スポンサーリンク
新着ニュース

飯島愛 引退後の生活と「ホンキの夢」

飯島愛さんには、ホンキの夢がありました。
<やりたいことが明確にあります。
恐ろしく、くだらない事をホンキで夢みてます>(07年9月16日・飯島愛ブログより)
その、“ホンキの夢”とはいったいなんだったのでしょうか。
その夢がかなう直前に、天国へと旅立ってしまった愛さん。
死の直前に愛さんと食事したという親友の静香さんは、愛さんのあまりの変わりように驚いたといいますが…。
芸能界を引退してからの、愛さんの生活ぶりに迫ります。
Ranking
飯島愛OTAKARA写真館―ありがとう永遠の女神
にほんブログ村 芸能ブログ

美輪明宏さんを、「先生」と呼んでいた愛さん。
初めて会ったとき、美輪さんが愛さんの心のうちをズバッと言い当てたのがそのきっかけだったそうで、その後も会うたびに、美輪さんは愛さんの状態を見抜いてはアドバイスを送っていたそうです。
07年3月、芸能界を引退すると発表した愛さん。
美輪さんのもとへも挨拶に向かいました。
楽屋で美輪さんに会うと、
「引退することになりました。本当にお世話になりました」
と恭しく頭を下げた愛さん。
そんな愛さんに、美輪さんはこう話したそうです。
(以下引用)
「いろいろな社会を見てきなさい。
そしてね、自分を縛らないほうがいいわよ。
自分はこの世界に向いていないと思っていても、意外と才能を発揮できることもあるしね。
人間というのは自分が決め付けている以上の可能性を秘めている場合が多いの。
だから、あなたが芸能界を引退するということは、新しい世界で才能を発揮するということだから、『残念ね』とか『気の毒ね』とか『名残惜しいわね』とか、私はいっさい言いませんよ
愛は一点の曇りもないほど晴れやかな笑顔を浮かべ、感嘆の声をあげた。
わぁ、吹っ切れた!
(以上引用 フライデー)
そんな愛さん、芸能界引退から半年後には、新しい仕事への意欲をブログで語っています。
愛さんがホンキで夢見た、その仕事というのは、ネットを通じて性にまつわるグッズを、特に女性に向けて通信販売することだったといいます。
そこには、エイズや性感染症の予防促進という願いが込められていたそうです。
この事業についてはいろいろな話が飛び交っていますが、もう本当に発信寸前のところまで行っていたようです。
オリジナル商品として、避妊具、体臭に悩む女性向けの石鹸などがつくられていました
パッケージも、女性が当たり前に手に取れるように、高級化粧品のようなシンプルで上品なデザインに決められていました。
そして、提携工場で量産された商品が08年秋ごろには納品されており、愛さんの画像を入れたネット通販のホームページも完成直前だったそうです。
しかし、体調は芸能界引退後も思わしくなく、体だけでなく心の方も不調を来たすようになっていました
新たな事業開始の準備は心労になっていたでしょうし、引退したことで芸能界の友人たちとの距離感が変化したことも、繊細な愛さんにはこたえたのかもしれません。
ブログにも、何度も体調不良、精神的な辛さをうかがわせる文章が登場しています
(以下引用)
この2か月ほど、軽いノイローゼで大変でした。精神疾患です。
抗うつ剤を処方されたので凹みました。抗うつ剤なのに…>(08年2月24日)
<でも、現実は厳しいのだ。げげげーん、幻聴が聞こえんだぜっ
キィーーーーーーーーーーン>(08年3月7日)
当たり前の様に毎日独りで部屋にいた
人と会うのが嫌だったから、PCとDVDがお友達だった。
自分に話しかけ自分で答えていた。
もう1人の自分が話し相手。
次第に被害妄想が酷くなりだし、人を信じることが難しく成っていったの。
ある日、病院に行ったほうがいいかも知れない。
と感じるコトが出来きた(ママ)。>(08年9月5日)
(以上引用 フライデー)
遺体発見のちょうど1ヶ月前、11月24日には、円形脱毛症になったと、その写真もブログにアップしていました。
その頃、愛さんはホステス時代の親友・静香さんと一緒に食事をしたそうです。
久しぶりの再会でしたが、愛さんのあまりの変わりように、静香さんは驚いたといいます。
「あんた、ちゃんと食べてんの?」
と声をかけたそうです。
(以下引用)
「愛は『大丈夫だよ』と言うものの、頬の皮膚が垂れ下がるくらい、ひどくやつれてしまって……。
薄着をしていたから腕も見えたのですけど、骨と皮だけしかないほど痩せ細っていました
あたしが何を話しかけても、『うん』とか『そうじゃない』くらいしか返ってこないんです。
あんなに元気だったのに……」
(以上引用 フライデー)
愛さんのブログは12月5日を最後に更新が途絶えました。
その翌日、栃木県宇都宮市のロータリークラブが主催したエイズ予防の啓発イベントに参加したのが、最後の公式の場となりました。
飯島愛 最後の映像(12月6日)Ranking
12月6日、飯島愛に避妊具をもらったRanking
愛さんの事業が大詰めを迎え、ホームページのトップ画面の最終決定など愛さんの判断を仰がなければならないのに、愛さんから一向に連絡がない。
心配した元付き人の女性が管理人にカギを借り、愛さんの部屋に入ってみたところ、…。
愛さんの死因『肺炎』について、元東京都監察医務院長・上野正彦氏の解説が載っていました。
(以下引用)
「ダイエットのしすぎで栄養失調の状態になっている若者など免疫力が低下すると、熱や咳などの症状も出ずに肺炎が悪化する場合があります
無熱性肺炎』と言いますが、症状が現れないので治療も受けず、そのまま重篤な状態になるケースが多いのです」
静香の証言のとおり、当時の愛は極度に痩せ細っていた。
そのうえ事業開始直前のストレスで不眠などが続いていれば、なおさら免疫力が低下していたことだろう。
警察の発表によれば、室内からは睡眠導入剤が発見されている。
誰かがそばにいたら、一命を取り留めたのかもしれない
(以上引用 フライデー)
これは、先日発売された暴露本とは違う結論ですね。
飯島愛 死の真相が明らかに!肺炎ではなかった!?
これだけいろんな説が次から次へと出てくるというのは、やはり世間は愛さんの死因に納得できない部分が多いということでしょうか。
とりあえず、取りざたされているどの説を見ても、事件にまきこまれた、とか、自殺、とかではなさそうなんですが…。
警察が行政解剖の結果「肺炎」と発表しているのですから、そのきっかけに睡眠導入剤や歯の治療薬などの薬物が関係していたとしても、肺炎を引き起こしてしまって、そばに誰もいなかったから死に至ってしまったというのが正解なのかもしれません。
体調が悪いと、心もだんだん沈んでいきますものね。
1人暮らしで、頼れる人もいないとなれば、心まで不調を来たすようになってしまったのも、なんとなく分かるような気がします。
「引退」を選ぶより、入院するなりなんなりで集中して病気を治して、体調を万全にしたらまた復帰する、という道を選んだほうが、愛さんにとっても生活に張りができてよかったのではないかという気がしますね。
その時は、それしか道がないと思って引退を選んだのでしょうが…。
引退したことで、芸能界の友人と疎遠になってしまった(と思い込んでしまった?)愛さん。
この記事にも登場する、ホステス時代からの親友・静香さんとも、実はあるきっかけから疎遠になりつつあったのだそうです。
友達がみんな離れていく、そんな思いがどこかにあったのかもしれませんね…。
そして、そんな孤独に耐え切れずに、心がだんだん壊れていってしまったのかなぁ…。
フライデーで全9回にわたって連載された飯島愛さんに関する記事は、今回で終わりました。
飯島愛さんの戒名は、
寛愛翠松大姉
というのだそうです。
芸名と、本名から、「」と「」の字をいただいているのだそうです。
とてもいい戒名ですね。
常に孤独な気持ちを抱えていたという愛さん、こんなにみんなに愛されていたということ、伝わっているでしょうか。
愛さんのブログのコメントは、いまも着々と増え続けています。
飯島愛のブログはこちら
飯島愛の過去に関する記事はこちら
追悼本?それとも暴露本? 飯島愛さんは避妊具事業に失敗して多額の借金を抱えていた!?Ranking
飯島愛さんがゲイについての絵本を企画していましたRanking
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

飯島愛のウワサは→芸能界のう・わ・さ!
【本日の気になるニュース】
山田孝之に異変!とんでもない髪形に変貌【画像】
芸能ランキング15位ワイド芸能ショーさん
変わり過ぎでしょうw
aiko 本命彼氏が他にいた!?あの大物芸人と熱愛中とのウワサ
芸能ランキング13位Stevieの注目!ニュース芸能さん
意外なお相手!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース