スポンサーリンク
新着ニュース

大塚範一キャスター、本来は退院も無理だった!早すぎる復帰の理由は多額の治療費だった…

4月からスタートする新番組でメインキャスターを務めるはずだった大塚範一キャスター(64)の、まさかの白血病再発報道には驚かれた方も多かったことでしょう。
実は、大塚さんが入院していた病院では、本当は退院もさせたくなかったのだといいます。
それでも退院した大塚さんが、さらに早々にテレビ復帰を決めたのには理由がありました。
思った以上にかかった入院費と、これからの治療費…お金のためだったのです。→ Geinou Ranking
知ってなおす3マンカ゛ 白血病 (知ってなおすシリーズ)けっして治らない病気ではないのですが…。
にほんブログ村 芸能ブログ

3月16日、フジテレビから、大塚さんが急性リンパ性白血病を再発し再入院することが発表されました。
その1カ月半前、2月4日には1年3か月ぶりに『めざましテレビ』(フジテレビ)に出演し、ジョギング姿や加藤綾子アナと元気に食事する姿などが放送されていたのですが…。
このとき、大塚さんはこんな話をしていました。
(以下引用)
実を言うと、再発の恐れはあるわけです。
4~5年たたないと完全に治ったとはいわない…。
でも、こうやって仕事を始めることで、少しずつ生活のリズムをつけていこうかなと

(以上引用 女性セブン)
しかし、ここに来て再発が発覚、新番組『アゲるテレビ』への出演も見合せということになってしまいました。
大塚範一アナ「新番組直前にこのようなことになり、誠に残念です。闘争心を奮い起こし、治療を続けて再起を目指します」
大塚さんの“急性リンパ性白血病”というのは、成人の場合60%~80%の割合で完全寛解、つまり白血病細胞がほぼ消失した状態まで治るものの、長期生存率が15%~35%しかない、とWikipediaに書かれていました。
今回の女性セブンには、“5年生存率は25~40%”と書かれています。
つまり、治らないわけではありませんが、再発が非常に多い病気であるようなのです。
そして、その治療は非常に辛いものだといいます。
大塚さんの場合は…。
(以下引用)
抗がん剤の副作用で髪も眉も抜けて、顔はパンパンに膨らんだ。
無菌室でビニールの帽子をかぶり、起きることすらできない日々が続いた。
さらに複数の感染症に襲われ、当初の予定より2か月遅れの同年(12年)10月に、ようやく退院となった。

だが、病院側は退院にあまり積極的ではなかったという。
再発もしやすい病気ですし、病院外では感染症の危険も増すので、病院としては、できれば退院させたくなかったそうです。
ですが、退院が延期になって落ち込む大塚さんを見て、
“そのストレスが快復の妨げになっているのではないか”
と判断して、退院を決めたようです
」(医療関係者)
(以上引用 女性セブン)
※昨年4月頃には、大塚さんの病状についてこんな風に報じられていました。
大塚範一キャスターは今…高島彩も息をのんだ“本当の病状”
やはり、大変な闘病生活だったんですね。
大塚さんは奥さんもいらっしゃらないですし、退院後の生活がどうなるかわからない、そういった部分も病院側が退院させたくなかった理由の一つだったかもしれません。
※退院後の食生活、乱れてたようで…。
大塚範一、外食三昧だった!白血病再発で復帰白紙の裏に「ひとり身の孤独」ゆえの焦り
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
しかし、ストレスが白血病の一因であるという説もあるそうで、病院も難しい判断だったんでしょうね。
※ストレスと白血病の因果関係とは…?
芸能人に白血病が多すぎる!その理由は電磁波とストレス?
退院後、早々に仕事復帰を決めた大塚さん。
確かに仕事をしていれば生きる活力が見いだせるかもしれませんが、その分ストレスも多くかかります。
すでに、新番組で共演予定だった西尾由佳理アナとの不協和音が報じられてもいました。
西尾由佳理、新番組の事前打合せで大塚範一と大ゲンカ!スタッフとも険悪状態とか
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
仕事をすればストレスも多くなる、そんなことはよくわかっていたはずの大塚さんが、それでも早期復帰を望んだのには理由がありました。
(以下引用)
入院費が思っていた以上にかかったんです。
これからの治療費も必要ですし、休み続けるわけにはいかなかった。
フジテレビは大塚さんの健康面を考慮し、新番組には当初、週に2日程度の出演を予定してましたが、大塚さんから“毎日出たい”という申し出があったそうです」(フジテレビ関係者)
(以上引用 女性セブン)
大塚さんは独り身ですから、お金も自分でなんとかするしかないんですもんね…。
もちろん、お金のためだけという訳ではなく、やりたいという気持ちも強かったのだろうと思いますけど。
結局、退院してわずか5カ月で再発、ということになってしまった大塚さん。
九州大学医学部の杉町圭蔵名誉教授は、大塚さんの再発についてこう語っています。
(以下引用)
退院して5カ月での再発は早いですね。
復帰番組ということで、大塚さんには、相当なプレッシャーがあったんだと思います。
それがストレスとなって、体に負担をかけ、再発を早めた可能性は否定できません

(以上引用 女性セブン)
再発の診断を受けた大塚さんは、すぐにフジテレビに連絡したのだそうです。
しかし…。
(以下引用)
ショックのあまり声が震え、うまくしゃべれなかったという。
“私の降板の判断はお任せします”。
それだけはしっかりと伝えた
そうです。
迷惑をかけてしまって申し訳ないという思いがあったんでしょう。
“生死の狭間”を意識せざるを得ない状況にもかかわらず、自分のことよりも番組のことを心配する大塚さんに、スタッフはみんな胸を熱くしていました」(前出・フジテレビ関係者)
(以上引用 女性セブン)
これから再び白血病との闘いに戻る大塚さん。
骨髄移植ができると回復する可能性が高まるそうですが、大塚さんは64歳と高齢です。
さらに、高い確率で移植ができる親族は3人の姉のみとなり、こちらもご高齢。
骨髄移植は全身麻酔のため、高齢者からの提供は難しいのだそうです。
さらに、移植を受ける方も、骨髄移植を受ける前に患者の骨髄をいったんすべて破壊するそうなのですが、60歳以上の患者さんの場合その治療に体力的に耐えられないことが多いとか。
しかし、方法がないわけではなく、骨髄を破壊せずに移植する“ミニ移植”という方法もあるそうで、完治できる可能性はあると思います。
厳しい闘いだろうと思いますが、次も闘いに勝って、元気な姿でテレビに戻ってきてもらいたいですね。
大塚範一、外食三昧だった!白血病再発で復帰白紙の裏に「ひとり身の孤独」ゆえの焦り
西尾由佳理、新番組の事前打合せで大塚範一と大ゲンカ!スタッフとも険悪状態とか
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
【悲報】あの山下智久がとうとう落ち目に・・・
【画像あり】元AKB48平嶋夏海が肥大化しすぎてヤバいwwwww
仲里依紗の略奪妊娠に中尾明慶の元婚約者・秋定麻紀子が意味深ツイート「でき婚ね~。複雑」「ある意味、4月が楽しみ」
島田紳助の引退で一緒に消えた戦隊ヒロインの今
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

コメント

  1. 匿名 より:

    大塚さん
    生きる力をありがとう。