スポンサーリンク
新着ニュース

堺雅人は芸能界のイチロー?20年来の盟友が明かした意外な素顔

現在出演中の連続ドラマ『半沢直樹』(TBS系)が大ヒット中の堺雅人さん(39)。
今年4月には、映画『大奥』で共演した菅野美穂さん(35)と電撃結婚して話題となりましたが、その素顔についてはあまり知られていません。
そんな堺さんの20年来の盟友が、知られざる堺さんの素顔を明かしました
彼によると、堺さんの素顔は野球のイチローさん(39)とイメージが重なる部分が多いのだとか。→ Geinou Ranking

大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]<男女逆転>【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]


にほんブログ村 芸能ブログ

『半沢直樹』、とにかく好調ですね。
初回に視聴率19%を超えたこともすごいですが、第2話でさらに上げて20%超えを果たしたのには驚きました。
連ドラで、2話目に視聴率が上がることってめったにないですからね。
ドラマ「半沢直樹」が21.8%!堺雅人主演作が第2話で20%超!
今期の連ドラもおおむねスタートし、週刊誌各誌で連ドラ批評が掲載されていますが、そこでも大絶賛。
ネットでの評判も上々ですし、今後も好調に推移していくことが予想されます。
そんな『半沢直樹』のヒットについて、同ドラマのプロデューサー・伊與田英徳氏がこう話しています。
(以下引用)
日曜の夜に爽快感を感じたい人に見ていただけたからだと思います。
半沢の『悪いヤツを追い詰めるダークな面』と『家庭や職場の部下に見せる優しい面』の両面を演じられるのは堺さんしかいないと思いお願いしましたが、これ以上ない半沢になっていると思います」
(以上引用 アサヒ芸能)
ちなみに、辛口批評で知られる今井舞氏は、週刊文春の連ドラ批評でこう語っています。
(いうか引用)
ケツの青いイケメン俳優は一切除外。
出てくるのは、実力派のオッサン俳優ばかり。

眉の上げ下げひとつで感情を表現しながら、相手のハラの内を探り合い、邪魔し、出し抜き、操り、立ち回る。
海千山千の登場人物たちが、それぞれの権謀術数を披露し丁々発止。
それを陰で支える女の世界でも戦いが。
そして主人公は、己の信念を曲げず、上の理不尽に耐え、仲間の友情に助けられたりしながら、内外の敵と戦い続ける。
……これ、完全に、昔の大河ドラマの構図である。
NHKが、若者層に媚を売るかのように、ケツの青い人気者たちに次々と役を与えるようになって、腹にイチモツある曲者たちが跋扈するという、あの大河の醍醐味はすっかり消え失せてしまった。
しかし、日曜の夜、楽しむべきドラマを失ったオヤジたちの元へ、形と曲を変え、大河が帰ってきたのである。
(以上引用 週刊文春)
とにかく実力派を揃えたことが功を奏しているという分析のようです。
そんな『半沢直樹』で主演を務める堺雅人さんですが、元々は舞台俳優さんです。
早稲田大学入学後、92年に劇団『東京オレンジ』の旗揚げに参加したのが役者としてのスタートだったとか。
この劇団の旗揚げ時から堺さんと20年来の盟友という『東京オレンジ』主宰・横山仁一氏が、堺さんの素顔について語りました。
(以下引用)
野球のイチロー(39)とイメージが重なります。
とにかくその道が好きで己の技術を向上させるためなら、あらゆる努力をする。

旗揚げした当初から、例えば新しいことをやると
『まず僕にやらせてください!』
と、必ず1番で手をあげる。

即興劇の練習をやっていると、呼んでもいないのに入ってくる(笑)。
そのくせ、仲間や先輩たちに飲みに誘われても、
『飲んで演技がうまくなるわけじゃない』
と、ほとんど参加しない。
超の付くストイックぶりで有名
でした」
(以上引用 週刊文春)
そんな努力が実り、劇団で才能が磨かれ、“早稲田のプリンス”と呼ばれるようになったという堺さん。
公演では、女性ファンが長蛇の列を作っていたそうです。
普段はオーラゼロ?な堺雅人オフショット【画像】
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
その後大学を中退して現在の事務所に入った堺さんは、テレビや映画の世界に進出します。
(以下引用)
彼は取材をして時間をかけ、役を完全に作り上げていく
新聞記者役を演じた08年の映画『クライマーズ・ハイ』の時には、『新聞記者は徹夜で仕事した後に焼き肉を食べて寝る』という話を聞き、実際に連日朝方まで仕事して焼き肉を食べるという生活をしていました。

クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [ 堤真一 ]


09年の映画『南極料理人』では、南極基地に派遣された健康的な料理人の役だったため、好きだったタバコをやめる徹底ぶり。

南極料理人 [ 堺雅人 ]


とにかく、堺は“何となく”や“こんな感じ”を嫌う。
役を演じるに当たっても、
『本当の自分なんて信頼していない』
が口癖。
『自分を消してこそ役が完全に生きる』
というイメージ
でしょうか」(前出・横山氏)
(以上引用 アサヒ芸能)
アサヒ芸能さんはこの記事に、“妻・菅野美穂も知らない『変人素顔』”というタイトルをつけてらっしゃるんですが、変人というよりものすごく真面目な方なんだなという印象です。
演技に対して妥協を許さず、できうる限りの努力を惜しまない。
すごい人です。
※変人俳優といえばこんな方々が。
変人俳優たちのおもしろエピソード
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
今回の『半沢直樹』でも、徹底した役作りをされたのでしょうね。
第2話で20%を超えた視聴率を今後も維持していけるのか、注目ですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
「松嶋菜々子とW主演」にキレた江口洋介。鉄板のはずの『救命病棟24時』視聴率不振のワケ
消えたツアー日程、加速するバラ売り路線…グループとして開店休業状態のKAT-TUNの今後はどうなる?
【水10対決】満島ひかりの演技がウマ過ぎる!と好評の『Woman』が13.9%、AKB出演の『ショムニ』は9.9%で一ケタ台に…
高橋由美子(39)「アイドルは辞めたわけではありません」
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース