スポンサーリンク
新着ニュース

なぜ我々は日本の時代劇を見られず韓国・中国の時代劇を見なければならないのか

なぜ我々は日本の時代劇を見られずに、中国や韓国のの時代劇を見なければならないのか・・・
これは、11月にBSスカパーで放送される時代劇の制作発表で、日本映画衛星放送の杉田成道社長のお言葉です。
それくらい、今、日本の時代劇はピンチに陥っているといいます。
ここで踏ん張らないと、日本の時代劇を作る技術は失われてしまう・・・!?→ Ranking
映画・ドラマ・小説で楽しむ時代劇 (キネ旬ムック)『映画・ドラマ・小説で楽しむ時代劇』
にほんブログ村 芸能ブログ

11月に、BSスカパーで『鬼平外伝熊五郎の顔』という時代劇が放送されます。
その制作発表で、日本映画衛星放送の杉田社長が冒頭の言葉をもらしました。
それくらい、日本の時代劇は今、ピンチに陥っているらしいのです。
(以下引用)
京都の撮影所は製作本数が減ったことによる財政的危機が現実的になってきた。
東映京都撮影所はスタジオを縮小し、スタジオ内のテーマパークを広げる方向というし、松竹撮影所も同様の問題を抱えている。

そんな中『水戸黄門』が年内終了。
水戸黄門名作選 その1 [DVD]
映画の本数も減った」(杉田社長)
(以上引用 週刊新潮)
確かに最近、時代劇ってあまり見なくなりました。
一昔前は、ゴールデンタイムでも『遠山の金さん』などの時代劇を時々見たような気がしますが、最近はゴールデンの連ドラ時代劇といえば『水戸黄門』とNHKの大河ドラマだけ。
その水戸黄門も、年内で終了が決まってしまい、時代劇を作るのはNHKだけ、に等しい状況になってきています。
時代劇って、製作するのに現代劇の3倍のおカネがかかるのだそうです。
時代劇の裏側に迫る!時代劇にかかる費用、乗馬・殺陣シーンの裏側など
この記事によると、民放の時代劇の場合、1時間もので3000万円くらい、現代劇はその8割程度のお金で済む、となっています。
“時代劇は現代劇の3倍”というのは、映画の場合かもしれませんね。
ともかく、格段にお金がかかってしまう時代劇ですが、そのわりに数字は取れない、というのが放送業界の一致した見方、なのだそうです。
ということは、時代劇のファンはいなくなってしまったのか・・・と思えば、そうでもないようなのです。
(以下引用)
昨年、時代劇専門チャンネルで放送されたオリジナル時代劇第1弾鬼平外伝夜兎の角右衛門』は同局歴代最高の視聴率を獲得
有料ながら視聴可能世帯を増やし、今年6月には800万世帯突破
(以上引用 週刊新潮)
CS放送の視聴率は、ビデオリサーチ社では「その他視聴」というくくりになっており、
“関東地区の場合、BS、CS、CATV、県域U局など、在京地上波7局以外の局の視聴について番組ごとに視聴率を算出するのではなく、一括してHUT(総世帯視聴率)に計上しているもの”(芸スポまとめblogより引用)
となっています。
番組ごとの視聴率って出ているんでしょうか。
いろいろ調べてみたんですが、ネットにははっきりとしたソースがないんですね。
ただ、05年の記事なんですが、ジュピターテレコムがBS、CS放送の視聴率調査に参入することを決定した、という記事を見つけることができました。
視聴率調査“新規参入”の波紋…BS、CS放送→ Geinou Ranking
視聴率調査“新規参入”の波紋…BS、CS放送→ Geinou Reading
ジュピターテレコムとは、日本において事業を行うケーブルテレビの統括運営会社(MSO)、およびケーブルテレビ局やCS放送、IP放送への番組供給事業統括会社、なのだそうです。(Wikipediaより)
この記事から6年の歳月が流れているわけですから、その間に番組ごとの視聴率をきちんと出せる仕組みが出来上がっているのでしょうか。
ともかく、時代劇専門チャンネルが作った新作ドラマの視聴率が歴代最高を取ったというのですから、時代劇ファンは決していなくなったわけではない、ということです。
その勢いをかって、今回第2弾となる『鬼平外伝熊五郎の顔』の製作が決まったということのようです。
主演は、寺島しのぶさん。
ヴァイブレータ スペシャル・エディション [DVD]寺島さん主演映画『ヴァイブレータ』
父は歌舞伎役者の尾上菊五郎さん、母は女優の富司純子さん、弟は歌舞伎役者の尾上菊之助さんという環境で育った彼女は、
ちょんまげを見て、着物に囲まれて育った・・・」(寺島さん)
のだそうで、時代劇への愛着が深いそう。
(以下引用)
『剣客商売』で三冬という役を長くやらせてもらい、毎年のように京都に行かせて頂きましたが、藤田(まこと)さんがお亡くなりになり、大好きな監督やスタッフとも会えなくなっていたところ、『剣客~』の井上昭監督にお声掛け頂き、ぜひやりたいと思った・・・」(同)
(以上引用 週刊新潮)
前出の杉田社長も、
(以下引用)
時代劇の文化を絶やすことのないよう、太秦のスタッフを残したい。
人がいなくなると再生は不可能。
少しでも人を伝承し、バトンを次の世代へ渡すべく、できることは支援したい

(以上引用 週刊新潮)
日本の時代劇も、ひとつの文化に違いありません。
上記にリンクを貼りましたこの記事でも少し触れられていますが、今では時代劇を演れる役者さんも少なくなってきているとか。
日本刀を使った殺陣、乗馬など、特別な技術が必要ですからね、時代劇。
やったことのない役者さんでは、まず刀をさやから抜くことも難しいのだそうです。
管理人も高校生くらいのとき時代劇にはまった時期がありました。
松平健さんの『暴れん坊将軍』、大好きでしたね。
今でも昼間に再放送してますが、つい見ちゃいます。
吉宗評判記 暴れん坊将軍 第一部 傑作選(4) [DVD]
今、時代劇の視聴率が取れなくなっているのは、きちんと時代劇を演じられる役者さんが少なくなっているからでもあるのではないでしょうか。
迫力のある殺陣ができ、馬に乗って全力疾走できる役者さんがいなくなっているから、時代劇ファンを納得させられる迫力のある時代劇を撮ることが難しくなってきているような気がします。
NHKの大河ドラマですらそうらしいですからね。
昔の作品を、それこそCSなどでいくらでも見られる今、そのあたりを上手くごまかして撮ったつもりでも、ファンの目はごまかせていない、ということなのでしょう。
しかし、時代劇ファンはきちんと作りこまれた時代劇を求めてもいるわけです。
純粋な時代劇とはちょっと違いますが、TBSの『JIN-仁-』は高視聴率を獲得しました。
“時代劇は数字が取れない”という放送業界の常識は、ひょっとしたら間違っているのかもしれません。
日本で時代劇といえば中国か韓国のもの・・・という時代は、来てほしくありません。
文化として、日本の昔を今も感じられる数少ない手段として、ぜひ日本の時代劇を残していってほしいと思います。
視聴者が見たくなるような時代劇を、『JIN-仁-』のようにヒットさせられる時代劇を、テレビ業界、映画業界の方に作っていただきたいですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
熱愛!チャン・グンソクとmakimuが大阪でお忍びデート【画像】
芸能人ランキング
沖縄に潜伏中の紳助を発見、撮影(週刊新潮)
ぴろり速報2ちゃんねる
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 通りすがり より:

    ビデオリサーチは、韓国企業。在日韓国人の家に測定器が有るのだから、日本の時代劇が視聴率が上がるわけない。(笑)
    そもそも、彼等は侵略者。帰国して貰わなくてはならない。まず、朝鮮学校は無くす。そして、小学校から北朝鮮や韓国の地元に寮を作り、そちらに入学させること。彼等から、その分の税金を取り、日本の役所も共同で管理させること。早く実行して欲しい。
    じゃないと、国事乗っ取られるよ。日本人の子供を少なくする方法を取っている日本の政府の政策は、近い将来の話だマジな話と言える。

  2. 匿名 より:

    全然つまらない韓国ドラマや中国のドラマ 

  3. 匿名 より:

    ジャニーズに頼ろうが何してもいいよ。
    とりあえず、視聴率が取れなくて大赤字じゃ話にならない。
    もう、何か変えると批判ばかりで離れていくわ、高齢化が進んで頭数そのものが減るしかない旧来のファンよりも、新規顧客を増やすことを真剣に考えないと、産業そのものが先細りにしかならないでしょ。
    水戸黄門は、1話完結じゃなく、シリーズを通して、当時の将軍や現役副将軍など、水戸光圀よりも上層部の陰謀を、お忍びで阻止でもさせたら?
    暴れん坊将軍も、庶子の出と言う設定をもっと前面に出して、吉宗の出自に起因した江戸城内の不協和音や、自ら発した倹約令に起因する景気低迷など挫折を描写したり、徳川継友を魅力的に描いて、シリーズを通したライバル勢力(史実上、成敗できない)に据えるとか、脚本を面白くするアイデアなんて、いくらでもあるでしょ。
    こういうの、今までも全く無かったわけじゃないけど、全然生かせてなかったんだよ。
    脚本が面白くて、俳優が若者にとってメジャーであれば、視聴率はそれなりに伸びると思うし。
    なんなら、佐藤健の「るろうに剣心」を、劇場版の評判がよければTVシリーズ化しちゃえばいいんじゃね?

  4. 匿名 より:

    必殺もジャニーズに頼らずキチンとした役者で作ればいいのに…。
    まぁ、必殺は藤田まことのイメージが強くて誰がやってもムズカシイけどね。
    別の設定でイイ脚本と役者で時代劇にチャレンジしてほしいです。

  5. 匿名 より:

    必殺仕事人っていうのもありましたね。