スポンサーリンク
新着ニュース

丸岡いずみ、謎の長期休養がすでに1ヶ月・・・日テレ内には緘口令が!

奇跡の38歳”といわれたミヤネ屋でのブレイクから2年。
現在、丸岡いずみキャスター(40)は、出演している番組『news every.』を休養しています。
何のアナウンスもなくひっそりと休養に入った丸岡アナですが、その期間はすでに1ヶ月
いったい丸岡アナに何があったのでしょうか。→ Ranking
ベスト・ヒット!日テレ55[エイベックス・エディション]同じく日テレの宮崎宣子アナは顎関節症で休養してましたね
にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
震災以降、休みもなく大変だと聞いていました。
たまにこちらには帰ってきていますよ。
そもそも、あんなところ(東京)に、1人でおらせるわけにはいかないでしょ!

(以上引用 FLASH)
こう語るのは、丸岡アナの実のお母さん。
丸岡さん、実は8月末から番組に姿を見せていないそうなのです。
その期間は、すでに1ヶ月
さらに、9月26日から1週間は前々から決まっていた夏休みなのだそうで、まだお休みは続きます
このように長期間休む場合、事前に視聴者にアナウンスがあるものなのですが、丸岡アナの場合は、すでに1ヶ月という時間が経っているにもかかわらず、共演の藤井貴彦アナが
「今日は丸岡さんはお休みです」
と説明するのみ
なのだとか。
この長期休養、何か理由がありそうなのですが・・・。
実は丸岡さん、現在実家の徳島県に戻っているらしいのです。
その外出の様子を、FLASHさんが写真におさめています。
FLASHによると、9月下旬のある日、丸岡さんが実家から父の運転で知人宅を訪れ、その後、サングラス姿で周囲を散策。
その際、丸岡さんは時折笑みを浮かべるなど和やかな雰囲気だったそうですが、まぶたがやや腫れ上がっている様子だったそうです。
(以下引用)
休養の原因は体調不良、と言われています。
去年、鳴り物入りでキャスターに就任したものの、思うように番組を仕切れず、最近は共演の陣内貴美子のほうが目立っていた。
だいぶ悩んでいた
と言われています。
上司には
『とにかくこの件は、外部に話さないように』
とかん口令が敷かれました
」(日テレ関係者)
(以上引用 FLASH)
news every.』については、こんな噂もありましたよね。
丸岡いずみ降板で櫻井舞(櫻井翔の妹)を「news every」に抜擢?→ Geinou Ranking
丸岡いずみ降板で櫻井舞(櫻井翔の妹)を「news every」に抜擢?→ Geinou Reading
FLASHさんの見た丸岡アナは、特に目だって変わった様子はなかったそうです。
ただ、家族の前でも時折うつろな表情を見せていたとか。
また、人目を気にしてか、ほとんど外出しない生活を送っているようで、近所の人でも丸岡さんを見かけたという人はほとんどいないのだそうです。
家族の前で、常に気を張ってる人もそういないでしょうから、時折のうつろな表情というのは、長期休養中というフィルターがかかった上での表現だと思うんですが・・・腫れあがっていたというまぶたの様子は少し気がかりですね。
泣いたのか、寝不足なのか、はたまた何かの病気なのか・・・。
FLASHさんに写真は2枚。
その写真では、まぶたがはれぼったい様子は分かりませんでした。
ただ、大きなマスクをしたりサングラスをしたり、顔はかくして外出しているようです。
まあこれは、有名人は今ほとんどマスクで顔隠した姿が撮られてますよね。
とにかく、この記事だけでは何がなんだかさっぱりで、丸岡さんが今実家にいらっしゃることしか分かりません。
9月26日から1週間の夏休みを終えた後は復帰される可能性もあるとの話ですが、そこで復帰してこなかったら、何か精神的に参ってしまっているということなのかもしれません。
こんな報道もありましたしね・・・。
奇跡の38歳丸岡いずみが日テレでいじめにあっている!
丸岡さんの復帰か、続報を期待しましょう。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

丸岡いずみのブログはこちら
※8月8日で更新がストップしてますね・・・
【本日の気になるニュース】
群馬・長野は実はチェルノブイリ以上に汚染されていました! 「発表遅れてすいませんw」
ニュース30over
「行列~」 東野ら司会で1ヶ月 平均視聴率17・5% 紳助とは何だったのか
誰得ぶろぐ
アンガールズ山根に強姦された女性の告訴状が流出!画像
芸能人ランキング
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    勉強は出来るし、受け答えもちゃんとしてるけど、実は天然。
    ちょっとだけ背伸びして腹黒い一面を見せようとしても、底が浅くてやっぱり天然。
    押されると弱く、無茶ぶりに咄嗟に対応できず、宮根の言動に流されそうになりながらも、必死にスルーして踏ん張っている姿も愛らしかった。
    こんな愛されキャラのキャスター、他にはなかなかいない。
    まあ、ミヤネ屋での掛け合いの絶妙な「間」って、実は真面目さゆえに色々と考えを巡らせていたのかとも思うし、疲れちゃったのかもですね。
    とりあえず、あまり色々思いつめず、ゆっくり休んで欲しいです。