スポンサーリンク
新着ニュース

オダギリジョー『家族のうた』記録的低視聴率でついに打ち切り決定!

放送開始前からパクリ騒動でゴタゴタし、視聴率も記録的低視聴率を連発して話題となっていた、オダギリジョーさん主演フジテレビ日9ドラマ『家族のうた』。
ついに、第8話で打ち切りになることが決定しました。→ Ranking
オダギリジョーセーターブック (Let’s knit series)
にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
オダギリジョー(36)主演のフジテレビ系連続ドラマ「家族のうた」(日曜後9・00)が第8話で打ち切りになることが分かった。
6月3日放送分が“最終回”となる。
平均視聴率は初回が6・1%、第2回は3・6%、第3話は3・4%、第4話では最低の3・1%を記録。
この3・1%という数字は、00年以降にプライム帯(午後7~11時)で放送された民放の連続ドラマでは、03年1月期の日本テレビ「メッセージ」(真中瞳主演)第6話、同10月期の「ライオン先生」(竹中直人主演)最終回と並ぶ低視聴率となった。
ライオン先生 DVD-BOX
4話までの平均は4・2%で、「メッセージ」の全話平均4・4%という最低記録を下回っていた
(以上引用 スポニチ
文中で比較されている、真中さん主演の『メッセージ』と『ライオン先生』、『家族のうた』の視聴率推移を比較してみましょう。
『メッセージ』 6.2 4.6 5.5 4.3 3.9 3.1 4.4 3.2 – – – 4.40%
『ライオン先生』7.9 5.3 4.3 5.7 4.3 3.3 5.5 4.2 3.8 3.1 – 4.74%
『家族のうた』 6.1 3.6 3.4 3.1 – – – – – – 4.18%
初回の数字はほぼ変わりませんが、落ち込みっぷりがメッセージ、ライオン先生をはるかに超えてますね。
今週、今日5月13日の放送は、裏番組の日曜洋画劇場が『アルマゲドン』だそうで、ネットではまさかの1%台があるのでは、なんて予想も流れています。
これだけ低視聴率で話題になってますから、逆に気になって見る人が増える、という予想もありますが、果たして今日の放送はどうなるのでしょうか。
このドラマ、振り返ってみれば放送開始前からゴタゴタしていました。
フジ『家族のうた』がTBS『パパはニュースキャスター』のパクリだと話題に…脚本家、伴一彦氏がtwitter上でブチギレ
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Uwasa
Geinou Reading
フジテレビがパパニューのパクリを認める!?
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
視聴率の推移を見れば、初回6.1%、第2話3.6%とだだ下がっていることから、せっかく(前評判をものともせず)見てくれた視聴者を内容で逃していることは明らかです。
それなのに、こんな意味不明な記事が出てみたりもしていました。
家族のうた低視聴率 “逆家政婦のミタ現象”は口コミから「恐ろしい時代になった」
社長がテコ入れを示唆したりもしていたんですが…。
フジテレビの豊田皓社長 視聴率不振の「家族のうた」に、てこ入れする可能性を示唆
結局、テコ入れも上手くいかなかったということなのでしょう。
打ち切りという結果に終わってしまいました。
このドラマ、いったいどこがそんなに良くなかったのでしょうか。
作家・麻生千晶氏の分析はこうです。
(以下引用)
「やはりストーリーが読めてしまうのです。
落ちぶれた高慢なロッカーがやむにやまれぬ事情で子供を引き取って、だんだん愛情に目覚めてゆく……と分かってしまう。
またタイトルからも家族の話だと分かるので、視聴者は“また絆を主張するのか”とウンザリしている面もある。
もちろん震災の教訓を風化させてはいけませんが、メディアの切り口はあまりにワンパターン。
“絆を取り上げれば観てくれる”というのはハッキリ言って甘いといわざるを得ません」
(以上引用 週刊新潮)
辛口批評でおなじみ、今井舞さんの分析はこう。
(以下引用)
オダギリジョー演じる「ロックだぜ!」「ロックじゃないぜ!」しか言わない内田裕也みたいな主人公と、子役3人と爺さんという、ワケのわからないメンツが、ただ右往左往するだけという地獄絵図。
どうしてこんなモン作ったのか。
こうした愚鈍が
「ウチに任せれば、一定の数字は稼げたのに」
という、ジャニーズのつけ入るスキをまた招くのに。
(以上引用 週刊文春)
あまり見てみたいと思うドラマではなさそうです。
この悲惨な状況、オダギリさんの今後にも多大な影響を及ぼしそうなのだといいます。
(以下引用)
「主演のオダギリはピンチですよ。
映画もあまり当たっていない状況で臨んだドラマが大惨敗なのですから。
(中略)
この調子だとドラマの主演にはもう声がかからないかも知れません
“戦犯”に仕立て上げられたオダギリサイドでは、
3%台という視聴率は本当にキツネにつままれたような気分です。
役柄がオダギリに合ってないとは思いませんし、彼がクールで陰のあるキャラしか似合わないとも思っていません」(所属事務所『鈍牛倶楽部』に國實瑞恵社長)
(以上引用 週刊新潮)
すでにネットでもこんな噂が出てますね。
フジ&花王、視聴率低迷の責任をオダギリジョーになすりつける
Geinou Ranking
Geinou Reading
StarBlog
Geinou Reading
ドラマは主演役者だけが作るものじゃないですからね。
こうやって大失敗すると、どうしてもドラマの顔に責任が押し付けられがちではありますが…。
もちろん、事は主演役者だけにとどまらず、フジテレビ内でもすでに敗戦処理が大きく動き出しているといいます。
(以下引用)
「日曜日の午後9時台は単なるゴールデンタイムではありません。
この時間帯は花王が長年、メインのスポンサーでもあり、社内では“テレビの銀座4丁目”と言われるほど重要なポジションです。
花王さんが怒り出す前に早急に手を打たないと」(同局の幹部)
すでに4月26日の拡大局長会でもドラマのテコ入れが決まっているが、
「社内で言われているのはやはり編成のミス
今期のキーワードは“家族”となっているんですが、見誤ってしまったと言わざるをえません。
今、ヒットしているドラマはサスペンスやミステリー
まだ、ドラマは打ち切りと決まっていませんが、会社の6月人事は大鉈が振るわれそうです」(同)
(以上引用 週刊新潮)
この記事はまだ打ち切りが決まる前のものなのですが、時をおかずして打ち切りも決まっちゃいました。
何が当たるかは放送してみなければわからないとはいえ、『家族のうた』がここまでヒドイ結果になるとは想像以上でしたね。
この枠、次クールは豊川悦司さん(50)と芦田愛菜ちゃん(7)のW主演ドラマだと発表されました。
すでに、またもやパクリ疑惑が浮上してますね。
Happy Smile!(初回限定盤)(DVD付)透明な時間
豊川悦司(50)・芦田愛菜(7)が7月ドラマ「ビューティフルレイン」でW主演 「家族のうた」後続番組で「アイ・アム・サム(I am Sam)」のパクリとの声
I am Sam : アイ・アム・サム [DVD]映画『I am Sam』
フジテレビの最後の頼みの綱・愛菜ちゃん起用が果たして吉と出るのか凶と出るのか…。
マルモリの奇跡よ再び、というところなんでしょうが、マルモリがヒットしたのは愛菜ちゃんブレイク前。
人気のある役者をそろえたからヒットしたわけではなかったことをフジテレビは忘れちゃったんでしょうかね。
ヒットしてるのはサスペンスやミステリーといいながら、サスペンスでもミステリーでもない家族愛ドラマを持ってくるあたり、ちょっと思考回路がよくわからないです。
まあ、もうすでに7月クールのドラマの内容は決まっていて変更もできなかったのでしょうけど。
ドラマは、役者さんだけでヒットするわけではありません。
むしろ、ここのところは人気役者さんをそろえられなかった低予算ドラマこそがヒットしているように思えます。
『家政婦のミタ』だって、放送前の松嶋菜々子さんはもはや崖っぷちとまで言われていたんですから。
昼の帯番組『知りたがり』も低視聴率にあえぎ、本当に崖っぷちのフジテレビ。
フジ「知りたがり」視聴率2% 日テレ「ミヤネ屋」に大惨敗で打ち切り秒読みに
今後、どのような手を打ってくるのか楽しみですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
【速報】道重さゆみが超絶不細工
人気子役に“二股”の質問NGと芸能レポーターが注意される
鈴木亜美が超劣化![画像]
小池栄子がMUTEKIからAVデビュー!秋には発売で合意か
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    にちゃんでつけられてた
    ウチキリジョー
    に改名したら?

  2. 匿名 より:

    在日スタッフの関わりでアウチ。反韓うんぬん以前にやつらの発想はパクリ脳。その時点でストーリー丸わかり。先の先まで読めるドラマ展開、しかもありきたりの設定なんてよほどの事が無い限り、誰が見たいねん。単なる暇つぶしならつまらん在日風味の単純ドラマ見るより、他の事やるわ。

  3. YAZAWA より:

    ジョー終わったな。仕事もプライベートもボロボロじゃ。

  4. 匿名 より:

    てか、前田敦子さん主演のイケパラやった頃から、ずっとあの日曜21時枠は、フジテレビにとって鬼門になってると思う。
    確かに激戦区ではある時間帯だけど、それよりも花王がメインスポンサーだし、一時期は半日女優使ったしで、フジテレビのあの枠自体が避けられてる気がする。
    「しりたがり」だって、元は「韓流α」の枠で、しかもフジに対する偏向報道デモに「嫌なら見るな」的な発言で物議をかもした一人である、ロンブー敦が出てる。
    そりゃネト民や、ネト民から口づてに(しかもたぶん大げさに)聞かされた人たちも、見なくなるんじゃないか?