スポンサーリンク
新着ニュース

長門裕之に苦言!里見浩太郎、座長公演で降板を突きつけた!

認知症の妻・南田洋子さん(76)を支える俳優・長門裕之さん(75)。
4月20日にその介護生活がテレビ朝日のドキュメンタリーで放送され、話題となっています。
先日は東スポでも、親しい芸能人から批判が出ているという記事が出ましたが、里見浩太朗さん(72)もそのひとりだったようです。
里見さんが座長を務める公演に出演予定だった長門さんに“NO!”を突きつけたというのです。
Uwasa
豚と軍艦 [DVD]
にほんブログ村 芸能ブログ

そもそも、長門さんが最初に南田さんの認知症を告白したのは昨年10月『徹子の部屋』(テレビ朝日系)でのことでした。
徹子の部屋での長門さんの告白→ Ranking
徹子の部屋での長門さんの告白→ Geinou Ranking
徹子の部屋での長門さんの告白→ Ranking
その後、11月に『報道発 ドキュメンタリ宣言』(テレビ朝日系)で、ふたりの介護生活が克明に報道されました。
この放送は22.9%という高視聴率をたたき出し、4月20日のドキュメンタリーはその第2弾でした。
報道発 ドキュメンタリ宣言「今日の洋子は明日いない」【動画】→ Ranking
報道発 ドキュメンタリ宣言「今日の洋子は明日いない」【動画】→ Uwasa
報道発 ドキュメンタリ宣言「今日の洋子は明日いない」【動画】→ Ranking
長門さんは4月17日に、4年に及ぶ夫婦の闘病生活を綴った『待ってくれ、洋子』(主婦と生活社刊)も出版しています。
待ってくれ、洋子
これらのことが、共感・称賛の声がある一方、ある意味南田さんを“さらし者”にしているのではないかと一部から批判が出ています
徹子の部屋での長門さんの告白
「今日の洋子は明日いない」【動画】
そんな中、長門さん・南田さん夫妻と映画やドラマで何度も共演し、ふたりと友人関係にあるという里見さんが、“NO!”の意思を突きつけたというのです。
(以下引用)
「実は、昨年11月のその番組を見た里見浩太朗(72)が、
“洋子さんが晒し者になっている……”
“カメラを回すのはどうか……”

といって、不快感を露わにしたそうです。
しかも、今年6月に里見が座長を務める御園座(名古屋)の記念公演(『薫風あばれ獅子』)には、当初、長門も出演するはずでした。
それが“降板騒動”にまで発展するという、極めて異例の事態に発展したんですよ」(芸能記者)
もともと、御園座の販促用チラシには共演者として長門の名が記されていた。
だが、最新のものに彼の名はない。
事情をよく知る芸能関係者がこう明かす。
里見さんは南田さんが可哀相だと、1度は決まっていた長門の出演に待ったをかけたというんですよ……」
(以上引用 週刊大衆)
これは本当なのでしょうか?
里見さんと所属事務所は、こう話しています。
「里見は、そんな人を悪く言うような人間ではありません」
さらに、長門さんの降板理由については、
「私どもの耳には入っておりません。
(主催者である)御園座さんに聞いていただいたほうがいいと思います」
そこで御園座に聞いてみると…。
(以下引用)
「(長門の降板については)いくつかの理由が重なった結果。
おっしゃるような話も、理由のひとつです。
ただし、里見さんが激怒したという点は、事実と違います
1月頃でしょうか。
里見さんと長門さんが直接、話し合う機会を持ち、双方が納得して降板という形に落ち着きました」(御園座の広報担当)
(以上引用 週刊大衆)
里見さんは、05年5月放送の『水戸黄門』(TBS系)の撮影で初めて南田さんの“異変”に気付いたといいます。
水戸黄門名作選 その1 [DVD]
それでもなんとか役に徹しようとする南田さんの女優根性に感銘を受けたという里見さん。
セリフがいえなくなった南田さんに
洋子さん、そのセリフは水戸黄門でも言えるセリフだから、僕がいいましょうか?
と気遣ったそうです。
だからこそ、理由はどうあれ、結果として、南田さんの変わり果てた姿がテレビで放映されることに我慢できなかったのかもしれません。
友人でもある長門さんと里見さんですから、今回“降板”という結果を回避するために様々な打開策を話し合ったそうですが…。
(以下引用)
「里見さんは長門さんに、
2回目の放送の中止が無理なら、せめて公演が終わるまで延期できないか
という案まで出したそうです。
でも、テレビ局側の事情もあってか、話はまとまらなかったといいます」(前出・芸能関係者)
これに対し、長門の事務所は本誌の取材にこう答えた。
「降板という話になると、いろいろ憶測が流れるのは仕方のないこと。
ですが、南田さんの介護のためというのが、事務所としての公式な見解です
公演ともなると長い間、自宅を空けることになり、家政婦さんも、そのことを不安に感じておられます。
1年前からオファーをいただいていた仕事ですが、やむを得ない事情だと、ご理解ください」
(以上引用 週刊大衆)
長門さんも、はじめは南田さんの前でカメラを回すことを躊躇したといいます。
著書にも、最初にマネージャーが話を持ってきたときは断った、と記しています。
しかし、迷った末に、
<「老老介護」の旗振り役になってもいいかな>
という気持ちから、バッシングを受けることも覚悟のうえで承諾した
と告白しています。
長門さんにとっても悩んだ末の決断だったのです。
里見さんと長門さん、ふたりをよく知る関係者は、こう話しています。
(以下引用)
今回の降板で、2人の友情にヒビが入ったわけではありません
お互いが南田さんのことを真摯に考えているからこそ、取った行動なんです」
(以上引用 週刊大衆)
長門さんは、こういう批判が出ることも覚悟のうえでの告白だったんですね。
いろいろ見てましたが、似たような話が東スポでも記事になっていたようで、2ちゃんねるでも話題になってるみたいです。
難しい問題なので、意見はわかれているようでした。
南田洋子と親しい芸能人らが長門裕之を批判→ Ranking
南田洋子と親しい芸能人らが長門裕之を批判→ Ranking
南田洋子と親しい芸能人らが長門裕之を批判→ Ranking
確かに、元女優の南田さんのきれいな頃を知っている身としては、今の彼女をテレビで見るのはいたたまれない気持ちがします。
ご本人がそれを望むかどうか…もうそれを確認する術はありません。
でも、何も知らない他人がとやかく口を出していい問題ではないという気がします。
管理人は、純粋にお2人はとても素敵な夫婦だと思います。
2人一緒に年を重ね、どちらかが認知症になってももう片方が献身的に介護をする。
言葉にするとこれだけですが、自分も老い、体力もなくなっていく中、決して簡単なことではないはずです。
言葉にはできないほど大変で難しいことがたくさんあるはずです。
それでも、長門さんは南田さんのことを語るときはとても優しい表情で、妻を愛しているということが画面を通してひしひしと伝わってきます。
ほんと、こんな素敵な夫婦になりたいと、心から思います。
未だ介護を経験したことのない管理人なので、どうしても意見が表面的になっちゃいますね…申し訳ありません。
少子高齢化、といわれます。
お2人の姿、決して他人事ではなく、何年か後には必ず自分の身にも同じようなことが起こるんですよね。
そのとき自分が長門さんのようになれるかどうか…。
管理人には自信がありません。
まだまだ、人間として修行が足らないようです。
「妻の介護」と「昔の浮気」の関係 長門裕之「罪滅ぼしも」Ranking
南田洋子と親しい芸能人らが長門裕之を批判Ranking
「見たくない」で済ましていいのか 南田と長門の老々介護Ranking
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

芸能人・有名人のブログはこちら
芸能人のウワサは→芸能界のう・わ・さ!
【本日の気になるニュース】
玉木宏が激やせ!?役作りで7キロダイエット【画像あり】
芸能ランキング20位芸能ニュースAM2さん
7キロ!すごい!
あのジャニタレも…イケメン女装画像特集!女装が似合うイケメンタレントNo1は!?
芸能ランキング9位芸能界の裏の顔さん
女装してるイケメンってこんなにいたんだw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1.   より:

    自分の親の介護を南田洋子に押し付けて
    南田の親と南田に対しては虐待三昧だったこの男が
    カメラの前では泣きながら夫婦愛語ってんだから
    本当に恐ろしいわ
    それを額面どおり受け止める奴らもな

  2. 古い映画好き より:

    昔々の映画を見た事があります。銀幕のスターを知る人には耐え難いかもしれません。
    失礼ですが、もうお年です。好きなように生きる事が一番です。
    老後を経験していない輩は批評するに値しません。