スポンサーリンク
新着ニュース

上原さくらの暴言肉声テープの内容を青山光司氏が暴露!

上原さくらさん(35)の自殺未遂騒動を週刊文春が報じたことに端を発した、上原さんと夫である会社経営者の青山光司氏(40)の泥沼離婚騒動。
上原さんが夫の巨額脱税疑惑と、母親とともに「タカり屋!」などとなじられたことを暴露すると、青山氏はそれを全否定し、逆に上原さんから暴言や暴力を受けていたことを暴露。
証拠があるとして離婚訴訟も辞さない覚悟であることを明かしました。

その、“証拠”のひとつが、上原さんの暴言を録音した“肉声テープ”だったことを今日発売のフライデーが報じています。
一方、上原さんは夫を自宅侵入で110番通報していたことが女性セブンで報じられています。
これは、高嶋政伸さん&美元さんの泥沼離婚劇以上の泥沼になりそうな雰囲気です。→ Ranking

カラコン 2week 度あり カラパラ ベルタ 上原さくら DIA14.1mm BC8.7 1箱6枚入り

 

にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
昨年秋には青山さんが上原さんと住んでいた家を出る形で別居となり、青山さんは代理人を立て離婚に向けた協議へと動き始めました。
でも上原さんは精神的疾患を理由に協議に応じようとしていない状態
なんです」(夫妻の知人)
(以上引用 女性セブン)

上原さんは自殺未遂騒動を繰り返し、失声症になるほど体調を崩して現在療養中と伝えられています。
ただ、青山氏は、上原さんが過去に自殺未遂騒動を引き起こしたのは一度や二度ではなく、全て自作自演だと話しています。

(以下引用)
「別居した直後の、昨年10月のことです。
上原から『もう死にたい』という、自殺をほのめかすようなメールが届きました。
私が会社の社員とともに彼女の部屋に行くと、ベッドにビニール袋を頭からかぶった上原が横になっている。
傍らには、空になった睡眠薬のケースがありました

上原は意識を失っているようなので社員に救急車を呼ぶよう指示すると、彼女は急に意識が回復したのか
『呼ばないで!』
と叫ぶ。
私は
『もう自殺を考えるようなことは止めてくれ』
と諭し、彼女の母親にも報告しようとすると、それも拒みます。
結局、彼女自ら母親に連絡しましたが、自殺未遂には一言も触れず、私にムリヤリ電話させられたと不満を述べるばかり」
(以上引用 フライデー)

さすがにこれは自演の香りがプンプンしますね。
死ぬ気で睡眠薬を大量に飲んだのだとしたら、そう簡単に意識が回復するとは思えません。
現在の療養のきっかけとなった自殺未遂騒動は、この1か月後、昨年11月の話だと報じられています。
そちらの自殺未遂も、なんとなく腑に落ちない感じでしたよね。

自殺未遂の上原さくらの遺書メールに夫・青山光司社長が反論!正反対の主張、泥沼離婚劇に発展か

青山氏は、離婚について、訴訟も辞さないし全て証拠があると話していました。
その証拠というのが、どうやら上原さんの暴言の肉声テープだったようなのです。
フライデーには、その一部が掲載されています。

(以下引用)
私の殺意は、彼に伝わってるんだと思うよ。本気の殺意がね。
お風呂に入るだけなのに、私が近くを通るとビクッとするんだもん。

ハハハ。笑っちゃう。
この人を完全犯罪で殺したいと、マジで思う。
崖とかに2人で行くチャンスがあれば、後ろから突き落としちゃうかも。
でも家の中じゃ、難しいかなぁ……。
逮捕されるのはイヤだし。
バットやゴルフクラブで殴って、死ななくても立たせなくすることはできるけど。
A(上原と過去に肉体関係のあった外国人男性)に頼めば、殺してくれるだろうなぁ。
一生Aには頭が上がらなくなっちゃうかな>
(中略)
<10年ぐらい我慢して生活する作戦もあるよねぇ。
10年の間に、あの人も何かしら不動産とか買うでしょ。
その間に、彼が自然と死んでくれるかもしれないし。
彼が死ねば、その権利の半分は私のもの。
財産分与だけでもかなりの額になるよね。でしょ!?

5億円ぐらいのものを、上手く買わせられないかなぁ。
死んでくれなくても、10年間も“いい奥さん”を演じていれば、慰謝料は今よりももっともらえると思うの。
テレビ局の人の前ではご機嫌をとり、“いい夫婦”を演じていればいいじゃない。
45歳なら、リスタートしてもまだいける。
私は、けっこうしたたかなオンナだからね。ハハハ……>
(以上引用 フライデー)

上原さくらの恋愛(離婚)遍歴
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Reading
Geinou Reading

これは、昨年10月に上原さんが青山氏の秘書に離婚について相談した際のテープなのだそうです。
昨年10月といえば、上記睡眠薬自殺騒動があったのと同じ月ですよね。
そして、青山氏が家を出たのもこの月。
暴言の中に、“私が近くを通ると~”というのがありますので、これはおそらく別居前ですよね。
となると、暴言を録音⇒別居⇒睡眠薬自殺未遂騒動、という流れになりますね。

しかし、自分の身内や友人ならともかく、上原さんはどうして青山氏の秘書にこんな赤裸々な話をしたんでしょうね。
録音されていることまではわからないにしても、夫に筒抜けになることくらいはわかりそうなものです。
また、“私の殺意は、彼に伝わってる”とまで言っているのに、慰謝料をもらうつもりでいることもちょっとおかしいですよね。
青山氏が、上原さんがそばを通るだけでビクッとしていたとするなら、そこまで青山氏が上原さんを警戒するだけの何かがそれまでにたくさん起こっていたはずなのに、自分が慰謝料を払う立場になりかねないことがまったく分かっていないようです。
なんとなく、青山氏か、秘書の独断かはわかりませんが、上原さんに計略を仕掛けてしゃべらせた、という感じがしますよね。
きっちり録音が残っていることも考えると、ますますそう思えます。
まあ、普段から上原さんの言動がおかしかったからこそ、青山氏もそんな仕掛けをせざるを得なかったのでしょうけどね。

ともかく、こんな証拠が残っていては上原さんは断然不利になるでしょう。
さらに、この1月下旬にはこんな騒動も起こっていたとか。

(以下引用)
上原さんが留守の間に、青山さんが自宅に行ったんです。
金庫に置いたままにしてきた現金や高級腕時計を返してもらおうと思ったみたいなんですね。
でも、金庫が置いてある上原さんの部屋に鍵がかかっていて中に入れなかったそうなんです。
それで青山さんは鍵を壊して上原さんの自室に入ったみたいなんです。
上原さんは帰宅してびっくりですよ。
部屋のカギは壊されてるし、金庫はからっぽだし。
犯人は青山さんだと確信し、110番通報したそうです」(ふたりを知る芸能関係者)

この件について、青山氏は代理人を通じてこうコメントした。

「確かに彼女の通報で警察が自宅に入りました。
でも部屋の鍵は最初から壊れていたし、金庫は夫婦共有のもの。
しかも持ち帰ったのは200万円ほどの自分の時計
です。
むしろ、本来そこにあるべきだった700万円のディオールのブローチ、それに2300万円のパティック フィリップの時計がなくなっていたことが問題ですよ。
彼女に返すよう求めていますが、聞き入れてもらえないので、訴訟を視野に入れています
(以上引用 女性セブン)

何から何まで上原さん不利に思えますね。
これ、離婚について訴訟になった場合、本当に上原さん側が慰謝料を払わなければならない事態になりかねないのではないでしょうか。
青山氏が握っている証拠は、おそらくこの肉声テープだけではないでしょうしね。
週刊文春の報道が上原さんのターンなら、先週のフライデーから今日発売のフライデーまでが青山氏のターン。
とすると、上原さんからまた何らかの反撃報道が出てくる可能性もありますね。
今後の展開、目が離せません。

上原さくらの恋愛(離婚)遍歴

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

上原さくらのブログはこちら
【本日の気になるニュース】
AKB柏木由紀、ブログ更新するも合コン報道には一切触れず
【悲報】柏木由紀オタが死にそう
【週間視聴率トップ30】20%台 3週連続でゼロ 1/28~2/3…ランキングを始めて十数年になるが、初めての事態だ – ライブドアブログ
熱愛封じ!山岸舞彩の日テレ「NEWS ZERO」移籍決定で櫻井翔にマネージャー増員計画
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    さくらたん、その男がたくさん、お金を持ってるから結婚したのに、なんで自ら二人の仲をぶち壊しちゃうんだろう、不思議。