スポンサーリンク
新着ニュース

前田敦子『イケパラ』撮影現場では1人ぼっち!イケメン軍団に溶け込めず

国民的アイドルグループAKB48のトップ・前田敦子さん(20)を主演に迎えながら視聴率が伸びないと話題の『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~2011』(フジテレビ系)。
その撮影中、イケメンに囲まれている前田さんは周囲に溶け込むことができずにいるようです。
1人ポツンとしているという寂しい撮影現場に対し、裏番組の『華和家の四姉妹』(TBS系)の撮影現場は和気あいあいと楽しそうなのだとか。
撮影裏話集です!→ Ranking
AKB48 5400sec.microSD VOL.6:前田敦子
にほんブログ村 芸能ブログ

前田さん主演の『イケパラ』、第2話の視聴率が6.0%だったことが話題となりましたが、第3話では7.9%と少し持ち直した模様です。
その撮影現場での前田さんの様子はというと・・・。
(以下引用)
「撮影は主に群馬県内。
連日の猛暑で男性陣が真っ黒に日焼けしていく中で、やっぱりそこは女性アイドル。
待機中はマネジャーさんが日傘をさしたり、日陰を探してはひとり逃げ込んでポツン。
イケメン軍団に囲まれているのに、かなり消極的
」(テレビ誌記者)
(以上引用 週刊女性)
AKBは一応恋愛禁止ですしね。
下手にイケメンと絡んであらぬ勘繰りを受けるよりはマシなのかもしれません。
ドラマのキスシーンだけでもネットで大きな騒ぎになってましたからね。
前田敦子のキスシーンでオタ発狂。自殺宣言する人も。→ Geinou Ranking
前田敦子のキスシーンでオタ発狂。自殺宣言する人も。→ Geinou Reading
そんな前田さん、AKBとしての活動もあり、疲労がたまっているのか体調も思わしくないようで・・・。
(以下引用)
ボーッとしていることが多く、台本も読みきれていない
撮影期間中も、握手会などAKB関連のイベントが盛り込まれているみたいで、炎天下の中で倒れないか心配です。
食事も、若手が多いだけにロケ弁はこってり系がメーンなんですが、
“太っちゃうから”
と、あまり手をつけない
んですよ」(撮影スタッフ)
(以上引用 週刊女性)
7月22日から3日間、埼玉西武ドームで初のドーム公演を行っていたAKB48。
その公演中、前田さんが倒れたと話題になってましたね。
【速報】前田敦子過呼吸で倒れる→ Geinou Ranking
【速報】前田敦子過呼吸で倒れる→ Geinou Reading
ブログの更新も滞りがち、という話もありましたが・・・忙しいんでしょうね。
暑かったり涼しかったり蒸し暑かったり、ただでさえ体調崩しやすい不安定な気候が続いています。
前田さん、大丈夫なんでしょうか。
さて、その『イケパラ』の裏番組であるTBSの『華和家の四姉妹』、視聴率では現在のところ圧勝となっています。
華和家の四姉妹(1) (モーニングKC)原作はこちら。
(以下引用)
とにかく
“裏番組には負けられない”
と気合入ってます
よ。
現場では、“四姉妹”だけに毎回、誰かが差し入れを持ってくるんです。
スイーツ系が多く、互いに
“どう?おいしいでしょ?”
とご自慢の一品を競い合っています。
マネジャーさんも
“太ってしまう”
とハラハラですが、女優陣はお構いなしにパクパク(笑い)
」(芸能プロ関係者)
(以上引用 週刊女性)
視聴率がいいと、自然と現場の雰囲気もよくなる、現場の雰囲気がよくなると、それがドラマに反映されて視聴率がさらによくなる・・・なんて話はよく聞きます。
今期のドラマは、現時点では取ってるところでも視聴率15%台ですから、12~13%を取っているこのドラマは及第点といえるでしょう。
現場の雰囲気も良好なようで、今後が楽しみです。
それにしても、フジの日9枠は、なかなかTBSに勝てませんね。
今期も、ここから『イケパラ』が巻き返すのは難しいでしょう。
『マルモのおきて』と放送が逆だったらよかったのに、とフジの方も思ってるかもしれません。
フジとしては、マルモよりイケパラに力が入っていた・・・んだと思うんですけど、ね。
あっちゃんも、AKB48で一番人気のはずなのに、主演ドラマ主演映画が片っ端からコケてますが、今後の仕事は大丈夫なんでしょうかねぇ・・・。
前田敦子へのバッシングがネットで急増!!
トップアイドルが何故ここまで叩かれるのか→ Geinou Uwasa
トップアイドルが何故ここまで叩かれるのか→ Geinou Reading
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前田敦子のブログはこちら
前田敦子の過去
【本日の気になるニュース】
本名を知ってびっくりした芸能人
ぴろり速報2ちゃんねる
熱愛発覚!楽しんごがイケメン男性にラブ注入現場撮られた!
芸能人ランキング
太田 「ももクロはAKBと違ってカワイイ」 秋元 「AKBは人数が多いから仕方ない」
にゅーす特報。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. より:

    まぁ国民的アイドルとは到底言えないけど、容姿でんでんは本人達に言うのは女の子には可哀想だよ~(..) 別に可愛いくないアイドルも昔からいたよ、おにゃんこの一番人気とか 工藤しずか とか伊代とか(笑) 不景気で観る暇ないのと、テレビ局自体に不信感で視聴率は年々低くなってるし、コアなファン層のAKBと若手男性は売り出し中だから知らない人達ばかりだしね、視聴率の責任は酷だと思う。

  2. 匿名 より:

    いるかもしれませんよ?
    何でそう言い切れるんですか?
    知りもしないくせにそういう事いうのは、
    良くないと思います。
    そうは思いませんか
    そういうのは全て知ってから言って下さい
    それにこの見出しみt

  3. 匿名 より:

    本人達もそろそろ、このAKBの「国民的人気アイドル」と言う立場が、メディアとプロデューサーの戦略によって作り上げられた、虚像に過ぎないことは、薄々把握しているのではないか
    AKBの発足当初のコンセプトである「クラスで10番目(2番目だったか?)くらいに可愛い子」という言葉通りの、容姿における欠点は色々あるが、握手会や劇場など、ファンとの接触に積極的で好印象なため、文字通り「身近に感じる」、「応援したい」存在として、「AKBオタが選んだNo.1」が前田敦子だったのに、それを「国民的アイドルグループのNo.1」として報道してしまったことに、まず視聴者と報道の間に大きな認識のギャップがある
    そして、TV露出の機会が増えることで、握手会や劇場への参加が減り、ファンとの接触が少なくなると、本物のアイドル的(身近に感じられない)存在になってしまい、AKBオタからの拒絶反応や、嫉妬、やっかみが噴出することで、オタ票が集まらなくなると思うのだが、そこは完全に「人気が落ちた」と報道してしまったことで、前田敦子に対するアンチも急激に増殖してしまった
    また、嫌いならば無視すれば良いと思うかもしれないが、露出の機会が増えると、おのずと「目に付く」のである
    その結果、特定のメンバーしか見ていない「にわかファン」同士の舌戦は激しさを増し、更にAKB(もしくはAKBオタ)の存在そのものへの拒絶反応は、その舌戦を煽って混乱させようという形で参戦してくる為、前田敦子のみならず、メンバーの多くがそれに晒されるようになった
    この程度の考察は素人でも出来るのだから、メディアはもっと正確に状況を把握できていたはず
    しかしメディアは頑として「国民的な人気」として伝え続け、皮肉なことに、その虚栄の報道が自身を勘違いさせ、視聴者との乖離が進んだことで、AKBメンバー出演作品が軒並み低視聴率と言う結果を作ってしまったのだろう

  4. あっちゃんLOVE♪ より:

    あっちゃん忙しいのかな?
    だいじょうぶかな?
    心配だよ><↓↓
    でも応援してる!!
    がんばってーーーーーー★

  5. 匿名 より:

    AKBが作られたねつ造人気なのは世間に知れ渡ってるからね。
    今時本気でAKBが人気あるなんて思ってる人はさすがにいないでしょう。

  6. 視聴率が伸び悩んでいるみたいですね。
    俺は完全にともちん(板野)派だからどうでもいいけど!

  7. えーけーぶー より:

    AKBはごく限られた人のアイドルでしょ。
    「国民的」なんて言って覆ってるマスコミはなんかメリットあるんでしょうね。
    AKBが崩壊したら前田敦子はどこも拾ってくれないでしょうね。