スポンサーリンク
新着ニュース

デヴィ夫人が大津いじめ事件の加害者情報をブログで暴露!しかし偽情報が混じっていた…

ここのところ連日報道されている、滋賀県大津市のいじめ問題
ネット上では、加害者とされる生徒やその両親、隣でいじめを見ていたにも関わらず笑っていたという担任の先生など、関係者の個人情報が流出・拡散されています。
この個人情報を、デヴィ夫人自身のブログに実名・顔写真入りで掲載したのですが、その中に間違った情報が含まれていたのです。
こういう問題、本当に難しいですね…。→ Ranking
デヴィの「ここまで言ってよろしいかしら」
にほんブログ村 芸能ブログ

昨年10月11日朝、滋賀県大津市で当時中学2年生の男子生徒が自宅マンション敷地内で倒れているのが発見され、滋賀県警大津署が自殺と断定しました。
その後、男子生徒が通っていた中学校でアンケートが行われ、男子生徒に対するいじめがあったとする複数の回答があったにも関わらず、これまで学校や教育委員会がそれを隠蔽していたことが問題となっています。
その、男子生徒に対するいじめというのが想像を絶するひどいものだったことも話題となりました。
自殺した中2男子のイジメ内容がイジメってレベルじゃない件 「毎日自殺の練習をさせられる」「スズメや蛾の死骸を食わせられる」… 担任はいじめに気づくも何もせず黙殺
男子生徒の父親は3回にわたって警察に被害届を提出しようとするも、警察に拒否されたという事実も明らかとなりました。
大津の中二いじめ自殺事件 父親が警察に被害届出すも警察は受理拒否
この流れから、ネットでは“犯人捜し”の動きが加速していました。
そんな時、フジテレビがやらかしてしまいます。
【大津いじめ自殺】いじめっ子の実名がTVで流れる
ここから犯人の特定作業が一気に進み、瞬く間にいじめっ子たちの名前や家族構成、顔写真などがネット上にさらされてしまいました。
ただ、この情報の中には明らかなデマが混じっていたようなのです。
それに気づかなかったのか、デヴィ夫人は、ネットで拡散されているこれらの情報を自身のブログにそのまま掲載してしまいました。
(以下引用)
10日に自身のブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」を更新したデヴィ夫人は、
「加害者について とんでもない事実が 次ぎ次ぎ発覚しましたので ここに 列挙したいと思います。
ネットで検索すると 色んな情報が 掲載されていますので、皆さんも 是非 色々調べてみて下さい」
と記し、ネットで知ったという加害者グループの情報を書き込んだ。
デヴィ夫人は度々ブログで社会問題に言及しているが、タブーのない歯に衣着せぬ物言いがネットユーザーの間で高評価を得ている。
だが、2ちゃんねるなどで“真実”とされている情報はデマも多く、今回は勇み足の部分が大きかったようだ。
デヴィ夫人は、加害者グループのリーダー格である少年Aの母親が地元の女性団体の会長を務めていると記したが、これは同姓同名の別人である。
ネット上でいわれているように、この母親が当時PTA会長だったのは確かであるが、当該の女性団体とは無関係だった。
また、被害者の少年が搬送されたという病院に、元警察官である加害者少年Bの祖父が天下っているとも書かれているが、これも事実無根だったようだ。
このネット情報によって同病院には電話が殺到し、公式ホームページで
「当院および当院の職員は、一切関係がございません。
つきましては、この件に関して電話等をたくさん頂戴しますが、救急病院である当院の正常な診療に支障をきたしますので、良識ある言動をお願いします」
と院長が呼び掛ける事態になっている。
さらにデヴィ夫人は、有名なネタ画像「チャリで来た」にAの顔を合成したコラ画像を掲載した上で、全く無関係の少年を加害者少年Cと名指ししている。
ネット初心者が陥りやすいミスともいえるが、これはあまりにもお粗末だろう。
(以上引用 メンズサイゾー
このあたりの、デヴィ夫人が参照したであろう元情報は、ちょっと検索すればすぐヒットしてきます。
加害少年とその父親とされる男性の顔写真や、担任教師とされる男性の顔写真も簡単に見ることができます。
ネット上ではすでに“確定”として晒されているこれらの情報は、本当に本当なのかどうかが非常にあいまいです。
中には、こんな風に偽情報をあえて流す人もいるんですよね。
釣り?鬼女板を狙って大津市いじめ関係者とされる名前がツイートされる
※田所民、という言葉が分からない方はコチラ。
田所民ってなに?
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Uwasa
Geinou Reading
加害少年の父親とされる方は、職場の情報まで詳細に流出してしまっています。
2ちゃんねるでは、その職場の取引先に苦情の電話を入れたという話まで書き込まれていました。
この情報が本当か偽物かはわかりませんが、さらされてしまったこの方たちはかなりな被害をこうむっていることが予想されます。
報道されていることが事実で、本当にこの人たちが加害者なのであれば同情は全くできませんが、ただこうやって晒しあげてしまうのもどうかという気はするんですよね。
デヴィ夫人の気持ちは非常によく分かるんですが。
実際、本当に全く関係ない人の写真が紛れ込んでしまっていたわけですし…。
現在は、デヴィ夫人のブログの記載はすべてイニシャル表記に変えられ、写真は削除されています。
こういった、ネット上での“いじめ”ともいえる晒しあげは、虚実入り混じっているということを念頭に置き、拡散には慎重になるべきだろうと思います。
特に、影響力の強い方の場合はより慎重になるべきでしょう。
大津のいじめは、いじめではなく犯罪のレベルです。
加害者にはきちんと罪を償ってほしいと切実に思います。
その意味では、デヴィ夫人の気持ちは非常によくわかります。
わかるんですけどね…。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

デヴィ夫人のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
【大津市いじめ自殺】中学校と大津市役所のガサ入れ始まる
米国有名歌手 「少女時代は足しか見るところがない。」 韓国人激怒
視聴率不振にあえぐフジテレビ、近く編成制作局内を中心にプロデューサーなどの大幅な人事異動を予定
木村拓哉のフジ月9主演はヤバイのでは?過去5年間の視聴率を比較してみると意外な事実が明らかに。
なるほど…これはちょっと面白いw
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 名無し より:

    イジメってなくならないんですかね・・・・
    なんか悲しくなります

  2. 匿名 より:

    俺はこの『いじめ』って言葉、あらゆる犯罪を、やわらかい表現にしている気がして大嫌い。
    メディアは、意味不明な理由で発生する集団無視などの行為を『名誉毀損』とし、強い言葉を持って相手を追い込み、無茶な金品などの要求や非人道的行為(死んだ虫を食べさせるなど)を要求をする行為は『脅迫』『恐喝』『強奪』とし、その際に暴力があった場合は『強盗傷害』とし、自殺させるまで追い込んだ行為は『自殺教唆』もしくは『殺人』という表現にした方が良いんじゃないか?
    加害者が未成年だから、厳しい表現ができないのかもしれないが、メディアが『いじめ』の一言で済ませているから、『いじめっ子』は、『悪いことをしている』って意識が、すごく希薄になるんじゃないのだろうか。

  3. 匿名 より:

    デヴィ夫人のやり方もある意味『いじめ』だわ。フォロー出来ないのにblogに載せるとか笑う