スポンサーリンク
新着ニュース

大惨敗の亀梨和也『東京バンドワゴン』実は評判は上々?“低視聴率王子”の汚名返上なるか!

KAT-TUN亀梨和也さん主演の連続ドラマ『東京バンドワゴン~下町大家族物語』(日本テレビ)が12日にスタートしましたが、その低視聴率ぶりが話題となっています。
初回の平均視聴率が8.8%と2桁台に届かなかったのです。
しかし、視聴者の評判は上々だそうで、今後復活の可能性もありそうです。→ Geinou Ranking
ジャニーズ 公式生写真 KAT-TUN 【亀梨和也】
にほんブログ村 芸能ブログ

『東京バンドワゴン』の初回放送は12日土曜日だったのですが、視聴率発表がTBS日曜9時ドラマ『安堂ロイド』(主演木村拓哉)と同時だったため、そちらに世間の関心が流れてしまっていました。
しかしこの8.8%という数字、かなり低い数字になってしまっています。
日テレの土曜9時枠のドラマが初回放送で視聴率2桁を割り込んだのは、10年1月期に放送された『左目探偵EYE』(主演・Hey! Say! JUMP山田涼介)の8.5%以来、約3年半ぶり。
左目探偵EYE DVD-BOX
亀梨さんのこれまでの主演作の中でも、初回としては最低の視聴率なのです。
※ドラマ化決定時から不安の声はありました。
「東京バンドワゴン」のドラマ化に不安の声多数。亀梨和也主演で10月放送
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
亀梨さんは、06年に放送された『サプリ』(フジテレビ)以降、主演の連ドラがなかなか視聴率が取れない日々が続き、一部では“低視聴率王子”というありがたくない異名を囁かれてしまっていました。
それを覆したのが、11年10月期、同じ日テレ土曜9時枠で放送された『妖怪人間ベム』のヒットだったのですが…。
「妖怪人間ベム」DVD-BOX
今回、またも厳しい数字を突きつけられる結果となってしまいました。
それでは、10月12日の同時間帯の視聴率を見てみましょう。
*5.0% 21:00-22:00 NHK 新番組・土曜ドラマ・実験刑事トトリ2
*8.8% 21:00-22:24 NTV 新番組・東京バンドワゴン・下町大家族物語
*7.5% 22:30-23:24 NTV 嵐にしやがれ
14.8% 21:00-23:06 EX* 土曜ワイド劇場・タクシードライバーの推理日誌
11.9% 21:00-21:54 TBS 世界ふしぎ発見!
*8.8% 21:00-21:54 TX* 出没!アド街ック天国
12.6% 21:00-23:10 CX* 土曜プレミアム・世にも奇妙な物語’13秋の特別編
(データ引用 2ちゃんねる)
土曜9時という枠、ドラマが多くてなかなか激戦なんですね。
ちなみに、日テレで『東京バンドワゴン』の次に放送された『嵐にしやがれ』は、『東京バンドワゴン』に出演中の玉置浩二さんと、妻・青田典子さんがゲストでした。
『土曜ワイド劇場』『世にも奇妙な物語』の2番組に完全に視聴者を持っていかれてしまった感のある『東京バンドワゴン』ですが、意外にも視聴者の反応は上々なのだそうです。
(以下引用)
一部原作ファンからは、
「キャストが原作のイメージと合わない」
という声も出ているが、多くの人が
「素朴で優しくて、心が温かくなるドラマ」
「家族で楽しく見られる」
「大勢でご飯を食べたり、ご近所さんとワイワイしたり、懐かしい感じ」
「平凡な日常や、家族のありがたさを感じさせてくれる」

と絶賛。
また、劇中で安全地帯のメンバーが伝説のロックバンド「LOVE TIMER」に扮し、屋上で演奏するライブシーンでは、
「玉置さんの歌声が素晴らしい」
「心に染み込んでくる」
「涙出た」

と感動する人が続出していた。
さらに、片桐はいり演じる女将が営む小料理屋の壁のメニューには、控え目に「まめぶ汁」の文字が。
NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で“まめぶ大使の安部ちゃん”を演じていた片桐に絡めたこの小ネタはネットで広まり、『あまちゃん』ファンを喜ばせたようだ。
(以上引用 日刊サイゾー)
Yahoo!テレビのみんなの感想を見てみると、星5つを付けた人が56%で、逆の星1つを付けた人が19%となっています。
感想を一部引用してみます。
(以下引用)
まさかの良作だった。
全然期待してなかったのに。
こういうドラマにありがちな、説教くささや、押し付けがましさがないのがいい。
それでいて、心に訴えてくるものがあった。
役者さんの演技もわざとらしさがなくていいね。
亀梨くんが居酒屋で光石さんに感情ぶつけるとことかなかなか。
まっすぐな男の子が怒るときってあんな感じだよね。
玉置さんは相変わらず音楽の才能すごいね。
個性強すぎて、浮いてた感じもするけど、玉置さんならそれもありでしょう。」
「原作を読んでいたので、あの世界観をどう表現するんだろうかと不安はありました。
しかし、ドラマを観始めたらそんなもの吹っ飛びました。
役者さんから小道具に至るまで、過剰な押し付けがましい演出がなくて安心。
映像化されても、我南人の『伝説のロッカー』という設定に違和感を感じさせない玉置さんの歌の素晴らしさ!普段の風来坊的な感じも納得できる。
亀梨くんも、青年らしい爽やかさと少し陰のある演技が自然にあの世界に溶け込んでいた。安心して観ていられました。」
「つまらな~い…。
出だしのシーンから間延びした感じで退屈でした。
玉置さんの演技もはまらなかった。
感想は人それぞれです。
もう少し、原作にあった方を主人公にした方が楽しめました。
駄作。」
原作とキャラが違う人が多い。
どうもまとまりがない脚本で、内容が面白くない。

(以上引用 Yahoo!テレビ)
ラスト良くなったのに前半がちょっと残念だった
90分は長かったんじゃ
まあ来週に期待するよ」
「原作読んでない者だけど
ほんわか、味のあるドラマで良かった
堀田家好きになりそう」
「録画して今見てたんだが
半分見たところで耐えられなくなって
早送りして消しちまった
わ。
来週からは見ないな。」
「原作読んでないからか知らんが話が唐突でついていけなかった
最後は玉置の歌で全部うやむやにされた感じ」
全体のトーンは好き
だけど話が少し陳腐すぎないかなw
それとセリフが聞き取りずらい部分があったのが残念
数字はとれるタイプのドラマではないね
スタッフも分かってると思うよw」
(以上引用 2ちゃんねる)
割と視聴者を選ぶタイプのドラマのようですね。
日刊サイゾーさんの記事ほど、絶賛するコメントが多いようには見えませんでした。
2話からぐっと視聴率を上げていけるかというと、この賛否両論ぶりでは難しいかもしれません。
ちなみに、ドラマ全話の平均視聴率で見ると、亀梨さん主演作でこれまで一番最低なのが『神の雫』(日テレ・火曜10時)の6.2%
3年半前に、日テレ土曜9時枠で初回8.5%だった『左目探偵EYE』の全話の平均視聴率は8.32%でした。
今後の視聴率推移で、このあたりのドラマを超えられるかどうかがひとつのポイントになりそうですね。
もちろん、『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ)のように、回が進むにつれて視聴率が上がっていくというドラマも存在します。
まずは19日放送の第2話で視聴率を上げていけるかどうかですね。
楽しみです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
長瀬智也、剛力彩芽の“おもてなし”に陥落間近?ドラマ撮影中に来る長瀬の誕生日がXデーか
楽しんごがついに逮捕秒読み!すでに事情聴取されたとの情報も…
松本人志の映画『R100』大コケ、10位転落で興収2億円に届くかどうか
篠田麻里子が太ったと話題に 「饅頭みたい」
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース