スポンサーリンク
新着ニュース

平均視聴率52.6%のお化け番組『おしん』のギャラは1話数千円だった!

現在、NHKで放送されている朝ドラ『おひさま』は、初回の視聴率が18.4%と、なかなか好調な滑り出しを見せています。
過去、NHKでは様々な朝ドラが放送されているわけですが、その中で、最高視聴率62.9%、平均視聴率52.6%を叩き出した“お化け番組”が、『おしん』(83年)です。
子供時代のおしんを演じた小林綾子さんは当時10歳。
そのギャラは、なんと1話数千円だったとか。→ Ranking
おしん 完全版 少女編 [DVD]小林綾子が演じた『おしん少女編』
にほんブログ村 芸能ブログ

『ゲゲゲの女房』、『てっぱん』、そして現在放送中の『おひさま』と、このところNHKの朝ドラは好調です。
この連続ヒットで、NHKは8時台の視聴率トップの座を奪還したのだとか。
その好調の原因は・・・。
(以下引用)
「『おひさま』や『ゲゲゲの女房』は、昭和を描いているのですが、この時代にはキーワードが2つあって、1つは貧しさ
もう1つはちゃぶ台
つまり、貧しくても家族でちゃぶ台を囲むと、前向きになれる。
そんな時代を描きたかった。

『てっぱん』ではちゃぶ台が鉄板になっています」(NHKドラマ部チーフプロデューサー・若泉久朗氏)
(以上引用 週刊文春)
そのキーワード、“貧しさ”と“家族”を扱い、空前の大ヒットとなったのが『おしん』でした。
子供時代のおしん役を射止めた小林綾子さんは当時10歳。
セリフは完璧で、NGはほとんどなかったのだそうです。
(以下引用)
「ある時母親役の泉ピン子さんが
『セリフに詰まったら、綾子ちゃんが自分のセリフを言ってくれた』
って怒るんですよ(笑)。
『あの子、他の人の台詞まで全部覚えてる!』
ってプライドを傷つけられたみたい
」(『おしん』プロデューサー・小林由紀子氏)
(以上引用 週刊文春)
その小林さんも現在は38歳。
ご本人に撮影当時のことを聞いてみると・・・。
(以下引用)
セリフは、母を相手にして必死で覚えました。
自然と共演者のセリフまで入っていたんですね

(以上引用 週刊文春)
当時、子役だった彼女のギャラは1話数千円程度だったとか。
ちなみに、現在大人気の子役で、NHK大河ドラマにも出演した、こども店長こと加藤清史郎くんのギャラはというと・・・。
こども店長・加藤清史郎(8)の年収はいったいいくら?
30年近く前と現在、しかも大河ドラマと朝ドラという違いがありますので一概には比べられませんが、清史郎くんの大河のギャラは1話10万円程度だったそうです。
朝ドラは毎日、大河は週に1回の放送ですから、撮影の拘束時間はおそらく朝ドラのほうが長いのではないかと思われます。
さらに小林さんは少女編全編の主役でしたから、覚えるセリフ量も段違いで多かったことでしょう。
それで1話数千円・・・なんともびっくりです。
ちなみにちなみに、大人の女優さんだとギャラはこうなります。
ギャラ&潜在視聴率で見るお買い得女優と損な女優。ギャラ泥棒は誰?
おしんの人気は日本にとどまらず、アジアや中近東など世界60ヵ国以上で放送されたといいます。
(以下引用)
エジプトでは、生まれた子供におしんと名付けるのが流行したほど。
また南米では、1クラスに3人くらい“オシン”という生徒がいた
そうです」
(以上引用 週刊文春)
すごい人気だったんですね。
日本だけでなく海外でもウケるドラマだったというところがまたすごいです。
2011年現在で「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」とされているとか。(Wikipediaより)
30年近くたっても、これを超えるドラマは作られていないんですね。
今後も、無理かもしれませんね・・・。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
いしだ壱成は今!驚きの現在
芸能人ランキング
キムタクとNEWS手越祐也がヤバいことに・・・
【野球】6日の楽天-西武戦に乙武洋匡氏が登板
芸スポまとめblog
知らなかった『ルパン三世』のトリビアランキング
トーイチャンネット
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 数千円は確かにびっくりですよね。