スポンサーリンク
新着ニュース

飯島愛追悼本に映画化の話が進行中!?

昨年12月24日、遺体となって発見された飯島愛さん(享年36)。
その死の真相や飯島さんの生前の恋愛模様などを綴った追悼本「飯島愛孤独死の真相」(双葉社)は、発売後1週間で3万部を突破する売れ行きを示しました。
台湾から翻訳のオファーもきているというこの作品、実は水面下で映画化に向けた動きが始まっているというのです。→ Ranking
Ranking
飯島愛OTAKARA写真館―ありがとう永遠の女神
にほんブログ村 芸能ブログ

少し前、東スポで飯島愛さんに関する連載が始まりました。
この連載は、「飯島愛 孤独死の真相―プラトニック・セックスの果て」に資料提供もされたという小日向草さんという方が書かれています。
この小日向さんのところに、
「飯島さんの本を書いた田山絵理さんを紹介してほしい」
という連絡が、映画プロデューサーから相次ぐようになった
のだそうです。
どうやら、この本の映画化をめぐって争奪戦が起きているのだとか…。
飯島愛 孤独死の真相―プラトニック・セックスの果て
(以下引用)
「追悼本が若い女性たちのバイブルとなり、ベストセラーになったこともあり、飯島さんと結婚を誓ったヤナギサワとの純愛ラブストーリーを映画化したい、と映画会社数社が企画書を作成しているそうなんです」(映画製作会社スタッフ)
さらに別の製作会社ディレクターが言うには、
「天真らんまんに生きていたとばかり思っていた愛ちゃんが、実は彼とのいちずな愛を信じ、デビューするなどした秘話が追悼本で明らかになった。
これに涙した女性たちに再び感動してもらいたい、と各社が映画化に興味を抱いているというんです」
(以上引用 東スポ)
「ヤナギサワ」という男性は、愛さんが本気で愛したただ一人の男性でした。
徳永英明似の、DJだったそうです。
愛さんがデビューすることを決めたのも、「ヤナギサワ」の夢をかなえるためにおカネが必要だったからなのだとか。
その「ヤナギサワ」の夢は、ニューヨークを拠点にDJとして成功することだったのだそうです。
「ヤナギサワ」はニューヨークに行き、DJとして成功を収めました。
しかし、愛さんとの恋は、成就することはありませんでした…。
その悲恋を、映画化するということのようですが…。
もう、死者に鞭打つようなことはやめて、そっと眠らせてあげようよ…と思ってしまう管理人です。
ご本人が書かれたものならともかく、この本は「追悼本」とはいえ、他人が推測で書いたものですよね?
どんなに緻密な取材をしても、本人の気持ちは本人にしか分かりません。
この追悼本の中の愛さんは、あくまで「田山絵理」という人が想像した愛さんなんです。
それなのにその本を元に映画まで作ってしまっては、愛さん本人を置き去りにしてしまっているような気がしてなりません。
真実はまったく違うかもしれないのに、もう否定する本人が亡くなってしまっているからといって、それを映像にまでしてしまっていいものでしょうか…。
歴史上の人物などとは違いますからね。
まだ、傷つく方がたくさんいらっしゃるはずです。
「ヤナギサワ」さんは残念ながら既に故人のようですが…。
映像化するかどうか、それはきっと著者の田山さんの判断になるのでしょう。
是非、よくよく考えてみていただきたいと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

毎日、優しいコメントが増え続けています。飯島愛のブログはこちら
飯島愛のウワサは→芸能界のう・わ・さ!
【本日の気になるニュース】
浮気をラジオ生放送で告白した宇多田ヒカル
芸能ランキング14位ワイド芸能ショーさん
それが離婚の原因ってことも…?
不況の中でギャラがあがり続けている大物タレント!
芸能ランキング10位レッツ芸能ニュースさん
そんなに人気があるって感じもしないですけど…稼いでるんですね~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. ゆい より:

    ゆっくり眠らせてあげたいです。
    お二人今は結ばれてると信じたいです。

  2. 匿名 より:

    飯島愛ちゃんファンとしては何か愛ちゃんが可哀想!このままそっと眠らせてあげて欲しいです。追悼本の映画化って愛ちゃんを晒し者にしてる気がします。
    映画化だけゎ止めて欲しいです。愛ちゃんゎ私達ファンの心の中に今もずっと生き続けてるんですから!