スポンサーリンク
新着ニュース

松嶋菜々子、ギャラ高騰でワガママ病が再発!家族の話題に妙にナーバスな態度を…

家政婦のミタ』(日テレ系)の最終回で視聴率40%を叩きだし、再び視聴率女王の座に返り咲いた松嶋菜々子さん(39)。
かつてそう呼ばれていたのは、00年の月9ドラマ『やまとなでしこ』の頃で、当時は“ワガママ女優”としてもよく名前が挙がっていました。
その後、結婚・出産を経て復帰するも、しばらくは“過去の人”扱いで話題にもならない日々が続き、その間に、ワガママ女優の汚名は返上したはずだったのですが…。
再び“視聴率女王”の座に就いた途端、ワガママ病が再発してしまったようです。
人間、そう簡単には変われないということなんでしょうか。→ Ranking
やまとなでしこ(1) [DVD]『やまとなでしこ』
にほんブログ村 芸能ブログ

松嶋菜々子さんといえば、96年のNHK朝の連続テレビ小説『ひまわり』に抜てきされてから人気が急上昇。
連続テレビ小説 ひまわり 完全版 DVD-BOX 第一集
00年に放送された月9ドラマ『やまとなでしこ』では最終話で視聴率30%超えを達成し、“視聴率女王”と呼ばれるようになりました。
その後、ドラマで共演した反町隆史さんと結婚。
GTO DVD-BOX
2人のお子さんを妊娠・出産後、08年にCMの仕事で芸能界に復帰し、09年に『救命病棟24時』で本格的に女優復帰を果たしました。
しかし、当時の状況は決して芳しいものではなく、こんな噂も流れていました。
松嶋菜々子本格復帰宣言も注目度ゼロ!もはや需要ナシ?
08年11月、『救命病棟24時』に出演する前の噂です。
結局、セクシーな役をやることはなく、過去に出演した人気シリーズで手堅く復帰となったのですが…。
救命病棟24時 第4シリーズ DVD-BOX
その当時は、松嶋さんのキャラが変わったと話題になっていました。
松嶋菜々子 高飛車から一転腰が低く…もうドラマだけでは食べていけない?
(以下引用)
今回のドラマを機に、イメージチェンジを図ろうと必死なんでしょう。
35歳の松嶋は、もうトレンディドラマで恋人同士を演じるような年齢でもないし、”ヤンキー”色の強い反町との結婚で”清純派”にも戻れない。
捲土重来(けんどちょうらい)を期した映画『犬神家の一族』『眉山』も大コケでした。
この機会を逃したら、もう一線の女優として生き残ることは難しくなるでしょうからね。
だからこそ、住友生命のCMでは女子小学生の手を引き、雑誌では”母”としての顔を前面に出してアピールして……まるで、辻ちゃんや益若つばさなどの”ママドル”人気に便乗しようとしてるようにも見えますよ」(前同)
(以上引用 日刊サイゾー
生き残りをかけて必死だったわけですね。
それから2年後。
11年10月期に松嶋さんは『家政婦のミタ』で主演することになります。
「家政婦のミタ」DVD-BOX
これも、当初はそのイロモノ感というかパクリ感満載のタイトルから、あまり期待されないドラマでした。
放送していた日テレも、当初はドラマの内容うんぬんより物販で稼ごうとしていたふしがあるくらいです。
松嶋菜々子『家政婦のミタ』小道具のバッグに大人の事情発見!
このクールは、木村拓哉さん主演の『南極大陸』に話題が集中していましたし、放送前はノーマークに近い状態だったと記憶しています。
それが、あれよあれよという間に視聴率が伸びていき、最終的には40%という驚異的な視聴率を獲得。
松嶋さんは一気に視聴率女王の座に返り咲いた形となりました。
(以下引用)
『ミタ』の現場では手作りのお菓子をスタッフに配ったり、打ち上げでは共演者らにサインをして回ったりと、家政婦という役どころ通りの甲斐甲斐しい姿を見せていましたよ」(日テレ関係者)
(以上引用 週刊文春)
このときはまだ、ワガママが再発していなかったようです。
ところが、その次クールの12年1月期に『ラッキーセブン』(フジテレビ)に出演したところから、松嶋さんの態度が豹変したのだといいます。
ラッキーセブン DVD-BOX
(以下引用)
「次に出演した『ラッキーセブン』では、共演者がNGを出すと、あからさまに嫌な顔をしたり、機嫌が悪くなっていました。
そのくせ、自分がNGを出すと
『こんな言い方しないんだけど』
と、台本にケチをつける始末。

共演者の仲里依紗の態度がでかいから気に入らないのではないか?とも言われていました」(前出・フジテレビ関係者)
(以上引用 週刊文春)
当時、松嶋さんは私生活も忙しかったのだそうです。
お子さんのお受験が成功し、保護者会や学校行事が忙しかったとか。
それだけじゃなく、確かペットがトラブルを起こして訴訟に発展してたのもこの頃だったと思います。
松嶋菜々子と反町隆史にペットトラブル!同じマンションの住民を咬んで訴訟に発展!
イライラが募ってのこの態度、ということだったようですが、それだけが理由だったわけでもないようです。
(以下引用)
ワガママを助長させたのは、ギャラの高騰ですよ。
実は出産後、彼女のギャラの相場は半額まで下がっていたのです。
『ミタ』のギャラは主演で1話150万円だったそうです」(芸能プロダクション関係者)
ところが、「ミタ」の大ヒットにより、ギャラの額も復活したという。
「『ラッキーセブン』では、最初『主役格で300万円』を提示したのですが、諸事情で主役は無理だということになった。
最終的に、主役でもないのに1話250万円ということになりました。
このご時世では、破格の高値です」(前出・フジテレビ関係者)
(以上引用 週刊文春)
まあでもこれは、“お互い様”だと思いますけどね。
松嶋さんがミタでブレイクしたのを見て、フジは急きょ松嶋さんを『ラッキーセブン』にキャスティングしたと報じられています。
『家政婦のミタ』人気で急きょオファー?松嶋菜々子フジの月9に11年ぶり出演決定!
急なオファーであれば、多少足元を見られても仕方ないでしょう。
他局のドラマにもかかわらず、ミタ人気を月9に引っ張ってこようとしたフジのやり方にも問題ありますよね。
結局、『ラッキーセブン』はミタのような超絶な視聴率を稼ぎだすこともなく、普通に終了したわけで、フジのこの努力(?)がどれだけ報われたのかは疑問ですが。
現在、松嶋さんは引っ張りだこ状態とか。
現時点で、すでに来年4月クール・10月クールの日テレドラマへの出演が内定しているそうです。
そんな松嶋さん、なぜか家族の話題に妙にナーバスな態度をとっているそうで…。
(以下引用)
松嶋さんに家族の話は厳禁なんです。
育児や教育に熱心な彼女は出産してからは地方ロケのある仕事を断っていた。
でも、彼女が出演する来春公開予定の映画『藁の楯』では地方ロケばかりか海外ロケもあったので、あるスタッフが
『ご家族、心配じゃないですか?女優さんも大変ですね』
と言ったら
『何が大変なんですか?』
と真顔でブチギレ、そのスタッフとは二度と口をきかなかった
そうです」(映画関係者)
(以上引用 週刊文春)
なんでしょう、どの部分が癪にさわったんでしょうか?
そのスタッフさんの口調や態度に、何か癇に障る部分があったんでしょうか。
こういうセリフは、言い方によっていたわりの言葉にもあざけりの言葉にも聞こえてしまいますからね。
実は松嶋さん、ミタの撮影中にこんな風に報じられたことがありました。
(以下引用)
「共演者には松嶋以外の大物がいないため、松嶋を中心にドラマ収録のスケジュールが確定する。
当初は土日の収録がOKだったのが、今は基本NGなんです。
何でも子どもの学校行事を優先するためだとか。
ロケ先も都内近郊に限定され、地方などの泊まりロケは基本NG
ドラマにも子役が沢山出演しているため、収録時間は労基法で限られている。
本来は土日を使って収録をしたいんですが…。
誰とは言えませんが、一部からはかなり不平不満の声が上がっている」(同)
(以上引用 週刊実話)
※詳しくはコチラ。
松嶋菜々子のワガママ復活に不満の声!&『家政婦のミタ』最終回に市原悦子登場?
地方ロケすらNGって言ってたくせに、ちょっと売れたら海外ロケまでOKなんだ、家族いるのに。
女優さんって大変だねー(笑)
というようなニュアンスで言われたのだとしたら、松嶋さんじゃなくても激怒するんじゃないかと思います。
いえ、あくまで想像ですが。
夫の反町さんは、家事や育児に協力的とか。
(以下引用)
反町さんが娘さんと散歩したり、買い物されてる姿をよく見ますよ。
学校の行事にも参加されているようですし、たまに家族4人で仲良く出かけられる姿も拝見しますよ
」(近隣住民)
(以上引用 週刊文春)
残念ながらドラマでは最近イマイチ結果を残せていない反町さんですが、夫としては合格点、でしょうか。
仲睦まじいのはいいことですよね。
松嶋菜々子、“完璧ママ”はもうやめた!オフは自然体で“スキだらけ”のファッションに
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Uwasa
Geinou Reading
来年出演予定という日テレのドラマは、ミタの続編とかではないんでしょうか。
続編をやるだの、やらないだの、やりたいという気持ちはあるだのいろいろな説が飛び交ってましたけど。
※こんな噂も。
松嶋菜々子が家政婦のミタ続編と引き換えに反町隆史主演ドラマを要求していた!?
ミタの続編、見たいような見たくないような…微妙な感じですが、とりあえず公式発表を楽しみに待つことにしましょう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
ゴリ押し剛力彩芽の月9主演に「ゴリ押し最悪」「絶対見ない」の批判殺到!!
赤ちゃんが五月蠅い騒動のさかもと未明が警察に自首・・・「それが私の美学だから」
マナーの悪さでブラックリスト入りした芸能人!機内で男とイチャイチャするのは…
【朗報】 NHK敗訴!! 「受信料の時効は5年」と裁判所が認める
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 名無し より:

    あまりワガママ勝手を言われる俳優さんはどんなに視聴率が取れていても使わなければ良いと思います