スポンサーリンク
新着ニュース

NHK大河『平清盛』今後は玉木宏(源義朝)がメインに?松山ケンイチの出番激減!

視聴率で苦戦が報じられている、NHK大河ドラマ『平清盛』。
6月3日放送の第22話は、関西地区で9.2%と前代未聞の1ケタ台の視聴率を叩きだしてしまい話題となりました。
そのテコ入れ策がいろいろ報じられていますが、ついに平家ではなく源氏をメインにもってくる作戦に出るようです。
主演の松山ケンイチさん(27)の出番を減らし、代わりに玉木宏さん(32)演じる源義朝の出番を増やすことになったのだとか。→ Ranking
平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
「『平清盛』ですが、ついに視聴率が1ケタ台に突入してしまいました……。
局内でも問題になっていて、プロデューサーの責任問題にも発展しそうです」(NHK関係者)
(以上引用 女性自身)
1ケタ台を記録したのは、6月3日放送の第22話。
関東地区では11.0%と2ケタを維持したものの、関西地区で9.2%を記録してしまいました。
『平清盛』関西で視聴率がついに1桁! NHK広報「1994年1月以降初めて」
(以下引用)
スタッフや役者たちの間でも気まずい空気が流れ、不協和音を奏でています
“凝った撮影”を売りにして、さまざまなアングルで何カットも撮影するから時間がかかりすぎる。
そのことにも現場から不満が出始めているようです。
少し前には、中井貴一さんや松田翔太さんがプロデューサーと演出家に
『無駄な時間を省いてほしい』
と異例の意義を唱えていました。
これは、出演者の総意だった
そうです」(制作スタッフ)
(以上引用 女性自身)
凝った撮影も、それが当たっていれば誰も文句は言わないんでしょうけど…それで視聴率が右肩下がりとなると、役者陣もやる気をなくしちゃいますよね。
この事態に、NHKは驚きの挽回策を打ち出してきたといいます。
(以下引用)
「まず『松山さんばかりクローズアップするのはやめよう』ということになりました。
これまでの視聴率を分析した結果、
『彼だけでは数字を取りにくい』
ということになった
んですね。
もちろん主演ですから全く登場しないことはありえません。
しかし、回によっていろんな人たちにスポットを当て『中心人物を複数にする』のがいちばんの変更点です」
(以上引用 女性自身)
まるで視聴率が取れないのは松ケンのせいだといわんばかりです。
こういう時はどうしても主演俳優がやり玉にあがりますが、主演俳優だけでドラマが作れるわけではないんですけどね。
中心人物を複数にするために分析したところ、ここ数回で最も多く瞬間最高視聴率を取ったのが、ライバルの源義朝を演じる玉木宏さんだったのだそうです。
玉木宏 PHOTO STORY BOOK「ただ、君を愛してる」
(以下引用)
「そのため、玉木さんの出演回数を増やすことが決定しました。
まず玉木さんと妻の由良御前を演じる田中麗奈さんの夫婦描写を細かく取り上げていく予定です。
また、5月で終了予定だった小日向文世さんの出演も高視聴率アップのため2話延長しているんです。
現場では『今後は源氏をメーンに』という声が高まっています。
タイトルは『平清盛』なのですが……」(前出・スタッフ)
歴史的に有名な事件を大きく扱い、武井咲(18)演じる悲劇のヒロイン・常磐御前のストーリーを膨らませるなど、次々と“脱平家”の台本が練られているようだ。
武井咲写真集『PLUMERIA』 DVD付: スピリッツ特別編集
「いまさらですが、目玉になりそうな有名俳優にも出演オファーをしているようです。
このままだと松山さんの出番は削られるいっぽう。
下手すると、1話のうち5分ほどしか登場しないストーリーも考えられているみたいです。
主演なのに“脇役”になりかねないため、意気消沈。
誰も声をかけられない状態です」(前出・NHK関係者)
(以上引用 女性自身)
視聴率アップへのテコ入れも必要なんでしょうけど、あまり迷走すると、今度はせっかく見てくれている11%の視聴者まで逃すという最悪の結果にもなりかねないような気もします。
元々、平家より源氏の方が人気があるのは誰もが分かっていたことです。
それでもあえて平家を取り上げたんでしょうに、当初のコンセプトはどこへ行ってしまったんでしょうね。
そんなに視聴率が必要なんでしょうか。NHKなのに。
※NHKはこだわらなくていいはずなんです。
テレビ局が視聴率にこだわる理由
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Uwasa
Geinou Reading
NHKは民放とはそもそも構造が違うんですから、視聴率とかこだわってる暇あるならもっと質のいいドラマを作るほうに力をいれていただきたいものです。
ドラマの良し悪しは、視聴率で決まるわけではないんですから。
視聴率を取れそうな役者を引っ張ってきて、ただ出せばいいなんてテコ入れ策、お金の使い方間違ってますよ。
テレビ視聴の多様化 こだわるべき「率」より「質」
↑こんな記事を見つけて、Yahoo!テレビのみんなの感想欄を覗いてみました。
平清盛、決して点数悪くないんですよね。
5つ星が41%、1つ星が25%。
対する梅ちゃん先生。
5つ星18%、1つ星56%。
連続テレビ小説 梅ちゃん先生 – みんなの感想
平清盛 – みんなの感想
視聴率は梅ちゃん先生が圧倒的に良いわけなんですが…。
堀北真希主演、NHK「梅ちゃん先生」の視聴率がすごいことになってる!
ひとつの指標にはなる視聴率。
ですが、振り回されすぎてはいけないのかもしれません。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
「AKB指原は『させこ』」玉袋筋太郎の暴言にオタぶち切れ「まだ10代の女の子なのに酷い!」
指原莉乃の元カレが脅迫に怯え逃避開始 指原ファンによる犯罪予告も
フジテレビ系バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」の酒豪企画に「イッキ飲み防止連絡協議会」などが文書で抗議
抗議殺到した「めちゃイケ酒豪決定戦」で暴露された“アバズレ女”な素顔
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. レインメ-カ- より:

    役者は頑張っているのに視聴率が取れないといって話をめちゃくちゃにして史実を曲げすぎるから見ている方はしらける。

  2. 花火 より:

    話題乏しくて何も言えねー