スポンサーリンク
新着ニュース

ドラマ『ハガネの女』に原作者が苦言!クレジットの削除、DVD化反対を表明!

今月16日まで放送されていた吉瀬美智子さん主演のドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日系)の原作者である深谷かほるさんが、自身のHPでドラマに苦言を呈しています。
ドラマの原作者というクレジットを外してもらったこと、さらに、DVDやインターネット配信にも反対していくとHPで公表した深谷さん。
なぜこんなことになってしまったのでしょうか。→ Ranking
ハガネの女DVD BOX
にほんブログ村 芸能ブログ

深谷さんがHPに掲載した「あいさつ」の全文はこちら。
(以下引用)
「あいさつ」
私、深谷かほるは ドラマ『ハガネの女 シーズン2』の内容に対しての意思表明として、
①原作者を降り、クレジットを削除していただきました。
②DVDを含むビデオグラム化、モバイル配信、インターネット配信についても反対しております。

これは主に第2話の、教師としょうがい児童と保護者の描写に同意しないからです。
結果については私の予測の及ぶところではありませんが、ここでとりあえず私個人の考えを表明して、ドラマをご覧になった方、漫画をご存知の方に対しての挨拶とさせていただきます。
深谷かほる
(以上引用 深谷かほる公式HP
第2話の放送は4月28日。
その直後から、テレビ朝日のBBSに書き込んでも反映されないドラマへの不満を、深谷さんのBBSに書き込む人が急増していたそうなのです。
その顛末は、ネットでも一部で話題となっていました。
「ハガネの女2」漫画原作者がHPでドラマ脚本に後悔の念を暴露
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Reading
このときの深谷さんのBBSはまだ読むことができますが、かなり厳しい意見も寄せられています。
そんな意見のひとつひとつに、深谷さんは丁寧に答えていらっしゃいます。
(以下引用)
私が原作者として名を連ねるテレビドラマ「ハガネの女」について、お詫びします。
しょうがいを持たれている方に、大変な悲しみを与えて、申し訳ありません。
また、そのご家族や、ご関係の方々に、申し訳ありません。このドラマが大変なご心痛、ご心配を与えたであろうことに、とりかえしのつかない後悔をしています。
そして、学校の先生方にも、大変失礼な話であったこと。本当に申し訳ありません。
(以上引用 深谷かほるBBS)
ただ、ドラマにかかわった方からの書き込みもあり、
(以下引用)
深谷さんは弁解しないので。
軽々しくアスペルガーを扱うこと、生徒の今後を多数決で
決めてしまうこと、教師軽視などの内容を変更してもらう
為に、深谷さんは大変に苦労・苦心していました。

それなのに、このようなドラマが放送されてしまいました。
ドラマを見る側には、そのような事情は関係ありませんが、
深谷さんが何もしなかったわけではなかったことを、
少しでも考慮していただけたらと思います。
(以上引用 深谷かほるBBS)
放送前に、深谷さんが原作者としてドラマの内容を変えるべく奔走していたことが分かります。
そして、5月1日付の深谷さん本人の書き込みでは、
(以下引用)
ドラマのストーリー上、今後こうすれば、少しは救えるのではないかと思う案を考えて、テレビ局へ伝えてもらいました。
その案が採用されるかどうかは、返信はありません。
もちろん、私が考えたのは苦肉の策に過ぎず、テレビの方々がもっといい結末を用意してくれていることを期待しています。

(以上引用 深谷かほるBBS)
とあるのですが・・・採用されなかった、ということなのでしょうね。
この『ハガネの女2』については、完全にテレビのオリジナル脚本だったということで、深谷さんは原作者としてクレジットされていても、脚本に関する意見はほとんど採用してもらえなかったようです。
同じくBBSに、こんな書き込みがありました。
(以下引用)
脚本について、私からの削除・修正要求が、7割方(その数字は私の感触的な数字にすぎませんが)通らない、多数決は絶対に削って欲しい、ということなど、大事なところが通らないので、
「私の意見が信頼されないのであれば、現実の先生方など専門家チームを作って、意見を聞いてください。」
と頼みました。それに対しての回答は、
「現場の教師、養護教諭、カウンセラー、医者、法律家にいたるまで、脚本を読んでもらって了解は取ってあります。問題はありません」
とのことでした。
(以上引用 深谷かほるBBS)
そのため、この第2話が放送された後、即座に番組を降りてしまうとさらに要望を聞いてもらえなくなる事態を危惧して、ギリギリまで原作者としてクレジットを残す道を選んでいたのだそうです。
このドラマについては、放送倫理・番組向上機構(BPO)のサイトにも視聴者からの意見として
「あまりにも差別がひどい」
などと言った批判の声が挙がっている
といいます。
とはいえ、深谷さんのBBSにも、ドラマに対する好意的な声も多く寄せられています。
次回作を期待する声も寄せられているのですが、それに対して深谷さんは
私にも分かりません。映像化については、その仕事の進め方やルールがよくわからないんです
と書き込んでいます。
この件を記事にしているサイゾーウーマンさんでは、
(以下引用)
マンガや小説を映像化する場合の問題点が浮き彫りになった形だ。
今や、原作ありのドラマ・映画作品は主流となっているが、原作者の関わり方など明確化されなければ、このような騒動は後を絶たないのかもしれない。
(以上引用 サイゾーウーマン
と記事を結んでいます。
最近は、映画でもドラマでもホントに多い原作もの。
よくネットでは、“原作レ○プ”なんて話題になりますね。
今回の『ハガネの女』は、シーズン1は深夜の放送で、原作に忠実な内容となっていました。
このときの視聴率は平均で10.3%、最高視聴率は12.7%
シーズン2は、ゴールデン進出したものの、平均視聴率7.3%、最高視聴率でも9.3%と惨敗に終わってしまいました。
最高視聴率を取ったのは初回。
初回を見て、がっかりした視聴者が離れたとということなのでしょう。
問題の第2話は最低視聴率を記録しています。
まあ原作から離れてのオリジナル脚本でも成功するものはするのでしょうけど、この結果を見ると、視聴者の求めるものは歴然としていると思うんですけどね・・・。
キャストの皆さんや現場スタッフの皆さんは頑張っていいものを作ろうとされていただろうと思うと、この結果は残念で仕方ありません。
DVDは、問題となった第2話をいれずに販売される可能性もある、と、深谷さんのBBSに元テレビ制作スタッフだったという方からの書き込みがありました。
どのように決着するのでしょうね・・・。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

吉瀬美智子のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
テレ朝がとんでもない単語で検索してると話題に(画像あり)
ニュース2ちゃんねる
おいホリエモンが早速ツイートしてるぞ
アルファルファモザイク
不快な演出!ダウンタウンDXで鳴り響く電話音ー
芸能人ランキング
大和田獏、岡江久美子の母親を手つなぎ介護!
AKB前田敦子ソロデビュー曲 初日10万 出荷40万の大ヒット!握手券が抽選で当たる鬼畜商法大成功
誰得ぶろぐ
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース