スポンサーリンク
新着ニュース

土屋アンナの舞台ドタキャン騒動、製作側が原作者に無許可で舞台化していたことが判明!

土屋アンナさん(29)の初主演舞台『誓い~奇跡のシンガー~』が、29日に急遽中止となりました。
舞台製作側と土屋さんサイドで主張が食い違っていましたが、原作者である濱田朝美さんがブログで真実を告白しました。
どうやら、製作側が濱田さんにきちんと許可を取らずに舞台化していた模様です。
土屋さんの言い分が全面的に正しかったんですね。→ Geinou Ranking
Voyagers version ANNA
にほんブログ村 芸能ブログ

今回の騒動は、まず製作側が舞台の公式HPにこんな文章を掲載したところから始まりました。
(以下引用)
公演中止のお詫びとお知らせ
当社は,土屋アンナ氏の舞台初主演公演「誓い奇跡のシンガー」(本年8月6日~9日東京公演,8月16日~18日大阪公演)を企画,準備してまいりましたが,主役の土屋アンナ氏が公的にも私的にも何らの正当な理由なく無断で舞台稽古に参加せず(参加予定の稽古(本番直前の通し稽古を除く)8回中最初の2回のみ参加し,その後すべて不参加),専らそのことが原因で同公演を開催することができなくなりました。
本公演を楽しみにし,さらにはすでにチケットを購入してくださったお客様,関係者の皆様には,多大なご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。
心からお詫び申し上げますとともに,購入されたチケットは本日以降払い戻しをさせていただきます。
今後,当社としましては,土屋アンナ氏に社会人としての責任をお取りいただくべく,損害賠償訴訟を含む断固たる措置を講じる所存です
平成25年7月29日
株式会社タクト代表取締役 甲斐智陽 こと 髙橋茂
(以上引用 誓い~奇跡のシンガー~公式サイト)
これに、土屋さんサイドが即日反論。
(以下引用)
舞台「誓い~奇跡のシンガー」の原作は原因不明の病気と闘いながら歌手活動を続ける浜田朝美さんのベストセラー自伝「日本一ヘタな歌手」。
日本一ヘタな歌手
今年5月には、土屋も出席した制作発表も行われていたが、7月16日に浜田さんから
「台本も見ておらず、内容が分からない」
という手紙を受け取り、浜田さんが舞台化を承諾していないことを知った
という。
これを受けて制作側に
「浜田さんときちんと話をした上で承諾を得たという回答がほしい」
と申し出た。
さらに回答がない段階で稽古に参加はできないと制作側に伝えた上で、稽古をボイコットした
という。
制作側は、土屋が無断で稽古を休んだとしているが、土屋側はこれを否定。
本日、一方的に公演中止の決定と損害賠償請求の書面が届き、事実無根の内容にただただ困惑しております
としている。
浜田さんのもとに台本が届いたのも数日前のことだという。関係者は
「浜田さんの戸惑いや思いを考えると、稽古に参加することはできなかった」
としている。
(以上引用 日刊スポーツ)
真っ向からすれ違う両者の主張に、ネットでも困惑の声が聞かれましたが、昨晩遅く、原作者の濱田さんがブログを更新、真実を語っています。
それによると、どうやら土屋さんの主張が正しかったようです。
(以下引用)
実は、最初の段階でこの舞台の話に関して、私は制作者側から全く許可を取られていませんでした
私が舞台の存在を知ったのは、友人からネットに出ていたよ!というメールが来たのがきっかけでした。
その知らせに、慌ててネット検索してみた時には、もう舞台の記者会見の一週間前でした。
その時、私は何が起こっているのか全く把握できず、ただただ驚きました。
何日か後に、こちらから連絡を取り、本の出版社の元担当と舞台の監督に会う事が出来、事情を説明して頂きました。
すると、既に私から舞台化の許可を取ったと言われ、詳細の説明や正式な謝罪もありませんでした。
ですが、許可を取ったという内容を聞いていると、常識ではあり得ないものでした。
一年半ほど前に、私が多摩センターで路上ライブをしていた時
元担当が私の元に監督を連れて来て、”今後何か協力して下さるかもしれないから、ご挨拶して。”と言いました。
私はただ、自己紹介と今後何かありましたらよろしくお願いします。と言いました。
その事を、許可を取ったと言っている
ようでした。
(以上引用 濱田朝美オフィシャルブログ)
これが本当なら、まったく許可を取っているとは思えない内容です。
この元担当と監督は、業界ではこれで許可を取っていることになるのだと主張し、さらに抗議する濱田さんに対し、監督が
そんなに許可と言うのなら、別に貴女でなくとも、障がい者はたくさん世の中にいる。違う人に頼んでも良いんだよ!
と話したとか。
ひどい言いぐさです。
それでもなんとか、近いうちに台本を見せます、という話になったそうなのですが、1か月以上たっても台本は届かず、代わりに7月16日のプレミアムライブ「舞台の成功をみんなで祝うパーティー」の案内が届いたのだとか。
実はこれ、ネットで不思議だという声が出ていたんですよね。
原作者は許可をしていないのになぜパーティーに出ていたのだろう、と。
真相は、こういうことだったようです。
(以下引用)
許可もしていないのにそんな案内が届いた事に、とても不愉快な気持ちでした。
しかし、それに行けば監督に会えると思い、参加する事にしました。
ですが、パーティーでは監督とは話をする事は出来ませんでした。
でもそこで、主演の土屋アンナさんにお会いする事が出来ました。
土屋さんはとても親しくしてくださり、“舞台の台本を見ましたか?貴女は本当にこの内容で許可を出したの?“と聞いてくださいました。
私はそこで今までの経緯をお話しし、舞台に関して困惑している事を打ち明けたところ、土屋さんも共感して下さり、協力して下さる事になりました。
そして、何も出来ない私の代わりに、監督に”濱田さんが納得出来るものにしてください。”と掛け合ってくださったのです。
また”原作者が納得し、許可した舞台でないのなら、出演出来ません”と伝えたそうです

(以上引用 濱田朝美オフィシャルブログ)
それでも監督は聞き入れることなく、濱田さんに台本も送らずに舞台の同意書のみを送りつけ、毎日のようにサインするようにとの電話をかけてきていたとか。
それでもサインしなかった濱田さんの元に台本が送られてきたのは2日前だったそうです。
そして、それに対する濱田さんの返事を待たず、製作側はHPに公演中止のお知らせを掲載した、というのが濱田さんの主張です。
土屋さんサイドの主張と完全に一致しています。
これは製作サイドのミスで間違いなさそうですね。
原作者ともめるというと、つい最近だとこんなのが話題になりましたね。
「フジテレビは信頼に値しない企業」海猿の原作者・佐藤秀峰氏が大激怒!
あと、ちょっと古いですがこんなこともありました。
ドラマ『ハガネの女』に原作者が苦言!クレジットの削除、DVD化反対を表明!
原作者をないがしろにすれば、必ずトラブって最後にはお蔵入りになることは明白なのに、どうしてこういうトラブルは後を絶たないのでしょうか。
土屋さんサイドは、訴訟も辞さないという製作側と話し合いを続けていく意向だと、デイリースポーツが報じています。
会場のキャンセル料やほかのキャストの出演料など問題は山積だけに、泥仕合へと発展していく可能性もある”と書かれていました。
土屋さんに過失はないと思うんですけど、どういう決着になるのでしょうか。
気になりますね…。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

土屋アンナのブログはこちら
【本日の気になるニュース】
【テレビ】フジ系「アゲるテレビ」9月打ち切り…情報番組が半年で放送終了となるのは、異例
【画像】大島優子(24) 黒髪に染める
札幌にAKB姉妹グループSPR48結成…2015年春頃を目処に
矢口真里の元カレが謎の死!薬物中毒で死亡もなぜか事件にはならず…
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース