スポンサーリンク
新着ニュース

AKB48の本当の人気が明らかに!2013年写真集売上ランキングから板野友美・渡辺麻友が消えた…

オリコンによる2013年年間“本”ランキングが2日に発表されました。
それによると、写真集部門トップ10のうち、8冊がAKB48グループおよび乃木坂46の写真集
まだまだAKB人気は健在、と思える結果なのですが、実はその内容をよ~く見ると、今のAKBの“本当の人気”が見えてくるというのです。→ Geinou Ranking
AKB48総選挙!水着サプライズ発表 20131位はコレでした。
にほんブログ村 芸能ブログ

では、今年の写真集売上ランキングを見てみましょう。
1位 AKB48総選挙! 水着サプライズ発表 2013 96,254部
AKB48総選挙!水着サプライズ発表 2013
2位 死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 80,209部
3位 AKB48・島崎遥香ファースト写真集 『ぱるる、困る。』 73,883部
ぱるる、困る。 島崎遥香ファースト写真集/中山雅文
4位 AKB48 友撮 THE YELLOW ALBUM 70,294部
AKB48友撮THE YELLOW ALBUM/AKB48
5位 AKB48 友撮 THE GREEN ALBUM 70,178部
AKB48友撮THE GREEN ALBUM
6位 NMB48山本彩ファースト写真集 『さや神』 55,928部
さや神 山本彩ファースト写真集/渡辺達生
7位 渡辺美優紀ファースト写真集 みる神 54,269部
みる神 渡辺美優紀ファースト写真集/野澤亘伸
8位 乃木坂46 ファースト写真集 『乃木坂派』 51,788部
乃木坂派 乃木坂46ファースト写真集
9位 SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中 48,136部
SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOKまだ、夢の途中
10位 ありがとう!わさびちゃん 43,384部
(データ引用 オリコン)
すごいですね、ほとんど独占です。
しかし、出版業界におけるAKBバブル、というのは2011年だったのだそうです。
マンガ誌、週刊誌、ファッション誌とあらゆる雑誌がAKBを表紙に起用し、『AKB総選挙!水着サプライズ発表2011』(集英社)の売上げは21万部を超えたのだとか。
そこからすると、今年の水着サプライズ発表の売上げは10万部弱ですから、半減してますね。
ちなみに、バブルだったという2011年の写真集売上ランキングも引用してみましょう。
1位 AKB48総選挙!水着サプライズ発表 2011 216,461部
2位 報道写真集 3・11大震災 巨大津波が襲った 154,881部
3位 AKB48 友撮 THE BLUE ALBUM 146,481部
4位 AKB48 友撮 THE RED ALBUM 142,141部
5位 大島優子1stフォトブック 優子 129,620部
6位 AKB1/48 アイドルと恋したら… 公式攻略ビジュアルブック 118,881部
7位 渡辺麻友写真集 『まゆゆ』 98,586部
8位 AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら… 90,090部
9位 AKB48海外旅行日記2 with SKE48 ここはどこですか? 82,837部
10位 報道写真全記録2011.3.11-4.11 東日本大震災 81,261部
(データ引用 オリコン)
ホントに爆発的なブームだったんですね。
今年の1位の部数は、この年だったら8位です。
ここから2年さかのぼって2009年のランキングを見ますと、トップ10の中にAKB関連の写真集はただひとつ、『AKB48総選挙!水着サプライズ発表』のみで第5位
AKB48総選挙!水着サプライズ発表
10年にはすでに7つがトップ10入りを果たしていますから、ここでAKBがブレイクしていることが分かります。
11年が8つ、12年が7つで、13年、今年が8冊がランクインと、AKBブームが持続しているように見えるのですが…。
よくよくランキングを見てみると、今年ランクインした作品にはひとつ特徴があるようです。
(以下引用)
今年は、AKBの次世代メンバーや、NMB、乃木坂が頭角を現した年であり、それが写真集の売り上げにも反映された印象です。
また、発売時にテレビでもかなり取り上げられていたAKB・渡辺麻友の『制服図鑑 最後の制服』(集英社)や、板野友美のラスト写真集『ともちん』(講談社)など、長くいるメンバーの作品が入っていないことも、グループ内の世代交代が着々と進んでいる表れといえそうです。
昨年は、前田敦子の2冊の写真集や、指原莉乃の写真集が10万部を超えるヒットを飛ばしましたが、今年は10万部を超える写真集は残念ながらありませんでした。
一時期よりも、部数は全体的に落ちているようですが、それでもグラビアアイドルや、ハロプロ勢などほかのアイドルを寄せ付けない勢いはさすがです」(ある芸能ライター)
(以上引用 日刊サイゾー)
渡辺麻友制服図鑑最後の制服 WATANABE MAYU PHOTOBOOK/熊谷貫【送料無料選択可】ともちん 板野友美AKB48卒業記念写真集 (講談社Mook)/講談社(単行本・ムック)
いわゆる、“AKBの顔”ともいえる主要メンバーの写真集が入っていないんですね。
さらに、昨年12年のランキングでは、AKB関連でランクインした7作品のうち、AKB48以外のグループからのランクインは、SKE48松井玲奈さんの『きんぎょ』のみだったんですが…。
きんぎょ 松井玲奈写真集/丸谷嘉長
今年のランキングでは、8作品のうち3つが関連グループからのランクインなのです。
上記の芸能ライターさんは、
(以下引用)
握手券付きCDの売り上げ枚数よりも、写真集の販売部数を見たほうが、AKBメンバーの人気を読み取ることができる
(以上引用 日刊サイゾー)
と話していらっしゃいます。
確かに、握手券つきのCDは1人で何枚も買う方がいらっしゃいますが、写真集は実用的な冊数しか買わないはずですから、人気が如実に表れているといえます。
つまりは、一部の有名なAKBメンバーに集中していたファンの関心が、関連グループも含めたその他のメンバーに分散し始めた、ということになるでしょうか。
もしくは…一気にブレイクして顔の売れたAKB主要メンバーに関心を示していた、それまでのコアなファン以外の一般の方がAKBから離れ始めた、ともいえるかもしれません。
半減した総選挙写真集の売上げ、躍進する関連グループ…AKBグループは今後、どうなって行くのでしょうか。
AKBはもう落ち目、とここ数年囁かれ続けてますが、写真集の売上げを見るに、ピークは確かに去ったように思われます。
しかし関連グループを含めて所属メンバーは増え続けているわけで、減って行くファンを増えたメンバーで取り合うような形になっちゃいますよね…。
ただ、写真集の世界は「1万部で大ヒット」なんだそうです。
その基準からしたら、メガヒットを連発していることになるAKBグループ。
まだまだその勢いが完全に消滅することはなさそうですね。
来年のランキングがどうなるのか、勢いを取り戻しつつあるといわれるモーニング娘。や、AKBを超える人気があるとも囁かれるももクロの動向も含めて、楽しみですね。
※今年の紅白に3グループ出場には批判も…。
「まとめて出せよ」第64回NHK紅白歌合戦』AKB48グループが“3枠”に批判殺到
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

AKB48メンバーのブログはこちら
【本日の気になるニュース】
元AKB篠田麻里子のブランド『ricori』がそろそろピンチ?
【NHK】 受信料徴収義務化! テレビがなくても全世帯から受信料を徴収する!!
ビッグダディの衝撃の事実が年末特番で明らかに!家族解散、元妻・佳美の元へ行く子供も。自らはタレント転身を決意!
ソシャゲに4万円課金した結果wwwww
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. より:

    オタだが最低2冊はありえねーよwwww
    写真集なんてまず買わないしな

  2. 匿名 より:

    同じモノを最低二冊…
    Σ(((゚ロ゚;ノ)ノキモッ

  3. ラルフ&アヤカ より:

    集計対象の規模が違うからかもしれないけど、TBS「ランク王国」で月イチで発表される”アイドル写真集ランキング”ではこれほどAKB勢が独占しているように感じない。

  4. 匿名 より:

    写真集は保存版用と観賞版と最低2冊は買いますよね。