スポンサーリンク
新着ニュース

山本太郎の妻・割鞘朱璃が両親から名誉棄損で刑事告訴されていた!

先日、父親から虐待を受けていたことを週刊誌に告白した、山本太郎さん(37)の妻・割鞘朱璃さん(19)。
その朱璃さんを、両親が名誉棄損で刑事告訴していたことがわかりました。
山本さん、なんだか最近身近でトラブルが絶えませんね…。→ Ranking
ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実-
にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
朱璃さんの両親が娘を名誉棄損で刑事告訴したそうです。
朱璃さんが週刊誌などで父親から過去に虐待を受けていた、と告白したことが原因のようです
」(芸能関係者)
(以上引用 週刊文春)
朱璃さんの告白、詳しくはこちらの記事で読めます。
山本太郎の妻・割鞘朱璃が父に虐待されていたことを告白!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Uwasa
Geinou Reading
割鞘朱璃が山本太郎と結婚したのは虐待から逃れるため?
Geinou Ranking
Geinou Reading
StarBlog
Geinou Reading
(以下引用)
朱璃さんは、父親に階段から引きずりおろされたとか、玄関で正座をさせられて頭の上に放尿された、などと衝撃的な過去の体験を告白しました。
しかし、朱璃さんの両親は娘の発言は事実ではなく、山本太郎にそそのかされていると考えているようです」(同前)
岡山県に住む朱璃さんの父親は言葉少なに言う。
確かに7月上旬、私たち夫婦は岡山県警に名誉棄損で娘を刑事告訴しました。
正式に受理されたので現在は捜査を見守っています

(以上引用 週刊文春)
娘の側が先に週刊誌に暴露したこととはいえ、実の娘を刑事告訴ってなかなかない発想のような気がします。
お父さんの方は、朱璃さんが小学校4年生の時にお母さんと再婚した方なので、朱璃さんと血のつながりはないんですが…。
告訴したのは“私たち夫婦”、つまり血のつながりのある母親も一緒に刑事告訴しているわけですからね。
この場合、娘をそそのかしたと思われる婿を訴えたくなるような気がするんですよね。
弁護士さんに相談もされたんでしょうから、ひょっとしたら無理だと言われたのかもしれませんが。
太郎さんに話を聞いてみると…。
(以下引用)
こちらには何も動きはありませんが、本当に訴えたのでしょうか?
父親から虐待されたという嫁の発言は全て事実。
訴えること自体が相手方の不利益になると思いますが

(以上引用 週刊文春)
“嫁の発言は全て事実”と言いたい気持ちは分かりますが、こればっかりは真相は不明、と言わざるを得ないでしょう。。
すべて過去の出来事であり、しかも家の中という密室の中で行われたことです。
他に目撃者はいないでしょうし、水掛け論に終始してしまう可能性が大、と思われます。
ただ、名誉棄損罪は、公表した事柄が真実であっても成立する場合があると聞きます。
Wikipediaにはこう書かれていました。
(以下引用)
摘示される事実は、人の社会的評価を害するに足りる事実であることが要求されており、事実を摘示するための手段には特に制限がなく、『インターネットの掲示板で書き込む』『張り紙で噂を広める』『街宣車を動かして噂を宣伝する』などの場合であっても成立する。
その事実の内容の真偽を問わない(信用毀損罪の場合は虚偽の事実でなければならない)。
つまり、例え真実の犯罪行為の公表であれ、ただ発言内容が真実であるというだけでは免責されない(後述する真実性の証明による免責の問題となる)。
(中略)
真実性の証明による免責
刑法230条の2は、名誉毀損行為が公共の利害に関する事実に係るもので、専ら公益を図る目的であった場合に、真実性の証明による免責を認めている
これは、日本国憲法第21条の保障する表現の自由と人の名誉権の保護との調整を図るために設けられた規定である。
(以上引用 Wikipedia)
ちょっと言葉が難しくてわかりにくいんですが、広めた事実が真実だった場合、その事実が公共性の高いものだった場合に限り名誉棄損罪は成立しない、ということですよね、多分。
この、朱璃さんの場合はどうなるんでしょうか?
親子ですし、警察も扱いが難しいでしょうね。
太郎さんの身辺、最近どうもトラブルが多いですね。
6月にはお姉さんが大麻所持で逮捕という事件もありました。
大麻所持で逮捕!山本太郎の姉・山本利華「脱原発運動で疲れ」
これで奥さまが名誉棄損罪で逮捕、などということになったら、さすがに脱原発運動どころではなくなってしまうでしょう。
お仕事の方では、4月に就職したばかりのソーラー発電関連の会社を7月に退職していますが、ご本人はこう話しています。
(以下引用)
「会社からは契約延長を望まれましたが、通販番組への出演を強く求められました。
その条件を自分は飲むことができなかったため、当初の予定通り3カ月で契約を終わらせることにしました。
実は今、助演ですが1年ぶりに映画の撮影をしています。
8月には深作健太監督の作品の撮影も始まる。

仕事の規模やギャラは今までとは全く違いますが、こんな僕を使いたいと思ってくれる人の心意気に応えたい。
仕事をしている間は脱原発の活動をできないですが、今後も全国に行って脱原発の声を伝えたい。
脱原発のデモに集まる人が増えていますが、まだまだ僕にはやるべきことはたくさんあります

(以上引用 週刊文春)
お仕事の方は、順調、ということでいいんでしょうか。
現在は脱原発運動に仕事にとお忙しいらしく、奥さまには2週間に1回くらいしか会えないとのことですが、この告訴の件もありますし、もう少し奥さまに時間を割いてあげたほうがいいかもしれませんね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

山本太郎のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
ちょいブス剛力彩芽“CM露出量”が急増したワケ
【動物虐待】 日テレ「ZIP!」のZIPPEI兄弟、エアコン止まった車内に放置され死亡
【芸能】二重がひと重に戻った美元 再手術するも、すぐ戻るので整形医も驚く
窪塚洋介『税金払ってない!政府を信用してないから…保険証止められた』と発言…
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

コメント

  1. 匿名 より:

    朝鮮人にはよくあること