スポンサーリンク
新着ニュース

内野聖陽『とんび』絶好調の裏でいまだ尾を引く飲酒運転疑惑!あのスポンサーが降りていた!

現在放送中の連続ドラマ『とんび』(TBS系)で主演を務めている内野聖陽さん(44)。
初回放送で17.0%と現在のところ今期トップの視聴率を獲得し、第2話も16.1%と絶好調なのですが…。
実は、TBS日曜夜9時枠のスポンサーのうち1社が、今回に限ってスポンサーを降りてしまったといいます。
それは、10年秋に報じられた内野さんの飲酒運転疑惑がうやむやのままにされていることを問題視してのことだったとか。
そのスポンサーとは…。→ Ranking
臨場 DVD‐BOX
にほんブログ村 芸能ブログ

『とんび』の初回視聴率は17.0%、瞬間最高視聴率は19.9%と、絶好調な滑り出しとなりました。
とんびこちらは原作『とんび』
しかしこのドラマ、製作過程ではちょっとしたトラブルがあったとか。
(以下引用)
「実は、TBSは2年前に大ヒットした『JIN‐仁‐』の第3弾を企画していました。
ところが、ヒロインの綾瀬はるかさんが大河ドラマでの主演に決まり、頓挫してしまったのです。
それで泣く泣く、企画を変更したという訳ですよ」(製作過程を知る放送記者)
(以上引用 週刊新潮)
日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック
ちなみに、綾瀬さんサイドからは『JIN』の続編制作そのものにNGが出ていたようです。
理由は、『JIN』で主演していた大沢たかおさんと綾瀬さんの熱愛報道にありました。
綾瀬はるか、半月に6回大沢たかおの自宅に!厳戒態勢で真剣交際
Geinou Ranking
Geinou Reading
Ranking
Geinou Reading
(以下引用)
ホリプロは殺人的なスケジュールを作り、綾瀬にスキャンダルを起こす余裕を与えないとともに、『JIN』の続編を作りたいTBSに対し、
“スケジュール的に無理”“時代劇ばかりやる女優という色がつく”
と断り続けています。
『JIN』に出れば大沢との“熱愛報道”が再燃しかねませんが、CMギャラが1本約5000万円という女優で最高の評価を落としてまで『JIN』に出る価値はない
」(さる民放幹部)
(以上引用 週刊新潮)
TBS、『JIN』にこだわりますねぇ。
あれはもう完結編を放送したから続編は作らないんじゃありませんでしたっけ。
そもそも、仁先生が現代に帰ってきて物語を終わらせたのに、この後どうやって続編を作るつもりなんでしょうか。
続編企画、流れて正解だと思います。
とにかくTBSとしては泣く泣く変更した企画だった『とんび』。
実はこれ、まったく同じ原作を使ったドラマがすでにNHKで昨年1月に放送されていました。
業界では、二番煎じのこのドラマがなぜここまで数字を取れるのか不思議に思う声も上がっているようです。
いずれにしても、テレビ業界では数字を取ったものが勝ち。
内野さんも株を上げた形となりました。
そんな内野さんですが、過去に大きなスキャンダルが報じられたことがあります。
内野聖陽がW不倫!さらに日常的に飲酒運転をしている疑いも…!
10年9月のことでした。
当時、一路真輝さんと夫婦だった内野さん、このスキャンダルが響いてか、翌11年8月に離婚しています。
内野聖陽が離婚で仕事にやる気!一路真輝にも強力なバックアップがついたとか
今問題になっているのは、飲酒運転疑惑の方です。
これは、コンビニで発泡酒を購入し、運転席で飲んでいる姿をフライデーに激写されたものです。
内野さんは運転手が別にいたと主張していましたが、運転席で飲んでいては説得力はありませんよね。
内野聖陽飲酒運転疑惑画像はコチラ。
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Reading
この飲酒運転疑惑のせいで、11年4月期に放送が予定されていた『臨場シーズン3』が流れてしまったと報じられました。
理由は、メインスポンサーが日産自動車だったためです。
そして、今回の『とんび』。
実はこの『とんび』放送枠であるTBS日曜夜9時枠には、トヨタ自動車がスポンサーについていました。
そのトヨタ自動車が、今回に限りスポンサーを降りてしまったというのです。
(以下引用)
日産との連携プレーで、トヨタも飲酒運転疑惑の内野を簡単に許さなかった。
トヨタの豊田章男社長は、昨年5月から日本自動車工業会会長に就任。
ゆえにトヨタが世間から疑問の目で見られる行動をとるわけにはいかなかった
」(自動車ジャーナリスト)
一歩間違えれば、死亡事故を起こすかもしれない飲酒運転である。
この疑惑について内野は明言を避けており、未解決の状態であることも問題視されている
(以上引用 週刊実話)
トヨタはかつて、SMAP木村拓哉さんが2度にわたってスピード違反で摘発、免停となっていた事実が発覚したにも関わらずCMに出し続けたことがありました。
2度スピード違反のキムタクをCM起用し続けたトヨタの“自殺行為”
これが、マスコミや一部消費者団体から批判を浴びたのだそうです。
その反省を生かしての今回の措置、ということなのでしょうか。
(以下引用)
内野は飲酒疑惑の過去を消そうとして『文学座』をやめて個人事務所を設立し、スターダストプロにマネジメントをまかせるようになった。
いわば過去を切り捨てる形でイメージチェンジを図ろうとしたが、飲酒疑惑はそのまま。
この居直り姿勢をやめない限り、自動車メーカー系は内野を応援しないでしょう
」(前出・自動車ジャーナリスト)
(以上引用 週刊実話)
誰もが納得できる説明をきちんとするか、疑惑を認めて謝罪するか、とにかくけじめをつけない限り信用できないということなんでしょう。
内野さんにしてみたら、数あるスポンサーの一部が応援しないくらいは大した問題ではないのかもしれませんが、やはりけじめは大切だと思います。
決定的な写真も出てしまっており、ネットでは今でも普通に見ることができるわけですから。
もう2年以上前のことですし、謝罪や説明といっても今さらという感じですけどね。
あの時きちんと対応していれば、それ以上後を引く話ではなかったかもしれないのに、疑惑を疑惑のまま残してしまったために長く尾を引いちゃいましたね。
綾瀬はるか、半月に6回大沢たかおの自宅に!厳戒態勢で真剣交際
内野聖陽飲酒運転疑惑画像
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

綾瀬はるかのブログはこちら
【本日の気になるニュース】
AKB運営「河西“手ブラ”を児童ポルノ扱いしたら訴える」とマスコミに圧力【サイゾー】
【画像】壇蜜の足汚すぎワロタwwwwwww
日テレ人気アニメ「名探偵コナン」の主題歌に韓流グループ「BOYFRIEND」の新曲が
杏野はるなが暴言「AKBはキャバクラ」
お泊り熱愛!向井理と国仲涼子が半同棲状態!
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ