スポンサーリンク
新着ニュース

AKB48河西智美手ブラ写真騒動でAKBサイドから圧力!担当記者を出禁、スポンサー引き上げなどやりたい放題!

白人男児に胸を手で覆い隠させた“手ブラ写真”が児童ポルノに当たるのではとい疑惑が浮上し、結局写真集の発売が中止になってしまったAKB48河西智美さん。
この騒動、実はAKBサイドからメディアに圧力がかかっているようです。
『児童ポルノ』という言葉を使って報じたメディアは訴訟対象にします
という通告とともに、スポンサーの引き上げもちらつかせているとか。→ Ranking
まさか(初回生産分)(Type-B)(DVD付)
にほんブログ村 芸能ブログ

「とものこと、好き?」表紙の“手ブラ写真”で発売中止に

写真集『とものこと、好き?』の表紙としてヤングマガジンで公開される予定だった河西さんの“手ブラ写真”。
スポーツ紙などで取り上げられるやネットでも非難が拡大、結局発売元の講談社はその写真を掲載予定だった1/12発売予定のヤングマガジンを回収し、写真集の発売も延期して写真を差し替えるとしていました。
その損害は、ヤングマガジンの回収・再発行だけで3億円とも報じられていました。

講談社の損害は3億円以上!河西智美手ブラ写真集発売延期の舞台裏

ところが、延期して発売予定だった写真集も発売中止が決定。
講談社は予約の取り消しを呼びかけており、写真集は白紙に戻したうえで改めて出版を検討するという形になりました。

【AKB48】河西智美さんの写真集「とものこと、好き?」、発売中止に

手ブラ写真を強引に押したのは秋元康

(以下引用)
ヤンマガの発売延期だけでも、印刷代、広告料、購読料、編集制作費など合わせて損害は3億円以上。
発売中止になった写真集の損害も加えれば、あの手ブラ写真1枚で4億円近いカネが吹っ飛んだことになる

自業自得という声もありますが、実はヤンマガ編集部側は手ブラ写真掲載に反対していた。
それを強引に押し切ったのは、総合プロデューサーの秋元康氏だった
といわれています。
いまや青年誌のグラビアはAKBなしでは成り立たず、力関係はAKB運営側の方が完全に上。
ゴリ押しされれば、編集部側は嫌とは言えない状況です」(出版関係者)
(以上引用 メンズサイゾー)

この話、ヤンマガが発売中止になった直後に証拠画像入りで話題になってましたね。

男児の手ブラ画像は秋元康の強い意向によるものだった!
Geinou Reading
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading

編集というプロの言い分を聞かずに強引に押し切った上での発売中止。
講談社側もいろいろ言いたいことがありそうですが、なかなかそうもいかないようです。

AKBのスキャンダルは黙殺

今や芸能界の一大勢力となったAKB。
どのメディアも、AKBに気を遣いまくり、AKB関連のスキャンダルを堂々と報じるのは週刊文春のみというなんとも奇妙な状態が続いています。
これまで、週刊文春が高橋みなみさんのお母さんの逮捕を報じても、指原莉乃さんの元カレの赤裸々暴露を掲載しても、板野友美さんとEXILETAKAHIROさんとの熱愛を報じても、他のメディアはだんまりを貫きました。
高橋みなみ1stフォトブック『たかみな』 (講談社MOOK)指原莉乃1stフォトブック『さしこ』 (講談社 Mook)板野友美「TOMOMI ITANO」超特別限定版 [DVD]
AKB48高橋みなみの母親が逮捕されていた!ネット騒然!
指原莉乃の元カレがAKB48に加入後の“超肉食系”交際を赤裸々暴露!
AKB48板野友美とEXILE・TAKAHIROが熱愛!同じマンションに住み週1で焼肉デート!

そろそろAKBも下火、と言われ続けて早数年、ちっとも下火になりません。
この、AKB様々の風潮も、もうそろそろ終わるのでは、なんて噂もちらほら見ましたが、結局終わることはないようです。

AKBからの圧力「児童ポルノという言葉は使うな」

(以下引用)
手ブラ騒動は各メディアでも大きく取り上げられ、AKBと昵懇の関係だった日刊スポーツまで「児童ポルノ」という言葉を使って法令違反の可能性を指摘した。
これにAKB運営サイドが激怒し、マスコミ各社に
「この問題を取り上げるのはいいが、児童ポルノという言葉は使わないように。使ったら、訴訟対象になります」
とクギを刺した
という。

実際にAKBのスキャンダルを報じた週刊誌が訴訟を起こされた例は複数あり、この通達によって各メディアはトーンダウン
さらに某大手広告代理店を通じて、スポンサーの引き上げすらチラつかせてくるという。
のみならず、担当記者を出入り禁止にするという措置にまで事態は発展している。

手ブラ騒動を報じた某スポーツ紙のAKB担当記者が、イベントや会見の取材で出入り禁止になったんです。
同紙の記事も手ブラ写真が『児童ポルノ』に該当する可能性を指摘したものでした。
この出禁措置は他紙の記者に対して『児童ポルノ扱いしたら君たちも出入り禁止になるよ』という圧力を掛けるためのもの。
AKB一人勝ちのご時世で彼女たちを取材できなくなったら記者として死活問題ですから、みんな戦々恐々
ですよ」(週刊誌記者)
(以上引用 メンズサイゾー

その一方で、AKBの関連書籍の出版や接待攻勢などで特定の出版社を抱き込んでいるという話もあるとか。
まさに“アメとムチ”です。

やれやれですね。
この不自然な状態、いつまで続くのでしょうか。
そんなにAKBって人気あるんですか?
もうそろそろいいんじゃないでしょうか、メディアのみなさんも。
取材できなくなったら困るって、そんな圧力かけられるくらいだったら、メディアが足並みをそろえて一斉に取材しなくなったらいいじゃないですか。
メディアとタレントは、持ちつ持たれつの関係のはずです。
いくら一世を風靡しているAKBだって、報じられなくなったらあっという間に忘れ去られちゃいますよ。
いい加減、メディアのみなさんもAKBに手のひらの上で踊らされるの止めませんか…?

男児の手ブラ画像は秋元康の強い意向によるものだった!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

河西智美のブログはこちら

【本日の気になるニュース】
ハゲは中居正広や堂本光一だけじゃないっ!山下智久に二宮和也、櫻井翔、松本潤、亀梨和也…止まらないジャニーズの薄毛化
黒木メイサ、産後4ヶ月で復帰&ミニドレス姿を披露!←あれっ、太った?
西川史子、離婚秒読みで情緒不安定に?
小雪が韓国で出産した本当の理由
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

コメント

  1. 匿名 より:

    管理人コメントの締め括りの部分に激しく同意。まあ、紙や電波のメディアを操ったところで、ネット時代の大衆が皆騙されるはずはないけどね。

  2. 匿名 より:

    AKBって歌は口パクだし、たまに生歌の時あるけどとても人前で歌っていいレベルじゃない。
    写真集のこいつに関しては仕事を逃げ出す最低なやつ。
    そもそもこいつ不細工でしょ?
    雑誌媒体が足踏みを合わせてAKB使わなくなればいいんじゃないのかな?
    握手券システムがなけりゃ1万枚も売れなさそうな奴らなんてさっさと消えてしまいなさい。

  3. AKBは最初楽しかった。 より:

    アイドル=清純派というイメージあるのだがAKB
    に限ってはあてはまらない。
    清純とまでいかなくとも、人からあこがれる立場なら素行には気をつけ自重してもらいたい。
    テブラ写真についてはなんの芸術性もないただのエロ写真にしか見えない。
    テーマも背景もわからない。