スポンサーリンク
新着ニュース

退院したKEIKO、ツイッターでリハビリ中!歌手復帰に向けて小室哲哉が新曲作成中!

12月8日に都内の病院を退院したKEIKOさん(39)。
現在は、夫の小室哲哉さん(53)とともに自宅で療養中です。
11日には、退院後初めて、KEIKOさん本人がツイッターで呟いたことも話題となりました。
この時は、40文字ほどのつぶやきを投稿するのに40分以上かかったそうですが…KEIKOさん、今後歌手復帰はできるのでしょうか。→ Ranking
LightsKeyboard magazine (キーボード マガジン) 2011年 04月号 SPRING (CD付き)[雑誌]
にほんブログ村 芸能ブログ

「夢じゃないよね――」
KEIKOさん、45日ぶりに自宅に戻ったとき、そう呟いたのだといいます。
(以下引用)
病状が急速に回復してきたのは12月5日ごろから。
彼女が『早くおうちに帰りたい』と言いだし、8日の退院が決まりました
」(事務所関係者)
(以上引用 女性自身)
9日には小室さんが会見を開き、退院の喜びと今後についてを語りました。
(以下引用)
音楽プロデューサーの小室哲哉(53)が9日、都内で会見し、10月24日にくも膜下出血で倒れた妻で歌手のKEIKO(39)が8日夜に都内の病院を退院したと報告した。
小室はKEIKOが自立歩行や会話もできるほどに回復しているとし、病室でglobeのヒット曲「FACE」も歌ったエピソードを紹介。
しばらくは自宅でのリハビリが続くが「いつかみなさんの前で歌を聴かせたい」と復帰へ意欲をみせた。
小室によると、KEIKOは帰宅した際、
「ああ、おうちがいいなあ」「夢じゃないよね」
などと喜びをかみしめていたという。
現在は目立った障害もなく、自力で歩くことも可能な状態で、
「会話もできるし、文字も書ける。
ここ3~4日前から急に一般の社会人くらいに話せるようになった。
急激にしゃべり出して、『早くおうちに帰りたい』と言い出したので退院しました」。

自宅ではファッション誌を読んでリラックスしているが
「記憶がなくなっているところもあるので『なんで帰ってきたの?』と思うこともあるかもしれない」
と明かした。
KEIKOは入院中も歌への情熱を失っていなかった。
一般病棟に移る前に、globeの「FACE」を無意識に口ずさんだという。
「やっぱり歌手なので、僕の最大の関心事はそこだった。
聴いた時は、小さくガッツポーズしましたね。
歌詞も覚えていた。音程もバッチリだった」と明かした。
(以上引用 スポーツ報知)
入院中にKEIKOさんが歌ったというエピソードが、女性自身にもう少し詳しく紹介されています。
(以下引用)
「EICU(救急治療室)にいたときのことです。
小室さんに『歌ってごらん』と声をかけられると、彼女は小さい声で口ずさみ始めたそうです。
無意識で歌ったようですが、曲はglobeの『FACE』でした。
FACEglobe『FACE』
小室さんは
『歌詞を間違えず音程もしっかりしていた』
と驚いていました。
正直言って、KEIKOさん特有の張りのある高音が再び出るようになるかは、まだわかりません。
だが、それでも無意識に歌を歌おうとする彼女の執念が、回復に向かわせたのかもしれません」(KEIKOの知人)
(以上引用 女性自身)
とにかく言葉が戻って本当によかったですよね。
言葉に障害が残ってしまうと、歌手復帰以前に普段のコミュニケーションも大変になります。
そんなKEIKOさん、現在は自宅で、リハビリもかねてツイッターで呟いています。
退院後、最初のつぶやきは…。
たくさんの、励ましありがとう。とにかく、おくすりいっぱいです。。。 がんばります。
この40文字をツイートするのに、40分あまりかかったのだそうです。
KEIKOさんの実際のつぶやきはコチラ。
Geinou Ranking
Uwasa Twitter Ranking
Geinou Ranking
その、KEIKOさんが呟く様子を、夫の小室さんが写真でツイッターに投稿しています。
その写真がコチラ。
Geinou Ranking
Geinou Geinou H Ranking
StarBlog Uwasa Ranking
真っ赤なマニキュアが印象的です。
ご自分でやられたのだとしたら、身体の方はほとんど回復しているということなんでしょうね。
マニキュア塗るのって結構細かい作業ですしね。
(以下引用)
「KEIKOさんは、小室さんからリハビリの一環として、なるべくツイッターをするようにいわれてるんです。
いまは、退院当初よりもパソコンを打つ時間が短くなったと喜んでいますよ」(芸能関係者)
(以上引用 女性セブン)
KEIKOさん自身も、12日にこうつぶやいてますね。
自分でおどろくらい、pcうつのが、早くなってます。っていっても 集中できません。これもリハビリの1つと言われましたのでがんばります。 たくさんの応援ほんとうに、ありがとうございます。≫
ただ、やはりまだ記憶の部分で不安な点も残っているようで、現在KEIKOさん、こんなリハビリもしているのだそうです。
(以下引用)
お留守番のリハビリをしているんです。
小室さんが外出するんですが、KEIKOさんはまだ記憶があいまいな部分もあって、部屋でひとりでいるのは不安なので、何かあったらいつでも駆けつけられるように、ごく近所にしか外出しないみたいですよ」(前出・芸能関係者)
(以上引用 女性セブン)
小室さんは今、彼女に贈るための新曲も作っている最中とか。
(以下引用)
「KEIKOさんが病室で歌を歌ったとき、小室さんは妻の“歌いたい”という思いにガッツポーズをしたそうです。
『歌が彼女を支えている』
と感じた小室さんは、妻を励ますためにも、彼女に贈る新曲づくりに励んでいるみたいですよ」(音楽関係者)
(以上引用 女性自身)
まだまだリハビリ中で記憶が途切れている部分もあるといKEIKOさん。
もし失語や感情障害などの後遺症が出れば、歌手として活動を継続させるのは難しいと、週刊女性に書かれていました。
もともと、ここ最近は歌手としての活動はあまりしていなかったKEIKOさんですが、もし病を克服して歌手復帰までたどり着ければ、大きな話題となるでしょう。
小室さんが曲を書き、それをKEIKOさんが歌って歌手復帰すれば、上手くやれば大ヒットに結び付けられるかもしれません。
小室さんには大きな借金も残されたままですし、KEIKOさん、そういう意味でも早く復帰したいところでしょう。
でも、とにかく、病気を治すことが先決です。
無理をせず、二人三脚で頑張ってほしいですね。
KEIKOさんの歌声がまた聞ける日が来ることを願っています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

小室哲哉、KEIKOのブログ(ツイッター)はこちら
小室哲哉の過去
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. あき より:

    どんだけ美談に作ってんだよ!何とか金にしようと必死だわ。