スポンサーリンク
新着ニュース

忌野清志郎 三浦友和との友情秘話

お互いが売れる前からの親友だったという、忌野清志郎さん(享年58)と三浦友和さん(57)。
その付き合いは、40年にもなるそうです。
しかし、三浦さんは清志郎さんの葬儀には参加しなかったといいます。
参加できなかった、というべきかもしれません。
そこには、2人だけが分かり合える絆がありました。→ Geinou Ranking

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 2枚組ライブアルバム [ 忌野清志郎 ]

 

にほんブログ村 芸能ブログ

4月に体調を崩して入院した清志郎さん。
すでに病状は末期にまで進行していましたが、本人は最期まで快方に向かうと信じていたそうです。
亡くなる前日まで会話もできる状態だったという清志郎さんですが、この病室に三浦さんは1度もお見舞いに訪れなかったそうです。
高校の同窓生で、40年来の大親友だったという三浦さんは、なぜ行かなかったのでしょうか。

赤い衝撃 DVD BOX 山口百恵 マルチレンズクリーナー付き 新品

 

(以下引用)
「仕事で忙しい時期に無理して会いに行くと、清志郎さんに
“もしかしてそれくらい悪いのではないか”
という心配をさせるかもという気持ちがあったんでしょう。
お見舞いを遠慮していたようでした。
また次の退院のとき、自宅に行くよ
とよく電話で話していたんです。
でも、そのまま会えないままとなってしまって…」(忌野さんを知る音楽関係者)
(以上引用 女性セブン)

清志郎さんが亡くなったのは、5月2日未明のことでした。
本当に突然、容態が急変したのだそうです。
三浦さんは、この訃報を仕事場で耳にし、呆然と立ち尽くしたのだとか…。

あまりに近すぎる方でしたので、コメントできる状態にありません

その日は、事務所を通してこう伝えるのが精一杯だったそうです。

(以下引用)
「清志郎さん本人は知らなかったそうですが、実は三浦さんは、清志郎さんが余命いくばくもないことを知らされていたそうです。
それでも三浦さんは、清志郎さんが回復することを誰よりも信じて祈っていましたから、ショックも大きかったんだと思います」(前出・音楽関係者)
(以上引用 女性セブン)

2人はデビュー前、清志郎さんのバンドメンバーとともに、1年ほど共同生活を送っていたそうです。
家賃1万円の支払いに追われ、食べることにも苦労したのだとか。

清志郎さんは70年、三浦さんは71年にデビュー。
先に売れっ子になったのは三浦さんでしたが、その後の浮き沈みは対照的。
80年に三浦さんが百恵さんと結婚すると、“百恵さんの夫”というイメージから脱しきれず、伸び悩みの時期に突入します。
すると、清志郎さんのほうは『雨あがりの夜空に』『トランジスタ・ラジオ』が立て続けにヒット。
82年には坂本龍一さん(57)と組んだ『い・け・な・いルージュマジック』が大ヒットし、清志郎さんはロック界の頂点に…。
2人の交流を知る数少ない関係者は、こう話しています。

(以下引用)
「不思議なことに交互に辛酸をなめてるんです。
それもあってか、お互いあえて古い友人であることをいわなかったようでした。
どちらもお互いの人気を利用したくないという思いがあったんでしょうね
ずっと連絡をとり続けて会ってはいたけれど、その交流を公にすることはありませんでした。
(中略)
お互いを認め合いながら、見守り続けてきた、そんな関係なんですよ、ふたりは」
(以上引用 女性セブン)

06年に咽頭がんを告白し、07年には“全快宣言”をしている清志郎さん。
そのころ、三浦さんは新聞のインタビューで初めて清志郎さんのことに触れています。

(以下引用)
40年のつきあいですからね。
心配してもどうにもならないし、お見舞いに行くこともできなかった。
なるべく人に触れない方がいいって状況でしたから

(以上引用 女性セブン)

しかし、08年には再び清志郎さんの体調が悪化。
7月にはライブも行いましたが、そこで腰へのがんの転移を発表しました。

(以下引用)
「その後、脳に転移。そして首のリンパ節に転移していることもわかったんです。
全身転移が疑われて、この検査の後に余命8ヶ月の状態だと、奥さんに宣告されたんです。
でも、本人には一切伝えられなかった。
繊細な人だから…と。
清志郎さんの奥さんは、RCのメンバー、三浦さんら本当に親しい友人に病状を相談していたそうです」(前出・関係者)
(以上引用 女性セブン)

08年11月に三浦さんの長男・祐太朗さん(25)がロックバンド「Peaky SALT」のボーカル兼ギターのユウとしてメジャーデビューしていますが、このバンドを支えていたのが清志郎さんでした

Peaky SALT オフィシャルHPRanking
Peaky SALT オフィシャルHPUwasa
Peaky SALT オフィシャルHPGeinou Ranking

Peaky SALT(ピーキーソルト) / ピカピカ【フルPV】Ranking
Peaky SALT(ピーキーソルト) / ピカピカ【フルPV】Geinou Ranking
Peaky SALT(ピーキーソルト) / ピカピカ【フルPV】Uwasa

(以下引用)
「02年からバンドを組み、07年からデビューを見据えて本格的に活動をしていたんです。
その間、ずっと相談に乗って支えたのは清志郎さんでした。
祐太朗君にとっては音楽の父なんです」(前出関係者)
(中略)
「清志郎さん、自分の息子のように厳しくアドバイスしていましたからね…。
清志郎さんはあんな風に見えてものすごく子煩悩なんですよ。
(中略)
病気になって、2人の子どもの将来についてとにかく気にしていました。
三浦さんは自分の息子にこれだけのことをしてくれたのに、清志郎さん自身はまだひとり立ちしていない2人の子どもを残して行かなければいけない無念を同じ父としてわかりすぎるほどわかるだけに、つらかったと思います」
(以上引用 女性セブン)

清志郎さんが亡くなった数日後、三浦さんはこうコメントを寄せました。

彼は高校の同級生でありながら、尊敬し、また憧れのミュージシャンでもありました

5月3日、密葬で行われたお通夜に駆けつけた三浦さん。
棺の前で20分、ただただ座り続けていたそうです。
真っ赤に腫れた目をして…。
5月9日に行われた、清志郎さんの告別式「AOYAMA ROCKN’ROLL SHOW」には、三浦さんの姿はありませんでした。

(以下引用)
「彼は、行けば思い出など話をして、きちんと対応しなければいけないという思いがあったんでしょう。
彼のいまの喪失感は何万人の人の前で清志郎さんのことを語れるレベルではないでしょう…」
(以上引用 女性セブン)

管理人も昨年、伯母をがんで亡くしました。
まだ60をいくつか過ぎたところで、思いもよらない出来事でした。
やはり最期にはリンパ節に転移し、手の施しようがなかったと聞きました。
もうこの年になると、伯母や伯父とは縁遠くなってしまい、数年に一度会うか会わないかという付き合いでした。
小さい頃はかわいがってもらっていたのですが…。
それでも、もう余命数ヶ月だと聞いたとき、訃報を聞いたときはたとえようもなくショックでした。
まだ若いのに、まさか失うとは思っていなかった人を急に失う辛さ…。
いつでも会えるのだから、と、あえて会いに行かなかった。
入院したと聞いたときも、まさかそのまま二度と会えないとは思わず、お見舞いにも行かなかったことをとても後悔しました。

訃報を耳にすると、ついそのことを思い出してしまいます。
遅ればせながら、忌野清志郎さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

↓今日の記事がよかった!と思われた方は、↓
↓こちらで応援クリックしていただけると管理人が喜びます↓
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
芸能人・有名人のブログはこちら
芸能人のウワサは→芸能界のう・わ・さ!

【本日の気になるニュース】
草なぎ復帰!5/29の「いいとも」に生出演
芸能ランキング15位ワイド芸能ショーさん
よかった!
小室哲哉 「実刑は絶対イヤだ」と漏らしていた…前途多難な今後
芸能ランキング11位Stevieの注目!ニュース芸能さん
まだまだ前途多難ですね…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース