スポンサーリンク
新着ニュース

木村拓哉『安堂ロイド』に死す…?ついに視聴率10.3%、一桁目前に!どうしてこうなった?

SMAP木村拓哉さん(40)主演の連続ドラマ『安堂ロイド』(TBS)の視聴率がついに一桁目前の10.3%まで下落してしまいました。
調べられる限り、木村さん主演の連ドラでは過去最低の視聴率です。
視聴率男”と呼ばれ続けた木村さん、いったいどうしてしまったのでしょうか。
その理由について、今日発売の週刊現代がちょっと面白い分析をしていましたのでご紹介します。→ Geinou Ranking
GOOD LUCK!! Blu-ray BOX(6枚組)03年放送のこのドラマでは、平均視聴率30%超えを成し遂げました。
にほんブログ村 芸能ブログ

11月3日に放送された『安堂ロイド』第4話の視聴率が10.3%だったことがわかりました。
この日は、同時間帯にテレビ朝日で日本シリーズ第7戦が放送されており、27.8%という高視聴率を記録しています。
それを考えると、まあ健闘したといえる数字ではあるのですが…長く“視聴率男”と呼ばれていた木村さんとしてはかなり低い数字となってしまっています。
ドラマの評判もあまりよろしくなく、今後劇的に数字が伸びるという可能性はなさそうにも思えます。
※すでに責任のなすりあいが。
視聴率がついに1桁目前!第4話で10.3%となった「安堂ロイド」にはジャニーズサイドも匙を投げ、プロモーション拒否!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
ドラマ放送時の実況板には、こんな書き込みが大量になされているとか。
(以下引用)
デビューしたての俳優がやる特撮を、知名度の高い芸能人で固めてやっているみたいな内容
<キムタクドラマを20年間欠かさず見てきた母が、開始20分で寝ました
<そもそもキムタクが「キムタク」しか演じられないのは、本人も制作側もわかってるでしょ。
それでも、「キムタクを演じてください」っていうオファーが絶えないってことを象徴しているようなドラマだね>
(以上引用 週刊現代)
第1話、木村さん扮するアンドロイドが、最新版である敵アンドロイドの強力なパンチで天高くふっ飛ばされ、まっさかさまに落下して屋根を突き破って叩きつけられるシーンがありました。
その際にはこんな書き込みが。
(以下引用)
これはコメディなんでしょうか
よくこんな役を引き受けたな
<どんな気持ちで演じているんだろう>
(以上引用 週刊現代)
いっそコメディタッチで描かれていた方が楽しめたのかもしれませんが、シリアスにこういうシーンが描かれてますからね。
アンドロイドがドラえもんさながらに引きだしから出てきたりとか。
それによって笑わせようという意図があるようには見えず、かといって内容的にはコメディ以外のなにものでもないという部分に戸惑う視聴者の声が多くありました。
木村さんに同情するような声もあるのですが、木村さん本人がこの役を嫌々やっているというわけでもないそうで…。
(以下引用)
「もともと、リーダーシップを発揮してスタッフを引っ張っていくというのがキムタクのスタイル
今回も
『批判はオレが受けるから、現場だけはひとつにまとまっていよう』
と言って、士気を高めています。
天下のキムタクがそう言ってくれたわけですから、みんなジーンときてしまった。
ロボットというこれまでにない役柄にも、
『自分にとっての挑戦になる作品』
と、やりがいを感じている
ようですよ。
『本物のアンドロイドならもっとぎこちないはずだ』
なんて言いながら、柴咲コウさんと抱き合うシーンを何度もやり直していました」(TBS関係者)
(以上引用 週刊現代)
結果、現場の結束は非常に固くなっているそうで、もはや外部からの方向修正は不可能だとTBS幹部が嘆いているとか。
つまり、TBSも幹部はこのドラマが失敗したと思っているわけですね。
現場だけが突っ走っている状況、なのかもしれません。
さて、“視聴率男”だったはずの木村さん、いったいどうしてしまったのでしょうか。
映画評論家の白井佳夫氏はこう話しています。
(以下引用)
大人の役者に脱皮していくには、どんな『作品』に出るかが大きい。
これまで多くの役者が作品の中でイメージチェンジを成功させ、成長していっている

田中健さんにしても、デビュー当時は若さと顔の造形の美しさを売りにしていた。
あなたがいるから
しかし斎藤耕一監督の『望郷』という映画に父親役で出演して、がらっとイメージが変わりました。
その後はご存じのとおりです。
その点、デビューからずっとアイドルで来ている人はなかなか脱皮するのが難しい。
キムタクのようにSMAPのなかですら、常に二枚目としての役割を求められていると、なおさら
でしょう。
実際、他のメンバーはみんなイメージチェンジに挑んできたのに、彼だけは昔のまま。
だから成長できず、どんなドラマを見ても
『相変わらず青春ドラマをやっているな』
としか思えない」
(以上引用 週刊現代)
対談集 銀幕の大スタアたちの微笑白井氏は映画関連の本も出版されています。
キムタクは何を演ってもキムタク。
ネットでも散々言われている言葉です。
(以下引用)
「総理大臣、検事、レーサー、様々な役を演じてきましたが、どんな職業になろうとキムタクはいつでもキムタクでしかないんです。
普段は力が抜けているけど、本当は正義感の強いイケメン独身男が、ヒロインと恋に落ち、最終話でキスをする。
キムタクのドラマは全部同じ作り。
当然、『安堂ロイド』もそうなるでしょう
」(民放ドラマディレクター)
(以上引用 週刊現代)
そこまでわかっていて、なぜ木村さんは同じような作りのドラマに延々出続けているのでしょうか。
テレビ局は、同じドラマばかりを作り続けるのでしょうか。
(以下引用)
木村自身は、いつまでもアイドルでいられるなんて思っていませんよ。
しかしテレビ業界は、彼を『キムタク』としてしか扱わない。

木村拓哉を起用し、ラブストーリーを撮れば、それだけで成功してきた。
一度ヒットすれば何度も同じことをさせるのがテレビ業界ですから、彼にはいつも同じようなキャラクターの役柄しか回ってこないんです。
同じ美男役者でいえば、田村正和さんなどは40歳をすぎてからは父親役や先生役に挑戦して、演技の幅を広げていた。
しかしテレビ局は木村にその挑戦を許してくれないんです。
木村は求められているものを演じているだけとも言えます」(元ジャニーズ事務所所属の作家・平本淳也氏)
(以上引用 週刊現代)
TBSは、せっかく前クールの『半沢直樹』で、視聴者は俳優ではなくドラマの内容についてくることを学んだはずなのに…もったいないことをしてますよね。
TBS幹部は、テレビ業界の旧態依然とした体質に問題があるといいます。
(以下引用)
タレントの名前だけで視聴率が獲れていた、80~90年代をいまだに引きずっている
これはうちの局だけでなく、他局も同じです。
その時代に、局はジャニーズをはじめとした大手事務所に大きな借りを作ってしまった。
そのため、いまだに気を使って起用しないわけにはいかない

局内でも、内容こそがドラマの成否を分けることには気づき始めている。
しかし構造的な問題を解決しないかぎり、どうしようもない。
『キムタク主演ドラマ』は、タレント頼みの象徴とも言えますね」
(以上引用 週刊現代)
連ドラの企画というのはもっと前から進んでいるでしょうから、『半沢直樹』がヒットしたからと言って急に方向転換はできなかった、ということもあるのではないかと思います。
何と言っても、人気俳優のスケジュールをまず抑えて、それからドラマの内容を考える、というのがこれまでの連ドラ制作スタイルだったといいますから。
次クール、もしくはその先のクールくらいから、ひょっとしたらもっとかかるのかもしれませんが、とにかくいずれテレビ局のやり方も少しずつ変わってくるのだろうと思います。
そういう意味では、『半沢直樹』直後に連ドラ主演をしてしまった木村さんは、ババを引いたともいえますね。
週刊現代には、今後木村さんが役者として成長していくには、木村さん本人にも覚悟が必要だと述べています。
(以下引用)
事務所サイドも、新境地を開拓するためには、あえて投資をするというか、時間的な余裕を作ってあげないといけません。
過去の成功体験を一度断ち切ってみる勇気が必要
なのです」(前出・白井氏)
(以上引用 週刊現代)
テレビ関係者は、
キムタク以外だったら『安堂ロイド』はとっくにヒトケタ
と口をそろえているといいます。
つまり、やっぱり木村さんにはまだまだたくさんのファンがついているんです。
ただ、このまま同じようなドラマにばかり出続けていれば、いつかは…。
『安堂ロイド』はこのまま一桁まで転落してしまうのかもしれませんが、もしそうなれば、木村さんの役者としてのキャリアにとってはいい転換点になるのかもしれません。
否応なく、“過去の成功体験”が断ち切られてしまうわけですからね。
視聴者はドラマに俳優ではなく内容を求めていることをテレビ局が学び、そのタイミングで、典型的なタレント頼みのドラマが、“視聴率男”と呼ばれていたキムタクでコケてしまえば、きっと旧態依然としているというテレビ業界の意識も本格的に変わるでしょう。
いろんな意味で、『安堂ロイド』はドラマの転換点になりそうですね。
人間は失敗から学ぶものだといいます。
木村さんの今後に、期待しましょう。
人間、いつまでも若くはいられません。
年相応のシワや白髪は、男をぐっとセクシーに見せるものだと思うんですけどね、個人的には。
木村拓哉に後輩が苦言!「センスを疑う」というダサい私服の実態は?
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
【話題】 フジ社員 「ケチのつき始めは韓流偏向抗議デモだったのか。あのときまともに対応していれば、ここまで嫌われることはなかった」
華原朋美が新恋人を告白!お相手は明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏
加藤綾子が寿退社へ!相手はあの人気芸人!?
五十嵐隼士芸能界引退の真相は…【近年激太り画像】
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    木村拓哉さんは飽きられたのだと思う。演技も上手ではありませんし、旬を過ぎたんだと思います。同じ演技しかできないので演技を学んではどうでしょうか?いま、人生の転機かも知れません。若さは失われましたが、人としての厚みを増せばいいと思います。

  2. チエりんmama より:

    木村拓哉に関する意見の多い事、びっくりします。私は彼の実力は相当のものだと思っています。ただ彼は作品を自分から選り好みしません。与えられた作品に真剣に取り組んでいくタイプです。彼のファンには其の事が解るから続いているのだと思います。事務所サイド、もしくは制作サイドに彼の才能を伸ばし、継続させたいと心底思っている強い立場の人が居てくれる事を願っています。

  3. 匿名 より:

    読みごたえありました
    キムタクは脱皮しようにも、肝心な演技力がないのでいろんな役に挑戦するのは無理があると思う
    眠れる森がピークだったと個人的には思う