スポンサーリンク
新着ニュース

ついに3.6%!前田敦子主演ドラマ『あさきゆめみし』にNHKも落胆

AKB48前田敦子さん主演の時代劇『あさきゆめみし~八百屋お七異聞』(NHK)の視聴率が、ついに3.6%まで下落してしまいました。
NHKは民放に比べると視聴率には寛容なんだそうですが、さすがにゴールデンタイムで3%台は…。→ Geinou Ranking
クイック・ジャパン 110
にほんブログ村 芸能ブログ

Wikipediaによると、『あさきゆめみし』の視聴率推移は以下の通りとなっています。
第1話 なれそめ (2013年9月19日) 視聴率 5.8%
第2話 しのぶれど (2013年9月26日) 視聴率 5.0%
第3話 雨宿り (2013年10月3日) 視聴率 4.0%
第4話 夢枕 (2013年10月10日) 視聴率 5.6%
第5話 冬の螢 (2013年10月17日) 視聴率 3.6%
第3話まで下がり続け、4話で一旦もりかえしたものの5話でさらに下がってしまっていますね。
元々この枠は、過去にBS時代劇として放送した作品のアンコールを放送していた枠で、この『あさきゆめみし』から、NHKとしては2年半ぶりに地上波オリジナル時代劇が再開されました。
『あさきゆめみし』の前の前に放送されていた『猿飛三世』(BSでは12年10月~11月に放送)の平均視聴率は3.61%で、高いものではありませんでした。
ちなみに、2年半前に地上波オリジナル時代劇として放送されていたのは、舘ひろしさん主演の『隠密八百八町』(11年1月~3月放送)で、平均視聴率は10.3%
ただこれは時間帯が土曜日の19時30分~20時までの30分番組でしたので、あくまで参考です。
隠密秘帖 隠密八百八町 [DVD]
NHKの木曜8時という枠自体にはあまり視聴率がないようですので、初回で5.8%取ったのは成功の部類に入るのかもしれません。
ただ、ゴールデンの、アンコールではなくオリジナル放送をしている枠として、3%台はさすがにいただけない数字、といえそうです。
(以下引用)
視聴率をあまり気にしないといわれるNHKですが、さすがにゴールデンタイムで3%台はコケすぎ。
今後、同作が前田さんの“黒歴史”になるのは確実でしょう。
ただ、演技への評価が上向き傾向にあるのは事実
同作を手掛けたベテラン演出家・岡崎栄氏も、前田の演技について
『始まってすぐは、内側の表現力など“大丈夫なのかなあ”という思いがあった』
としながらも、
撮影が進んだある日、演技のはしばしに見つけた豊かな表情を見て、俳優の成長ってこういうことなんだなあと驚かされた
と言っています。
同様のことが、視聴者にもちゃんと伝わっているのでしょう」(芸能記者)
(以上引用 日刊サイゾー)
Yahoo!テレビのみんなの感想を見てみると、星5つが43%、星1つが38%となっており、評価は分かれているみたいですね。
いくつか感想を見てみると…。
(以下引用)
「脚本がいいからつい引き込まれて最後まで見ちゃうんだけど。15才の娘役だからねと自分に言い聞かせて。たどたどしさは役作りなんだと・・。それにしても他の俳優さんのテンポ崩してるね。」
「ファンの方が、前田さんの目の演技がスゴイ!
回を重ねるごとに上手くなる!
というので、一回目の放送から観てますが
やはり下手なものは下手なんですよね。
17日の放送は開始3分、彼女のアップと第一声を聞いて脱落しました。
彼女は歌手は無理でも女優ならやれそう、
ということで女優を目指したようですが、
女優さんて誰でもやれる程敷居は低くないと思います。
局側の都合で、話題性重視ということでしたら、
主演ではなく助演をやらせてあげてください。
その方が本人の勉強にもなると思います。
今回は彼女の責任だけでなく、相手の方の演技の大根ぶりも問題ですが。」
「なにげに見始めたドラマだったけど、今では毎週楽しみにしているドラマです。
前田さんは表情の表し方が上手で、セリフがなくても引き込むものがある。
正直、若い女優さんには、あまり興味なかったんですけど、これからがたのしみな女優さんの一人だと思います。
ドラマのこれからの展開も楽しみです。」
「江戸時代のプラトニックな恋物語が、新鮮で楽しんで見てます!」
「最近の恋愛ドラマにはないピュアなラブストーリー。
前田さんの演技はたどたどしいかもしれませんが、それが純粋なお七に重なってしまう。」
(以上引用 Yahoo!テレビ)
面白かったという人も、前田さんの演技がたどたどしいことは挙げていますね。
それが、役柄にあっていると解釈するか、ただの大根と思ってしまうかの違いのようです。
ただ前田さん、このドラマは外れましたけど、そのほか映画の方は割と好調なんですよね。
今年5月に公開された『クロユリ団地』は興行収入10億円突破のヒットでしたし、黒沢清監督(58)の新作映画『Seventh Code』は来月8日開幕の第8回ローマ国際映画祭コンペティション部門へ出品が決まっています。
クロユリ団地 スタンダード・エディション [DVD]
黒沢監督は
「映画なくして彼女は生まれず、彼女なくして日本映画もまた存在しえない」
と前田さんを大絶賛したそうですし、まだ公開日は未定ですが、公開されればヒットしそうです。
とりあえずは、11月23日公開の『もらとりあむタマ子』が当たるかどうかがポイントになってくるでしょうか。
第18回釜山国際映画祭では好評だったそうなので、これも期待できそうです。
映画『もしドラ』やドラマ『イケパラ』の惨敗などは記憶に残ってますが、これといった大ヒット作、代表作にはまだ恵まれていない感のある前田さん。
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(通常版) [DVD]花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011 DVD-BOX
前田敦子『イケパラ』視聴率6.0%に急落!原因は主役?脇役?脚本?・・・全部!?
AKB48前田敦子主演映画『もしドラ』大コケ確定?初日から空席だらけ!
今後女優としてやっていくのなら、そろそろ当たりを引いておかないと、AKBの神通力もそのうち効かなくなりそうですよね。
頑張ってほしいものです。
※追い上げてます。
元AKB48秋元才加が“三谷ファミリー”入り!?「女優業」で前田敦子を大逆転か
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

前田敦子のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    あっちゃんって不思議。AKBでセンターにいたときは一番可愛く見えたのに、単体だと微妙。非常に微妙。山口百恵さんがデビューしたとき単体では微妙なんだけど、桜田淳子と比べられると、好感度は百恵にあり、なんだか綺麗に見えた。その内、淳子をぶっちぎりキラキラ輝いて時代の女になった。百恵ちゃんって決して美人じゃないよ。だけど美しかった。あっちゃんは沢山の女の子たちといると断トツに可愛いのに、単体だと微妙。女の輝きって不思議だわあ。

  2. 匿名 より:

    演技できてかわいい人なんて桜庭ななみや真野恵里菜をはじめ、
    腐るほどいるんだけど、演出家の目からみたら彼女たちは
    透明になっちゃって見えないのかな?

  3. 匿名 より:

    チャンネル変えながら何見ようと番組を探しているとき、たまたまこの番組がやってて、あっこれが巷で不評判の八百屋お七か、と観てみた。噂に違わぬ内容で・・・。こりゃ番組企画者が能無しなんじゃないの?アイドルから役者への方向転換中の大根役者なんだからもちっと責任のないところで芝居をさせたらいいのに。お七の妹とかお七のライバルとかさ。