スポンサーリンク
新着ニュース

ますだおかだの岡田圭右の娘が人気子役になっていた!妻はステージママのボスに…

お笑いコンビますだおかだ岡田圭右さん(43)の娘が、人気子役になっていたことがわかりました。
それは、NHK教育テレビの『大!天才てれびくん』に出演中の岡田結実ちゃん(12)。
結実ちゃんのお母さん、つまり岡田さんの奥さんは、ステージママのボス的存在になっていて、スタッフも対応に苦慮しているとか。→ Ranking
松竹芸能LIVE Vol.4 ますだおかだ ますおかな奴らで107 [DVD]
にほんブログ村 芸能ブログ

結実(ゆい)ちゃんは、『大!天才てれびくん』の番組内では13人いるテレビ戦士のなかで、小学生たちをまとめるリーダー的存在なのだとか。
収録の合間には、得意の芸人の物まねで皆を笑わせているそうなのですが、その物まねの中でも十八番は
「閉店ガラガラッ~」
「バア!出た!」
というもの。
これ、お父さんの岡田さんの持ちネタなんですね。
(以下引用)
岡田さんから“内緒にしろ”ってきつく言われているようで、一度も口にはしていませんが、番組スタッフはみんな知っています」(NHK関係者)
家族を番組に引っ張り出し、プライベートを切り売りする芸人も多いなか、これまで岡田は家族のことを語ることはなかった。
「バラエティーのトークでも娘の芸能活動に関しては一切NG。
自分から娘が子役だということは意地でも言わない”、
と周囲には話しているみたいなんです。
“親の七光りと思われたらかわいそうだ”
というのが理由
のようです」(芸人仲間)
(以上引用 女性セブン)
※結実ちゃん画像は、ご本人のオフィシャルブログで。
岡田結実のブログはこちら
最初から二世タレントであることをウリにしてしまうと、その後が続かないことも多いですもんね。
最近だと、IMALUさんとか…。
Mashed potato(初回限定盤)
IMALUは歌手を続けます!最新シングルの売上329枚ですが
二世であることをウリにしない二世タレントって、好感もてますよね。
さて、結実ちゃんのお母さん、つまり岡田さんの奥さまは、実は元お笑い芸人。
90年代に、-4℃というコンビで活躍していた、上嶋祐佳さんという方です。
そんな芸人夫婦の間に生まれた結実ちゃん、笑いのセンスは折り紙つきなのだとか。
(以下引用)
「収録中のアドリブも上手恵、テレビ業界では、
第2の関根真理(27才)になれる逸材だ!
と評判なんです。
ありがとう(初回限定盤)
トークの切り返しなんて岡田さん以上なんじゃないか
なんて声もあるほどです(笑い)」(テレビ局関係者)
(以上引用 女性セブン)
2世タレント、関根麻里とIMALUはどこで差がついたのか?
その一方で、囁かれているのが結実ちゃんのお母さんに対するスタッフたちの悲鳴です。
※結実ちゃんのお母さん、雑誌の方は仮名・A子さんとなっています。
(以下引用)
A子さんは、収録には必ず同行して、台本の読み合わせなどでは、内容や進行に積極的に意見を言う強烈なステージママなんです」(前出・NHK関係者)
しかし、そんなことは序の口で、終いには司会者にまで口を出すほどだという。
ちなみに『大!天才てれびくん』の司会は出川哲郎(48才)で、A子さんにとっては芸人時代からの知り合いなのだ。
もともと仲がよくて、だから文句も気軽にいえるのか、
“哲っちゃん、もっと子供を動かさないと面白くないでしょ。何やってんの!?ちゃんと仕切ってよ!”って。
毎回、自分の司会ぶりにダメ出しされて、出川さんもたじたじです
」(前出・NHK関係者)
スケジュール管理も徹底している。
楽屋入りして1時間以上、スタッフが予備に来ないと、ADを呼び出し、
「何してんの?子供なんだから1時間も待ってられるわけないでしょ」
と子供のことがわかるからこその意見を率直に言ったり、収録合間の待ち時間が長ければ、
「ちょっとスケジュールおかしいんじゃないの!?」
とディレクターにチクリ。
(以上引用 女性セブン)
これはスタッフも気が抜けませんね。
(以下引用)
A子さんは、現場に来ている子役たちの母親のボスとなって、今や一目も二目もおかれる存在なんです…」(前出・NHK関係者)
(以上引用 女性セブン)
元々芸人として活躍していた方なら、テレビの仕組みもよくご存じでしょうし、司会の出川さんに対等に口をきける母親となると、スタッフも一目置かざるをえないんでしょうね。
こんな風にやり込められてしまったスタッフたち、上嶋さんに直接文句を言うことはできないのか、夫の岡田さんに訴えているそうです。
(以下引用)
岡田さんは自分の仕事でNHKにやってくるたびに、
“奥さんがまたスタイリストに厳しい注文をつけていましたよ”
とか聞かされ、その度に
“カミさんが迷惑をかけまして、すみません”
と謝っている
んです」(前出・NHK関係者)
(以上引用 女性セブン)
家での夫婦の力関係がなんとなく推測できちゃいますね。
ちなみに、奥さまはこんな方【画像】
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Uwasa
Geinou Reading
子役の世界は、厳しい競争社会だと聞きます。
子役ブームでモンスターママが出現!?裏で繰り広げられるママ同士の熾烈な争い!
だとすると、普通は現場のディレクターに嫌われたら終わりですから、あまり強いことは言えないはず。
そんな中、芸能界に詳しくて、言いにくいこともずばりとスタッフに言ってくれる結実ちゃんママがステージママのボスになるのもわかりますよね。
スタッフにとっては間違いなく煙たいでしょうが。
強烈なステージママというと、有名なのは宮沢りえさんのお母さん、安達祐実さんのお母さんの安達有里さんなどでしょうか。
このまま結実ちゃんがブレイクして芸能界に残っていけば、いずれ岡田さんの奥さまもステージママとして有名になっていくのかもしれませんね。
まあ、子役はなかなか生き残るのが難しいからこそ、生き残らせたお母さんがステージママとして有名になるのでしょうけど。
岡田結実ちゃんは現在12歳。
来年は中学生、ということは、子役としてはそろそろ先を考える時期に来ています。
大橋のぞみちゃんは、中学校に入学するタイミングで芸能活動を休止しましたよね。
さて、結実ちゃんの今後は、どっち?
※子役ブームも、そろそろ下火との噂も…。
子役ブーム到来!我が子を芦田愛菜にするにはどれくらいお金がかかる?
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
【芸能】華原朋美 「昔のダメージがまだ残って…」〝38歳の男断ち〟を決意した理由
檀れいと及川光博が別居! 及川の経済力と浮気が原因?
キングコング西野亮廣「ブログを使った遊び。10年後からいまの毎日が更新」
[詳細]生田竜聖アナと秋元優里アナの熱愛ハワイ旅行は結婚前提の真剣交際!?
生田斗真さんの弟だそうですね。
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

コメント

  1. 匿名 より:

    岡田のつまらなさは超常現象の一種だ・・・
    あいつがギャグを始める素振りを見た瞬間チャンネルを変えるかテレビを消す癖がついた
    痛過ぎるし寒過ぎる・・・よくお笑い芸人として存在してられるなぁと最近では感心してるわ

  2. 匿名 より:

    私は娘をネタにしないおかださんに好感が持てます。もちろん娘さんを守る為なのでしょうが。二世で成功してるのは関根麻里ちゃんくらいかな。

  3. なななし より:

    天才てれびくん視聴歴15年の男です。
    結実さんは2010年の4月~てれび戦士になり、現在3年目。確かに小学生たちのリーダーになっているのも納得でしょう。彼女地震の情報を追加するならば、番組内の音楽コーナーで「ハイフライングガール」という曲をソロで歌っております。さらに、番組内ユニットでアイドル活動も・・・?と見られています。ちなみに、アイドルの構成メンバー決定は勝ち抽選でした。
    天てれファン的に見ても親うんぬんがなくても結実さんはかなりのハイスペック戦士です。

  4. 匿名 より:

    最初から二世である事を全面的にウリにしてる人で成功した人っていないよね
    ことあるごとに親の暴露話ばっかりだし
    そのくせ「二世ってだけで苦労する」とかほざいてるし

  5. 管理人 より:

    コメントいただき、ありがとうございます。
    このように思われる方が多いのかなと思いましたので、少し補足させていただきます。
    私は、“二世であることをウリにする”ことと、“報道されて世間が二世であると知っている”ことは全く違うことだと思っています。
    報道されたことによって、今後彼女が二世であることを全面に出したプロモーションをしてくるのか、それでも二世であることを自分からは口に出さないのか、それは彼女(とその周囲の関係者)次第です。
    二世である、というだけで、ある程度色眼鏡で見られてしまう二世タレントの皆さんは、ある意味本当に大変なんだろうと思います。
    それなりの結果を残すことを最初から期待されてしまうわけですから。
    ただ、それだけ二世ではないタレントさんに比べると最初から話題があって、マスコミに取り上げてもらえるという利点もあります。
    どんなことにも利点と欠点がありますが、私はデビューする最初からその利点を最大限に利用するような売り方が好きにはなれない、という意味でこの一文を入れました。
    ある程度自力で知名度を得たあと、“二世”という手札をどう使うかというのは意味がまったく異なってきます。
    結実ちゃんの件がこうやって記事になったのも、結実ちゃんが自力で記事になるところまで知名度を上げた結果なのだと思います。
    きっと、才能のあるお子さんなんでしょうね。
    この先も、きっと競争は激しいんでしょうけど、頑張ってもらいたいですよね。

  6. 匿名 より:

    “二世であることをウリにしない二世タレントって、好感もてますよね。”
    と本当に思ってるなら記事にしないでください