スポンサーリンク
新着ニュース

オスカーが武井咲のゴリ押しをストップ?事務所内格付けが変動、剛力彩芽がトップに!

昨年は3クール連続で連ドラ主演を務め、CM契約数も20社近くでCM女王と言われた武井咲さん(19)。
その割には好感度ランキングで圏外になってしまったり、所属事務所オスカープロモーションのゴリ押しがひどいといわれているタレントさんの1人です。
そんな武井さん、今年はあまりゴリ押されない可能性が出てきました。
どうやら、オスカー内での格付けに驚きの変動があったようなのです。→ Ranking
武井咲「今日の一句」2013カレンダー
にほんブログ村 芸能ブログ

武井さんの所属事務所・オスカーは、もともと、ギャラを安くおさえてCMなどで露出を増やしていく戦略でタレントを売り出していきます。
上戸彩さんなどもその手法で売り出され、長い間CM女王の座に君臨していました。
その上戸さんがEXILEHIROさんと熱愛、結婚という運びになったため、上戸さんの代わりにということでオスカーが売り出してきたのが武井さんと剛力彩芽さん、忽那汐里さんでした。
ネットでは“ゴリ押し三人娘”などとも言われているほどで、露出が多い割に人気が伴っていないことも、好感度ランキングで明らかになってしまっています。
剛力彩芽 写真集 『 AYAME GOURIKI 』忽那汐里ファースト写真集 『 seven sips of water. 』
忽那汐里、武井咲、剛力彩芽「オスカーゴリ押し三人娘」誕生!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Reading
Geinou Reading

CM女王・武井咲が好感度調査で圏外… 広報担当者「驚きました」事務所「まだ2年目だから」
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Uwasa
Geinou Reading

そんな武井さんですが、昨年は3クール連続で連ドラに主演を務めました。
ところが、視聴率はどれもイマイチ…。
4月クールの『Wの悲劇』(テレ朝・木曜9時)の平均視聴率は9.1%、続く7月クールの『息もできない夏』(フジ・火曜9時)は9.8%、10月クールの『東京全力少女』(日テレ・水曜10時)は7.6%と、いずれも二桁に乗せることができなかったのです。
Wの悲劇 DVD-BOX息もできない夏 DVD-BOX東京全力少女 DVD-BOX
この結果を受けてか、どうやらオスカー内でタレントさんの格付けに変動があったようで…。

(以下引用)
「武井の所属するオスカープロモーションは、年に4回、主な所属タレントの近況を紹介したタブロイド大の二つ折りの広報紙を作成、業界向けに配布しています。
テレビ局関係者は芸能記者らはそこから、事務所が現在、どのタレントにどれほど力を注いでいるかを読み取り、キャスティングや取材の参考にするのです」(スポーツ紙デスク)

年明けには最新号が配られたばかりで、誌面のレイアウトを目にした途端、多くの関係者が息を呑んだ。

巻頭表紙には若手8人の晴れ着姿の下に、『1月期、主演ドラマ』と題して上戸彩と剛力彩芽の2人が大きく並んでいました。
肝心の武井を探すと、2~3ページの見開きに忽那汐里、米倉涼子、菊川怜らと並んで『二番手』扱いに収まっていたのです

1年前の同紙では「10代3人娘」とのタイトルで武井・剛力・忽那が表紙ページを飾っており、

「その中でも『ポスト上戸彩』と称された武井がイチ押しだったのは言うまでもありません。
現在ドラマ主演中の表紙2人に対し、武井は年末におえたばかりという事情はあっても、昨年の売り出し方を考えれば何らかの話題に引っ掛けて彼女を巻頭に持ってくるのが当然。
わずか1年で“陥落”という扱いに、我々は驚いたわけです」(民放社員)
(以上引用 週刊新潮)

上戸さんが再びオスカーのイチ押しになってしまったんですね。
上戸さん、噂では早く子どもを作って芸能界を引退したいと思ってらっしゃるそうですが、なかなか引退させてもらえそうにありませんね。

上戸彩が子作り休暇を直訴!出産後は引退して育児に専念!?

ただ、今業界では米倉さんの評価が急上昇しているそうですから、次の表紙は米倉さんという可能性もありそうです。

尾野真千子が不倫で急落、米倉涼子が急浮上!女優潜在視聴率ランキング2013

さて、事務所内格付けで降格となってしまった武井さん。
これについてオスカーに尋ねてみると…。

(以下引用)
武井を格下げしたということはありません。
今回はドラマ主演中の2人を表紙にしただけで他意はなく、今後、武井がドラマや映画に主演することがあれば、あわせて再び巻頭に載せるでしょう
」(広報担当)
(以上引用 週刊新潮)

という返事だったとか。
微妙な言い回しに聞こえなくもないですが、武井さんはとにかく、立て続けに3クール連ドラで主演を張るという殺人的なスケジュールをやっと終えたばかり。
昨年秋以降は、疲れが取れない状態が続いていたようです。

(以下引用)
カメラのないところではテンションが低くなり、喜怒哀楽に乏しく、話しかけても反応が鈍いといった状態が続いていました」(芸能ジャーナリスト)
(以上引用 週刊新潮)

※昨年秋にも報じられてましたね。
武井咲、ゴリ押しの激務で疲労困憊!寝不足のむくみで悩みの脚がさらに太くなった!?

働かされるだけ働かされ、疲れ切ってしまったエース・武井さんに代わり、オスカーはすでに新たなエース候補の売り出しをもくろんでいるのだとか。

(以下引用)
芸能関係者の話。
オスカーは昨年の『国民的美少女コンテスト』でグランプリを獲得した福岡の女子高生・吉本実憂(16)を本格的に売り出すべく、昨秋には家族ぐるみで上京させています

年明けから一気に露出に転じる戦略を組んだといい、実際に6日には一部スポーツ紙にロングインタビューが掲載された。

「『20誌以上の表紙に内定』ともあり、事務所の力の入れ具合が窺えます。
9日には早速、新作映画『アウトロー』の、主演のトム・クルーズが来日して行われたジャパンプレミアイベントで、無名ながら晴れ着でレッドカーペットを歩くという“特別待遇”を受けました」(同)
(以上引用 週刊新潮)

第13回国民的美少女コンテスト・吉本実憂の画像まとめ
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Reading
Geinou Reading

いきなり吉本さんが武井さんに取って代わるようなことはないでしょうけど、武井さんも今後が少し不安になってきましたね。
何しろ、好感度ランキング圏外という事態からも分かる通り、事務所が強引に推しすぎているため、世間の認知度がついていっていないんです。
もう少し時間をかけて、世間の認知度を考えつつ仕事をさせてあげればいいのにと思いますよね。
このやり方を続けていたら、何人プッシュしても“ポスト上戸彩”を作り出すのは難しいのではないでしょうか。
上戸さんだって何年も時間をかけてCM女王になったはずなんですから。

さて、来年の今頃、オスカーが推しているタレントさんは誰なんでしょうか。
上戸さんの後継者が無事育ち、上戸さん念願の赤ちゃんの話が現実になっているといいんですけどね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

武井咲、剛力彩芽のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
フジ「知りたがり!」打ち切り報道にロンブー淳「日本のあげ足取り文化、嘆かわしい」
河本準一がTwitter終了を宣言「個人的に楽しくなくなっちゃった」
元AKB前田敦子が変装パチスロ!?
ひみつの嵐ちゃん!打ち切りの真相…TBSとの間にある確執
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    これで、武井咲も安定するんじゃない。ごり押し過ぎると、見てる人は飽きるし。少し、次期開けてまたドラマとか出れば、みんな見るんじゃないの。可愛いから。やっぱ誰でも、毎日じゃ~やっぱ飽きるでしょ。