スポンサーリンク
新着ニュース

指原莉乃の元カレがAKB48に加入後の“超肉食系”交際を赤裸々暴露!

今日発売の週刊文春に驚きの記事が掲載されました。
先日のAKB48総選挙では4位に躍進した指原莉乃さん(19)が、すでにAKB48に加入していた時期に男性と交際していたことが暴露されたのです。
暴露したのは、そのお相手の男性。
証拠とされる当時のメールや携帯に残るセクシー画像まで暴露されてしまった指原さん、今後はどうなってしまうのでしょうか…。→ Ranking
さしこ 指原莉乃1stフォトブック
にほんブログ村 芸能ブログ

週刊文春に今回の話を暴露したAさんは、08年から09年にかけて指原さんと交際していたのだそうです。
指原さんは07年に5期生としてAKBに加入、翌年には正規メンバーに昇格しているとのことで、完全にAKBに入ってからの交際ということになります。
しかもAさん、AKBのファンだったそうなのです。
(以下引用)
僕は元々AKBファンで劇場に頻繁に通っていました。
月8万円のバイト代をAKBにつぎ込みました。
最初は別のメンバーのファンだったのですが、劇場で指原とよく目があって、“推し変(応援するメンバーを変えること)”しました。
劇場でのイベントや握手会には参加して、名前を覚えてもらうためにファンレターを何通も書きました。
そしたら08年の夏、僕のミクシィのHPに“指原の友人”と名乗る子からメッセージがきたんです。
『莉乃ちゃんのファンなんですか?
わたしは友達だから莉乃ちゃんのアドレスを教えましょうか?』
って

彼女のハンドルネームは「ミホ」。
Aさんはすぐに教えてもらったメアドに飛びついたという。
「指原の携帯にメールするようになって、メル友になったんです。
ただ彼女には自分がAKBオタクだとバレたくなくて、AKBの話は一切しなかった。
カミングアウトしたのは自分の誕生日。
でも、そしたら、『知ってたよ』って(笑)。
どうやらハンドルネーム「ミホ」は指原本人だったようなんです。
それからつきあうまでは早かった。
彼女は超肉食系でしたよ(笑)。
彼女もアイドルオタクだから話も合った」
(以上引用 週刊文春)
恋愛禁止の鉄の掟を掲げるAKBのメンバーがファンに手を出すとは…すごい話です。
こうして、08年の夏にメル友になった2人が交際するようになったのは、その年の10月
告白は、Aさんが電話で、だったそうです。
(以下引用)
「『好きな人いる?』って聞いたら『いないよ』って。
『じゃあつきあおう』って言ったらすんなりOKでした。
自分は他県に住んでいたので『遠距離だけどいいの?』って聞いたら『大丈夫』って。
あのときは嬉しかった」
だが、指原は付き合うにあたっていくつかの条件を出してきたという。
劇場公演には『恥ずかしいから来ないで』と言われました。
あと、周囲には絶対2人の関係を話さないこと。
一度この約束を破ったことがあって、メアドを変えられて、2週間くらいシカトされました

(以上引用 週刊文春)
一応“恋愛禁止”なわけですから、まあ絶対内緒は必須条件だったでしょう。
デート場所は原則指原さんの自宅で、母親のいない平日の昼間だったそうです。
Aさんは学校を休み、電車で2時間かけて指原さんの住んでいた中野区のマンションに行っていたのだとか。
当時の指原さんの部屋の様子も詳しく語っています。
(以下引用)
指原の部屋は殺風景で窓際にベッド、カラーボックスの棚があり、なかにはハロプロの写真集やAKBのDVD、フラワーロックの人形が置いてありました
ハロプロとはモーニング娘。など、つんく♂がプロデュースする「ハロー!プロジェクト」のこと。
指原は大ファンで、使用していたノートPCのデストトップ画面も彼女たちの写真だった。
また、部屋にはアイドルの音楽がたえず流れていたという。
やることは、年頃の二人ですから部屋でイチャイチャしたり、お風呂に入ったり。
彼女のシャンプーはクラシエの『いち髪』で、いい匂いがしました。
でも、お互い経験もないしエッチまで4ヶ月かかりました

(以上引用 週刊文春)
彼女の家に初めて行った時の様子も書かれています。
(以下引用)
初めて彼女の家に遊びに行ったとき、緊張のあまり、体中がかたまって顔を上げることもできず、ただ彼女の話に『うん、うん』と頷いていてばかりいました。
指原は僕より一つ年下なのにマセていて、
『何でずっと下見てるの?』『もっとこっち来なよ』
って僕の手を自分の太ももの上におきました。
そのとき僕のなかで何かが“爆発”して、彼女を押し倒し、初めて彼女とキスをしました

(以上引用 週刊文春)
なんと生々しい告白です。
その後のデートのペースは2、3週間に1度。
その代わり、電話は毎日平均7時間もしていた
のだとか。
(以下引用)
「お互い通話料無料のウィルコムをもっていたから、ずっと電話をしていました。
『リンカーン』や『いきなり!黄金伝説。』などのバラエティ番組を観ながら、電話の向こうで一緒に笑っていました。
冗談半分ですけど、『結婚しよう』なんて話したこともあった
あと仕事の話やファンの話もした。
指原はファンからニンテンドーDSのゲームやアイドルDVDなんかを差し入れでもらってた」
(以上引用 週刊文春)
当時の指原さんは、ちょうどAさんと交際がスタートした08年10月に、シングル『大声ダイヤモンド』で初の選抜入りを果たしています。
AKB48/大声ダイヤモンド(CD+DVD)(CD)シングル『大声ダイヤモンド』
しかし、翌09年の第1回選抜総選挙では27位(1170票)。
選抜から落ちてしまいました。
(以下引用)
「選挙の後
『今日入らなかったんだよね、やっぱダメだワタシ、かわいくない』
ってすごく落ち込んでました。
あのときは僕も彼女もまさかこんなになるなんて想像もしてなかった」
関係が終わったのは09年秋、Aさんのほうから別れを告げたという。
「いろいろ溜まってたんです。
会いたいときに会えないし、付き合っていることを誰にも相談できない。
指原は、彼女のお母さんと僕が偶然会ったときも、他人のフリをしたりして。
そのくせ別れをきりだしたとき
『やだ』『諦めたくない』『エッチだってしたのにふざけんなよ!』
ってメールが来た。
その後、指原は別のファンと付き合ったと聞いています。
一応、AKBは恋愛禁止だから、本人は『つきなっていない』って言うと思いますが」
(以上引用 週刊文春)
Aさんの携帯に残っていた指原さんのセクシー画像はコチラ。
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Uwasa
Geinou Reading
“その後、指原は別のファンと付き合った”なんて爆弾発言をさらりとしてらっしゃいますが…そういう情報は当時はファンの間で普通に流れていたんでしょうか。
元々共通の友人がいたわけでもない2人なのに、別れた後の情報をしっかり持っているAさんにちょっと驚きです。
さて、衝撃続きの告白だったわけですが、当時のAKBももちろん恋愛は禁止だったはず。
なのに、こんなことは起こり得たんでしょうか。
元AKBスタッフが、
そんなことは日常茶飯事だった
と証言しています。
(以下引用)
「今でこそ国民的アイドルですが、当時は“地下アイドル”に毛がはえた程度。
いくら恋愛禁止を掲げても、プロ意識の薄い、若いメンバーは同世代のイケメンのファンと随分繋がっていた。
ネットにツーショットが出たりしてクビになった子もいますが、バレなければセーフ。
クビをまぬがれたメンバーは何人もいます。

指原の噂も聞きました」
(以上引用 週刊文春)
年頃の女の子ばかりを集めているのに、そもそも恋愛禁止なんて無理ですよねぇ。
校則をこっそり破るくらいの気軽な気持ちだったのかもしれません。
さて、文春さんは最後に、Aさんの携帯に残る指原さんの電話番号に電話をかけています。
本人が出たそうです。
(以下引用)
――指原さんですか?
「はい」
――Aさんと以前、つきあっていた?
いいえ、つきあってません。友達でした
――メールを送り合ってませんか?
「覚えてません。すいません、もう家を出ますので」
電話はすぐに切られてしまったたため、6月11日、「笑っていいとも!」の生放送直前、スタジオアルタの正面入口前で再び指原を直撃した。
が、同じようにAさんは「友達」と言い切る。
――でも友達なら水着や下着の写真は送ったりしないですよね?
ハイ、しません。そんなことはしてません。送ってません!
(以上引用 週刊文春)
電話は突然だったんでしょうに、やり取りを見ると肝が据わってますよね。
アルタ前の直撃はある程度予測していたのかもしれませんが、それにしたって迷いも何もない返答です。
どうしてそんなことを今聞かれるんだろうという戸惑いのようなやり取りがあってもよさそうなものですが…。
文春さんが書いてないだけかもしれませんけどね。
それにしても文春は攻めますね~。
今回もAKBのスキャンダル独占スクープです。
しかも、新聞もテレビも相変わらず後追いなし。
ネットメディアのメンズサイゾーが後追い記事書いてますが、現時点ではそれくらいです。
相変わらず、AKB様のスキャンダルは大手メディアにとってはご法度なんですねぇ。
気持ち悪い限りです。
アイドル集団・AKB48のゴシップ・スキャンダルまとめ
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
指原さん、どうなるんでしょうね。
EXILEのTAKAHIROさんとの熱愛が報じられた板野友美さんも、記事は完全スルーで普通にそのままAKBとして活動つづけてますし、今回もその線でしょうかね。
いくらなんでもそろそろファンに見放されませんか?
それともファンはこれくらいは別に気にしないんでしょうか。
逆に、ファンでもAKBと付き合える可能性があるんだ!とかそういうことになる…んでしょうか?
とりあえず、雑誌にはツーショットは掲載されてません。
彼の携帯にその画像が残っていたりして雑誌にそれが掲載されてたら指原さんもかなりピンチだったでしょうが、メールとかは自分じゃないって言い張ることもできますもんね。
とりあえず、今後の指原さんの言い訳を待ちましょう。
完全スルーの可能性も高いと思われますが。
※ネットの意見もこんな感じ。
どうせ指原莉乃はクビにはならないんでしょ?
Geinou Ranking
Geinou Reading
StarBlog
Geinou Reading
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

指原莉乃のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
【芸能】松田聖子再々婚 お相手は慶大准教授・河奈裕正氏
AKB48小嶋、営業で腰を酷使しすぎてギックリ腰に
木梨憲武、安田成美と別居中・・・木梨はすっかりホテルの住人
爆笑太田があのTBS女子アナに「サイテーの行為」と生放送でマジ激怒![画像]
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    すぐあえるタレントがすぐやれるタレントになっちゃったね
    だって目の前には、好きなタレントが裸になってんでしょ
    まるで、夢物語じゃないですか

  2. 匿名 より:

    ヲタは男憎し、恨み
    持ってるけど
    悪いのはファンを誘惑
    してあんな写真
    送ったさしこ。
    なにが“男怖い!男と付き合ったことない!”
    だよwwww
    どうせキモヲタは
    さしこにこんな
    仕打ちを受けても
    同情するだけだし
    秋元の搾取はつづく。

  3. 匿名 より:

    文春さんは、元カレさんに情報料いくら払ったんですか?結局はお金とネタの黒いやり取りでしかありませんね。