スポンサーリンク
新着ニュース

伊勢谷友介、被災地におにぎりを支給!地震直後から素早く的確に行動

リバースプロジェクト』を主催している俳優の伊勢谷友介さんが、その活動を通じて被災地へおにぎりを届けたり、ツイッターで安否情報を共有したりとさまざまな実効性の高いボランティアを展開しています。
個人からの支援物資は受け入れが始まっていない中、きちんと救援物資ルート、ならびに公的な受け入れ先を確保しているそうです。→ Ranking
LOCATION JAPAN (ロケーション ジャパン) 2011年 02月号 [雑誌]
にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
伊勢谷の行動は、早かった。
11日、マグニチュード9.0という大規模の東北地方太平洋沖地震が発生してすぐ、「@rebirth_project」のツイッターを通して、
「自分たちが現在できることを模索している」
とつぶやいた。
そして、11日から現在まで、フォロワーの多さを利用して消息不明者のツイッターをつぎつぎにリツイートし続けた。また、
「情報を持っている方、お願いします!RT ●●親戚の●●夫妻の安否情報をください!」
「明日、●●町の●●家にて、電気のこぎりを貸してくれる人を探しています」
というような被災地で必要な物資があるというツイートにも、現地のひとびとに呼び掛けるように自身のコメントを入れながら呼びかけ、被災地の方々がもっとも大変な思いをしている連絡手段の仲介役も務めた。
そして、15日、代表の伊勢谷は、「衣食住」を軸にしたREBIRTH PROJECTが「RICE475」という減農薬・無農薬のコメを作るという、「食」のプロジェクトを行っている中で、新潟県魚沼の米屋4代目と農家5代目とともに、被災地に対して、自身ができることを見つけた。
それは、「被災地への米の物資提供」。
プロジェクトを共有する友人の会社からの紹介を受け、すでに救援物資ルート、ならびに公的な受け入れ先を確保したという。
お米を集めるのは「RICE45」のメンバー。
現在も山形、新潟、長野、富山に地区を限定して米を募っている。(一口最低量は30キロの袋単位)
(以上引用 シネマトゥデイ
集めたお米は、おにぎりにして搬送しているそうです。
現地ではとにかくいろんなものが足りない、足りてないものがあるというより、何もかもが足りないという状況だそうですので、おにぎり、きっと喜ばれることでしょう。
新潟近郊の農家の皆様へ、リバースプロジェクトから協力のお願いがブログで公表されていました。
東日本大震災被災者様へお悔やみと、リバースとして出来る事を。ご協力お願いします!伊勢谷友介
数多くの芸能人が、個人的な募金、義捐金の窓口設置、ツイッターでの情報拡散など、さまざまな形で被災地への支援をはじめています。
個人個人でも、何か出来ないかという焦燥感を覚えている方も多いかと思いますが、ネット上で今、話題となっているブログをご紹介したいと思います。
あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている。
被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ~僕の浅はかな経験談~
じっくり、読んでいただきたいと思います。
現時点で、被災地で私たち一般の個人ができることは、何もないのです。
むしろ邪魔になります。
必要なのは、特別に訓練された、統制の取れた救助隊…つまり、日本でいえば自衛隊の方々です。
なんの訓練も受けていない私たちが現地に行ったところで、そのぶん、ただでさえ渋滞している道路をさらに渋滞させ、ただでさえ少ない食料を消費し、ただでさえ足りていないトイレを占拠してしまうだけなのです。
伊勢谷さんの場合、食に関するプロジェクトを主催していたおかげで、現地近くの農家の方の協力を得ることができ、公的受け入れ期間の確保、輸送路の確保もできたためこうした活動ができています。
そうしたつてのない私たちは、今は見守るしかできないのです。
できることは、節電すること、献血すること、募金すること、そして、日常生活をとめないこと。
献血の場合、保管期限が決まっていますので、今世間の関心の高いこのときにではなく、1ヵ月後、2ヵ月後、世間の関心がなくなってきたころまで覚えていて、そのときに献血する方がより役立つかもしれません。
血液は、血小板は4日、赤血球や全血でも21日間しか保管ができないそうです。
東京都赤十字血液センターHPより)
募金の場合は、悲しいことに詐欺まがいのものも出回っているようですので、確実に現地に届く方法で募金をするようにしましょう。
募金情報まとめ – 平成23年東北地方太平洋沖地震
こうしたサイトが参考になるかと思います。
やはり確実に、と思うなら赤十字に直接募金するのが一番かと思います。
(どうしても物資での支援をしたいという場合、お住まいの自治体に問い合わせをしてみましょう。
自治体によっては、個人からの支援物資を集めて仕分けなどの作業をして被災地へまとめて届けているところもあるようです。)
そうして、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、半年、1年と時間が過ぎたとき、復興が始まった東北地方へむけて、私たちが出来ることがきっとあるはずです。
それまで、この気持ちを忘れずに、大切にしまっておきましょう。
今は、被災せずにすんだ地域の方たちは、被災地域を支えるためにも、とにかく経済活動をとめてはいけません。
悲しいですけど、普段どおり仕事をし、買い物をし、生活をすることで経済をまわしていくことが、遠回りでも被災地域を支えることにつながるのだと思うのです。
みんな、これからも生きていかなければならないのですから。
被災地を支えたい、なんとかしたいという思いは、日本中がきっと同じはずです。
いろんなことがありますが、ただ他者をバッシングするのではなく、その力を被災地へと向けてほしいな、と思っています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

伊勢谷友介のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
ジャパネットたかた、地震支援に義援金5億円+エネループ1万セット+本日の売上全額
暇人\(^o^)/速報
福島原発より、作業員募集のお知らせ(日給9000円)
ニュース30over
もちろん震災前のものです。削除する余裕がないんでしょうね。
枝野 「一旦、家に帰ります」
ネタ的なニュースちゃんねる
寝ないと死んじゃいますから。枝野さん頑張って!
AKBファミリーが5億円の義援金 秋元康氏の個人事務所「秋元康事務所」からも
芸スポまとめblog
城島茂がDASH村で被災していた!あわや被ばくの危機に…
芸能界の裏の顔
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース