スポンサーリンク
新着ニュース

華原朋美と竹田恒泰の熱愛は仕組まれたものだった?事務所が出会いをお膳立て

先週発売の女性自身で報じられた、華原朋美さん(39)と旧皇族の末裔で慶大講師の竹田恒泰氏(38)の熱愛
まだお付き合いまでは至っていないとのことでしたが、華原さんも竹田さんも、とても幸せそうにインタビューに答えていました。
いい関係が築けているんだと思っていましたが、実はこの2人の出会いは、華原さんの事務所が仕組んだものだったといいます。
恋愛未満まで2人の関係が発展したのは、“思わぬ誤算”だったのだとか。→ Geinou Ranking
DREAM-Self Cover Best-(初回限定盤)(DVD付)日本人はいつ日本が好きになったのか (PHP新書)
にほんブログ村 芸能ブログ

華原さんと竹田さんのなれ初めは、7月に共演したテレビ番組だったといいます。
(以下引用)
楽屋で互いの連絡先を交換したのち、ラーメン屋で初デート。
その際、昭和天皇も愛用されたブランドのバッグを竹田氏が誕生日プレゼントで渡し、以後はドライブや食事をする間柄に発展した
というのです」(芸能記者)
華原は竹田氏を“タイプの男性”だとし、すでに何度かデートを重ねていたと語っています」(芸能記者)
(以上引用 週刊新潮)
※詳しくはコチラ。
華原朋美、新恋人!お相手は明治天皇の玄孫の竹田恒泰氏で「ダウンタウンDX」共演がきっかけ
華原さんはその後、6日のイベントでもインタビューに答えています。
(以下引用)
「6日にあったイベントでは、いまだ恋愛関係には至っていないとしながらも、お揃いのスニーカーを買ったことも明かし、順調な関係をアピール。
あらためて竹田氏を“すごく大事な方”と評していました
」(同)
(以上引用 週刊新潮)
いい関係が続いているように思える2人なのですが、実はこのなれ初めにはある“思惑”が隠されていました。
(以下引用)
「華原は昨年12月、5年ぶりの復帰を果たしましたが、肝心の歌が不調。
4月には7年ぶりのシングル『夢やぶれて』をリリースしたものの、売上は3万枚に届きませんでした。
夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-(初回限定盤)(DVD付)
そこで、事務所が一計を案じた。
業界の重鎮にも相談して話題作りを狙い、かねてから華原のファンとして知られていた竹田さんに白羽の矢が立ち、番組での初顔合わせにいたった
のです」(猿芸能プロダクション関係者)
“出逢い”は、周到にお膳立てされていたというのだ。
が、
そこから、打ち解けて交遊に発展という“思わぬ誤算”が生じました
業界の男たちに翻弄され、散々地獄を見てきた彼女にとっては、竹田氏との時間は別世界のような心地がしたことでしょう」(同)
(以上引用 週刊新潮)
なるほど、仕組まれてたことだから、熱愛発覚とかの記事になる前に華原さんがインタビューという形で雑誌に話してしまったんですね。
通常、芸能界では熱愛的なものは隠されることが多く、タレントさん自らが報告するのは、結婚する時くらいです。
あとは、週刊誌やスポーツ紙にスッパ抜かれてしまった場合に、イメージダウンを最小限にとどめるために記事掲載の少し前にブログなどで自ら報告、ということもありますが、華原さんのように、何もないのに突然自らの恋愛についてお相手の名前までインタビューで語るというのはかなり異例ですもんね。
竹田さんの方は、事務所のこの策略をご存じだったんでしょうか。
ずっと大ファンだったそうですが、もし何も告げられずにここまでの騒動になってしまったのだとしたら気の毒な話ですが…。
竹田さんもワイドショーの直撃にものすごく丁寧に答えてましたし、竹田さんも承知のことだったのかもしれませんね。
事務所の策略から始まった2人のお付き合いですが、華原さんはかなり乗り気な様子です。
(以下引用)
「朋ちゃんが恋愛をするたび、周りはある“サイン”で察知してきました」
とは、下河原家(華原の実家)を知る関係者である。
新しい相手ができると、それまで保たれていた親兄弟とのコミュニケーションが崩れ、疎遠になっていくのです。
きょうだいは3男1女彼女は3番目ですが、今回も、連絡すべき時に寄越さないなど、ちょうど夏頃から兄たちとの関係がギクシャクし始めた。
だから親族も“やらせ”ではなく、竹田さんとはれっきとした恋愛だと捉えています

(以上引用 週刊新潮)
華原さん、イメージどおり分かりやすい方なんですね。
それでもまだ恋愛関係にはない、と否定しているのは、不自然な出会い方が引っかかっているのか、それとも過去の悲しい恋愛体験がブレーキをかけているのか…。
華原朋美 過去の噂まとめ
これについて週刊新潮が竹田さんに話を聞いたところ、
(以下引用)
今回の件は、申し訳ないのですが一切ご対応できないのです。
相手方もおありのことですので……

(以上引用 週刊新潮)
という返事だったとのこと。
ワイドショーの直撃にはかなりな饒舌ぶりだったのに、今になって話せないという理由はよくわかりませんが…。
代わりに、竹田さんと共著もあるという辛酸なめ子さんが週刊新潮のインタビューに応じています。
皇室へのソボクなギモン (扶桑社文庫)コチラがその共著『皇室へのソボクなギモン』
(以下引用)
竹田さんは謙虚で温厚、サラブレッドの名に相応しい方です」
としながら、独身を貫いてきた理由を推し量る。
講演で全国を回り、多忙だったことがあるのでは。
またパフォーマーとしても、ネット上で
“靖国神社は陛下のご親拝こそが最重要”
などと、信念をもって熱っぽく説いている。
元皇族の家柄に、小学校から慶応というハードルも加わり、一般庶民の女性では、ついて行くのは難しそうな気がしますね

それでも、今回は脈あり、と見る。
「元々は竹田さんが彼女の大ファンだったわけで、華原さんが恋愛にのめり込むと精神的に不安定になるのなら、もっぱら竹田さんが愛情をこめて交際を続けていけば幸せになるのでは、と思います」
(以上引用 週刊新潮)
※竹田さんには“うさんくさい”という評もあるようですが…。
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
テレビでのインタビューを見ましたが、穏やかで理性的な方に見えました。
これまで辛いことが多かった朋ちゃんには、今度こそ幸せになってもらいたいところです。
今後の2人を、温かく見守ってあげたいですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
浜崎あゆみの“賞味期限” 期間限定ブログも不発
渋谷すばるがAKBの投票権付き商法に皮肉一発!「関ジャニは何枚もCDを買って下さいじゃない!男気を含め宣言します!」
二宮和也、100周年の出身小学校にマフィンと時計をプレゼント!“ドケチ伝説”に終止符?
紗栄子、着物の着方を間違え炎上 → 問題の画像が反転だったと話題に 
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース