スポンサーリンク
新着ニュース

夏目三久 成功の秘訣は日テレ社内イジメで磨かれた“驚異の鈍感力”だった

元日テレアナウンサーの夏目三久さん(27)がブレイク中です。
テレ朝の『マツコ&有吉の怒り新党』の好調ぶりから他番組より依頼が殺到、4月からは冠番組もスタートしています。
ずっと事務所に所属せずに仕事をしていた夏目さん、大手事務所への所属も決まり、今後はどんどん仕事を増やしていく勢いです。
その成功の秘訣は、日テレに所属していたころに受けた社内イジメで磨かれた“驚異の鈍感力”にあるのだとか。→ Ranking

ベスト・ヒット! 日テレ55 [エイベックス・エディション] / オムニバス

 


にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
「夏目は09年に、当時付き合っていた大手広告代理店勤めの彼氏に向かって、笑顔で避妊具を持っている写真が写真誌に出てしまった。
上層部は当然、大激怒しました。
でも、元々空気が読めないというか、鈍感というか、当初、彼女は事態の深刻さを理解していなかった
マツコと有吉の毒舌キャラに囲まれても平然としているでしょ?
和田アキ子と仕事しても物怖じしないほど、よくも悪くもお嬢様なんです」(日テレの元同僚)
(以上引用 週刊文春)

流出した夏目三久避妊具画像
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Uwasa
Geinou Reading

この騒動後、夏目さんは中山秀征さんとともに務めていた『おもいッきりDON!』のMCをはじめ担当番組から降板、CS番組のキャスターしか仕事がない状態に追い込まれてしまいました

(以下引用)
「夏目は日テレ入社前にテレ朝のアナウンススクールに通っていたのですが、ある生徒が遊びに行こうと誘ったところ
あなた達、これからアナウンサーを目指すライバルなのに、なんで仲良くしていられるの?気持ち悪い!
と拒否したほど変にモチベーションが高かった。
やる気を持って入社したから干されたときはかなりショックだったようです」(テレ朝関係者)

前出の日テレ元同僚によれば、夏目アナをかばう人間は少なかったという。

現場の評判が悪かったですから。
新人のときでさえ
『私にもイメージがある』
と豪語して、バラエティの被り物やクリームを塗られるみたいな汚れ仕事は絶対に拒否
していました。
だから、避妊具事件が起きたときは、
『どんなイメージを大事にするつもりなの?カマトトぶりやがって!』
と陰口を叩かれていた。
持っていた避妊具のメーカーをもじって“サガミちゃん”とアダ名が付いてしまうほど。
プロデューサーやディレクターも夏目本人に向かって
『もうメインでは使わない。わかるでしょ?』
と言い放つなど冷たかった

(以上引用 週刊文春)

夏目さんへのイジメは、この写真が週刊誌に載った直後から報じられてましたが…。

日テレ局内で夏目三久イジメ!?きっかけは避妊具写真

この証言が本当であれば、夏目さんのそれまでの態度がイジメをエスカレートさせてしまっていたんですね。
元々本物のお嬢様らしいですから、汚れ仕事とか我慢できなかったんでしょうが…夏目さんが断ったその仕事は誰かがやらなきゃいけないわけで、常にその態度だったとすれば反感を買ってしまうのも仕方ないような気はしますね。
しかし、ここでめげなかったのが夏目さん。
“驚異の鈍感力”の持ち主である夏目さんは、社内の雰囲気もどこ吹く風と合コンにいそしんでいたのだといいます。

(以下引用)
「巨人の坂本勇人山口鉄也らと六本木界隈でよく飲んでいた。
その席で夏目が
『週刊誌に干されている私の気持ちがつらつらと書いてあったけど、半分くらい代弁してくれた』
と笑っていた
そうです。
セッティングした先輩も同席していて
『もう、フリーになったほうがいい』
とアドバイスしていた」(同前)
(以上引用 週刊文春)

普通は、社内での信頼を回復するために頑張りそうなものですが、夏目さんは干された段階でもう日テレは見限っていたのかもしれませんね。
結局、それから1年半後の2011年1月、夏目さんは日テレを退社。
同年4月から『怒り新党』のレギュラーを獲得しています。

(以下引用)
「当初『怒り新党』は局の新人アナを起用する予定でした。
でも、マツコ&有吉のトークに溶け込めないと判断され、“図太い”と言われていた夏目を起用したのです。
実際、マツコが避妊具事件のことを
『気にすることない。本音でいきなさいよ!』
と激励してからは下ネタにも顔を赤くしながら答えるようになり、人気も上がっていきました。
ある意味、2人の毒舌で一皮剥けた
と思います」(別のテレ朝関係者)
(以上引用 週刊文春)

『怒り新党』が当たってからは、事務所に属していない夏目さんに連絡を取るために、各テレビ局が『怒り新党』のスタッフに連絡を取ってもらっていた、なんて報じられていました。

所属事務所なしでも夏目三久にオファー殺到中!フリーアナ四天王になる日も近い?

(以下引用)
彼女の携帯番号を知らないプロデューサーや制作会社スタッフは、テレ朝に電話して『怒り新党』のスタッフルームに回してもらい、番組ADに
『夏目さんに伝言をお願いします!』
と言付けなければなりません。
当の夏目さんも、オファーが殺到する様子を楽しむように、小さな制作会社や深夜番組のオファーは一切無視しているようです
」(別のテレ朝関係者)
(以上引用 週刊ポスト)

なんて書かれてましたね。
そんな夏目さんも、現在は無事所属事務所が決まったようです。
Wikipediaによると、その事務所は田辺エージェンシー
タモリさんや堺雅人さんなどが所属する大手事務所です。
いつごろから所属することになったのかがはっきりわかりませんでしたが、4月初め頃から週刊誌には噂が出ていたようですね。

※詳細はコチラの記事でどうぞ。
夏目三久アナ、テレ朝の新番組に起用された裏事情!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading

まだ田辺エージェンシーのHPには夏目さんの名前がないようでしたが、現在の夏目さんはアナウンサーではなく“タレント”という肩書で活動してらっしゃるとか。
4月18日のOAで、有吉さんに楽屋へ挨拶に来なくなったことを指摘された夏目さん、
「ちょっと面倒くさくなって……」
と答えていた
そうです。
このあたりも“驚異の鈍感力”の賜物と言えるのでしょうか。

ちなみに、“鈍感力”とは…。
作家・渡辺淳一の著書『鈍感力』(集英社)によって流行語となったことば。

鈍感力 [ 渡辺淳一 ]

 


従来は相手の心を重んじる繊細な心ということが社会的に要求され、逆に相手の心を考えないで行動するような鈍感な心は社会から排除されると思われていた。
しかし渡辺はそれを否定して、「鈍感さ」を正面に押し出している。
小さなことにあくせくしないで、ゆったりと生きているほうが集団の中で最後に勝ち残ることができるというのである。
2007年2月、前総理大臣の小泉純一郎が官房長官・塩崎恭久と自民党幹事長・中川秀直に対して、
「目先のことに鈍感になれ、鈍感力が大事である。支持率が上がったり下がったりするのをいちいち気にかけるな」
と述べたことが新聞各紙に報じられ、注目された。
Yahoo辞書より引用)

今後も“鈍感力”で頑張っていっていただきたいですね。

≪関連記事≫
【画像】夏目三久いいともに出演 カワイイ時が懐かしい・・・
夏目三久のタブーに触れた有吉に騒然!有吉の残酷な質問にマツコも困惑!
夏目三久アナ、フリーに転身したら大フィーバー!深夜番組で有吉&マツコにいじり倒され人気爆発

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

有吉弘行のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
剛力彩芽、熱愛発覚でゴリ押し終了 相手はKAT-TUN田中聖
女子小学生向けの雑誌いろいろワロタwwwwwwww
『週刊AKB』篠田麻里子はマジギレだったと確定?
あびる優が美人すぎる姉を公開し絶賛の声!
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

コメント

  1. ケノン より:

    鈍感とは素晴らしい!
    確かに、害悪の元凶になっている老害の言葉を、
    気にせず、仕事に没頭できる人は経営者には認められると思います。
    鈍感になりたい!