頼を寄せている人物なのですが、ミスチルが所属するレコード会社は小林氏の『ウーロンレコーズ』ではなく、別会社の『トイズファクトリー』なのです。
前出の音楽ライターによると…。
(以下引用)
「たとえば、『レミオロメン』は事務所もレーベルも烏龍舎だから売れればそっくり会社の利益になる。
でもミスチルのようにレコード会社が別だと旨みは半減以下です。
『トイズファクトリー』は、『ゆず』や『ケツメイシ』なども擁していますが、CD不況もあって、かつて、『SPEED』が所属していた90年代のような勢いはない。
けっして、経営状態に余裕があるとはいえないんです」
そんな機に小林氏とエイベックスが動き出したことで、桜井の『ORS』移籍計画が浮上したという。
「エイベックスにとっては、ミスチルは喉から手が出るほど欲しいコンテンツ。
業界最大手のレコード会社とはいえ、最近は浜崎あゆみ倖田來未など、自前のアーティストの売り上げが伸び悩んでいる
そこで、『EXILE』のような別のプロダクションに所属するアーティストを積極的に手がけています。
じっさい、エイベックスが小林氏と新しいバンドに取り組む話が進んでいて、その目玉が桜井だということなんです」(レコード会社社員)
(以上引用 週刊現代)
しかし、そのままバンドごと引き抜くような形では、音楽業界内でどうしても角が立ちます。
そこで、1度ミスチルを解散させて、身軽になった桜井さんだけを引き抜く計画なのだそうです。
一部では、新バンドのメンバーにミスチルのドラム・鈴木秀哉さんが加わるという、具体的な話も飛び出しているようです。
しかし、ミスチルといえば、20年以上苦楽を共にしてきており、メンバーの信頼関係が強く、非常に仲がいいことで知られています。
それなのに、解散→新バンドなどということがありえるのでしょうか?
(以下引用)
バンドはとにかくカネがかかる
特にツアーを積極的にやるバンドはメンバー全員、それに加えサポートメンバーなどの交通費や宿泊代が莫大にかかり、レコード会社の経営を圧迫しているのが実情なんです。
あのサザンオールスターズでさえ、大所帯を支えきれず、桑田佳祐ひとりで済むようにソロにならざるをえなかったといわれるほど。
この不況下では、経費削減でメンバーが“リストラ”されることは十分にありえます」(別の音楽ライター)
(中略)
ミスチルの所属事務所『烏龍舎』に話を聞いた。
――ツアー後の活動で決まっているものはありますか?
いまは何も決まっていません
――新曲のスケジュールなどは?
ありません
――今年で解散するという話を耳にしました。
それもないです
(以上引用 週刊現代)
ミスチルが過去に活動を休止したのは、2回。
1度目は97年。
突然活動休止を発表し、その後1年半の間活動をしませんでした。
この理由については、いろんな説があるようです。
97年活動休止の原因は小林武史氏だった?→ Ranking
97年活動休止の原因は小林武史氏だった?→ Ranking
97年活動休止の原因は小林武史氏だった?→ Looking
wikipediaにはこんな一文がありました。
ほとんど休みのない過密スケジュールと、一部メディアやファンによってプライベートまで丸裸にされる環境に疲れ果てたメンバーは、1997年4月から無期限の活動休止期間に入った。」(wikipediaより)
桜井さん自身は、のちにこう語っていたそうです。
ひとりじゃなんにもできない自分たちっていうのが嫌だった」(週刊現代より)
2度目の活動休止は02年で、桜井さんが小脳梗塞で倒れたためでした。
このときは、メンバーの仲のよさがよくわかるエピソードもありました。
ミスチル、“鈴木さんの諸事情”により活動再開が遅れた?→ Ranking
ミスチル、“鈴木さんの諸事情”により活動再開が遅れた?→ Looking
ミスチル、“鈴木さんの諸事情”により活動再開が遅れた?→ Uwasa
そして今回のこの解散疑惑。
これについては、ファンの間ではすでにある憶測が流れているようです。
ミスチル活動休止説の信憑性→ Looking
ミスチル活動休止説の信憑性→ Geinou Ranking
ミスチル活動休止説の信憑性→ Ranking
う~ん、どうなんでしょう?解散、あるんでしょうか??
メンバーで仲が悪いとか、そういうんじゃないですもんねぇ。
CD不況で売れないとはいいますが、そんな中でもミスチルはダントツに売れているといいますし、金銭的に厳しいというのはちょっと納得できない理由ですよね。
信頼する小林氏のレーベルに移籍したいのに、今のままでは難しいからいったん解散する、というのも、なんだかちょっと話がおかしいような…??
レーベルの移籍って、バンドを解散してまでしたいものなんでしょうか?
バンドの存続の方が優先順位高そうに思うんですけど…。
でもファンの間で解散説・活動休止説が囁かれる中でこういう報道が出ると、なんかちょっとイヤな予感しますよね…。
理由はどうであれ、何かありそうな…。
スケジュールが空白だというのも気にかかります。
昨年は固辞しつづけていた紅白にも出場しましたし、これも解散への布石だと思えなくもありません。
気になりますね…。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
芸能人・有名人のブログはこちら
ミスチルのウワサは→芸能界のう・わ・さ!
【本日の気になるニュース】
松村邦洋復帰後TV初出演!命の恩人と再会【画像】
芸能ランキング15位ワイド芸能ショーさん
ほんと、無事でよかったですね
ブログで謝罪!暴行で逮捕の夫に代わり上原さくらが「お詫び」
芸能ランキング9位芸能界の裏の顔さん
相手が立ち上がれなくなるほど殴るようなことじゃないと思うんだけど…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース