スポンサーリンク
新着ニュース

過激すぎる『みんな!エスパーだよ!』が地上波で放送できた理由

過激なシーンや言動が話題となった深夜ドラマ『みんな!エスパーだよ!』が、業界でも話題なのだそうです。
テレビの限界に挑戦するかのようなお色気シーン連発だったあのドラマ、本来なら地上波で放送することは難しいとか。
なぜ、深夜枠とはいえ地上波で放送することができたのか、そこには通常のドラマとは異なる制作システムがありました。→ Geinou Ranking
みんな!  エスパーだよ!  Blu-ray BOX(5枚組)DVD&ブルーレイの発売が決定しています。
にほんブログ村 芸能ブログ

業界でも話題のドラマ、『みんな!エスパーだよ!』の視聴率推移を見てみましょう。
第1話(4/12) *2.7%
第2話(4/19) *4.2%
第3話(4/26) *3.0%
第4話(5/3) *3.0%
第5話(5/10) *3.3%
第6話(5/24) *2.8%
第7話(5/31) *2.8%
第8話(6/7) *2.8%
第9話(6/14) *2.5%
第10話(6/21) *3.1%
第11話(6/28) *1.5%
(データ引用 ◆テレビドラマ 視聴率 その他 気になる芸能データ◆
24時台の深夜枠ドラマとしては良い数字ですが、目立って良い、というわけでもない数字だそうです。
ではなぜ注目されているかといえば、「テレビの限界スレスレのお色気」シーンのせいです。
(以下引用)
「ヒロインの夏帆真野恵里菜のパンチラは毎回のお約束。
大人のオモチャもふんだんに登場します。
ここまで過激なものは、本来なら地上波ドラマでは不可能です」(ある制作会社プロデューサー)
(以上引用 週刊現代)
夏帆写真集 帆風だより2006-2011 (玄光社MOOK CM NOW別冊)真野恵里菜 UP TO DATE [DVD]
ネットでもその過激さが話題になってましたね、このドラマ。
【みんな!エスパーだよ 第6話】正直夏帆がここまでやってくれるとは…感謝【染谷将太】
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
確かにここまでやるドラマは珍しいですよね。
本来なら放送不可能というのも分かる気がします。
ではなぜ、放送することができたのでしょうか。
それは、通常のドラマと異なる制作システムに秘密があるといいます。
(以下引用)
民放地上波には珍しく、映画のような『製作委員会』方式を採用しているのです。
局や広告代理店が製作委員会を作って番組を制作し、DVDなどで資金を回収する。
通常のテレビ番組のようにスポンサーに配慮する必要がないので、自由な番組作りができる
」(放送ジャーナリスト)
メリットは他にもある。
『クール』制度に縛られないのも特徴です。
『エスパー』の放送機関が4月~7月と通常より長いのも、スポンサーが口をはさまないから。
制作側は最適な話数でドラマを作ることができるんです」(同前)
(以上引用 週刊現代)
製作委員会方式の詳しい説明がWikipediaにありました。
(以下引用)
主導権を持つ幹事会社が複数の会社に対し出資を募り資金リスクを分散する一方、利益が出た場合はこれを出資比率に準じて分配する。
スポンサー企業にとっては1作品への投資を減らすことができるため、1社がより多くの作品に関与することが可能となり、制作プロダクションとしては映画製作費の調達を容易にもできる。
出資スポンサーとしては、キー局をはじめとする放送局・映画会社・制作プロダクション・広告代理店・商社・出版社・新聞社・レコード会社・ビデオソフト制作会社・芸能事務所・玩具メーカー・インターネット各種関連会社などが挙げられる。
これらの会社が参加する最大の目的は一つの作品における各種権利ビジネスを行うためである。
テレビ放映・劇場上映・海外展開・ネット配信・ビデオソフト・関連書籍の出版・キャラクター版権など、一つの作品について場合によっては数百単位の権利が発生する。
出資することによって企業は作品の各種権利の独占使用権を得て取得した権利をフル活用してビジネスを行い、同時に作品の売上向上をも図ることとなる。
(以上引用 Wikipedia
最近の連ドラは、長くても全11回くらいで終わるものが多いなか、『エスパー』は全12回で放送されました。
この製作委員会方式で作られたものは、視聴率が悪いから打ち切り、ということもないんですね。
視聴者の反応で台本をコロコロ変えたりということもしなくていいんでしょうし、なんだかいいことずくめに見えます。
こんな風に製作委員会方式にすれば自由に作れるというなら、他のドラマもどんどんやったらいいのにと思いますが、事はそんなに単純でもないんでしょうね。
ちなみに、『エスパー』の後、同枠で7月12日にスタートする、桜庭ななみさん主演の『リミット』も、公式サイトを見ると『リミット』製作委員会と書かれています。
前に放送されていた『まほろ駅前番外地』、その前の『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』、『マジすか学園3』など、この枠のドラマは全て製作委員会方式になっているようですね。
つまり、DVDが売れないと採算が取れない、ということになるのでしょうか。
だからヨシヒコシリーズは「予算の少ない冒険活劇」と銘打っていた、ということなんでしょうか。
ちょっと面白いですね。
テレビ東京は、もともとキー局の中ではちょっと変わったテレビ局として知られています。
TBSや、最近ではフジテレビが『振り向けばテレ東』などと揶揄されていると言われますが、つまりテレ東の視聴率はキー局の中では一番下。
だからこそできること、というものがあるということなんでしょうね。
これからもその方針を貫いてほしいですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

真野恵里菜、夏帆のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
【画像】矢口真里を都内自宅で目撃 間男も同伴
フジ株主「『韓流押し』が視聴率低下につながっている」→副社長「ニーズがあるから放送してきた。低迷と韓流は無関係」
松本潤の「富士山に登ってみたい」発言に日本テレビが大慌て!「24時間テレビ」での実現は?
フジ・アゲるテレビに他局が一斉大ブーイング!解禁前の情報フライングするも視聴率は惨敗
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    むしろ殆どテレ東しかみてないぞ?
    モヤさまとポケモンと深夜ドラマ枠毎週みてるわ

  2. 匿名 より:

    今じゃフジテレビのが落ち目だろうに。

  3. 匿名 より:

    同じテレ東系で放送してる「牙狼」はもっとエロいよ
    全裸の女性が出てきたから
    下半身は映像処理されて見えなかったけど

  4. 匿名 より:

    クッダラネェーと思いつつ風変わりで目を引いた、後続の「ヴァンパイア・ヘヴン」と共に。クール制でないと言ってもズレは1週だけだけど…。真野は以前に不良役はあったが、モロスカートまくられ等のエロ系は新境地かな?脱いだ訳じゃないし大したインパクトじゃないけど。