スポンサーリンク
新着ニュース

綾野剛がピンチ!軽犯罪法違反スクープで『S -最後の警官-』のスポンサーが激怒!?

先日、東京・六本木ヒルズの目の前の路上で用を足す姿を、モザイク入りの写真と共にスクープされてしまった綾野剛さん(32)。
元々“共演者キラー”として有名で数々の女優さんと共演NGになるなど素行のほうはあまりよろしくない方ではありますが、今回はさすがに“犯罪”ということで、出演中のドラマ『S -最後の警官-』のスポンサーが黙っていない事態となってしまいそうなのです。→ Geinou Ranking

S-最後の警官ー ディレクターズカット版 DVD-BOX [ 向井理 ]

 


にほんブログ村 芸能ブログ

綾野さんのスクープ写真を掲載したのは、フライデーでした。
路上で用を足す姿がバッチリととらえられており、大事なところにはモザイクまで入っている始末…。
かなり酔っている様子なのが、写真でもはっきりわかりました。
ご存じの方も多いと思いますが、これは軽犯罪法違反という立派な犯罪なのです。

立ちションってどんな法律違反のなんて言う罪状なんでしょうか?

このYahoo!知恵袋に非常に詳しい解説がありました。
この解説に照らして考えると、もしフライデーさんがこの写真を持って警察に行ったとしたら…どうなるんでしょうね。
下手したら前科がついてしまう事態なんじゃないでしょうか。
芸能人のみなさんは顔が売れてるんですから、いくら酔ってても身の回りには気を付けないといけませんね。
このスクープに、綾野さんの周囲には黙って見過ごせない空気が流れているようです。

(以下引用)
「綾野は、現在放送中の向井理主演のTBSドラマ『S -最後の警官-』』に出演しているが、初回こそ18.9%と高視聴率を獲得したものの、五輪中継の影響もあって徐々に右肩下がり。
そこに、明らかに品位を欠いた綾野の行為には、スポンサー各社が黙っていないだろう。
このまま視聴率が低迷するようなら、スポンサー降板を申し出る社もあるのでは。

向井をはじめ、ほかの出演者がおとなしいだけに、綾野の素行不良ぶりが目立ってしまう」(広告代理店関係者)
(以上引用 日刊サイゾー)

『S -最後の警官-』の視聴率推移はといいますと、第1話から
18.9%_15.2%_16.1%_12.9%_12.1%_12.6%
となっています。
16日放送の最新話は少し視聴率が上がってますね。
案外、あの報道で注目を集めたぶんわずかに上がったのかもしれませんが…それはないでしょうか。
とりあえず、さらなる下落にはつながらなかっただけに、スポンサーも降板まで申し出ることはないかもしれないですね。
ところで、綾野さんといえば、共演した女優さんと片っ端から話題になることでも有名です。

(以下引用)
綾野といえば、戸田恵梨香橋本愛らと浮き名を流し、さらには
「ドラマ『空飛ぶ広報室』(同)で共演した新垣結衣猛アタックしたことがあっという間に業界内で広まり、いまや有名どころの女優は共演NGが多い。
おまけに、綾野の悪影響を受けるのを恐れ、所属する俳優に『綾野とつるむな!』とクギを刺している事務所もある
ほど」(芸能プロ関係者)

というが、こうなってしまったのは、あまりにも放任すぎる事務所にも責任があったようだ。

小栗旬と同じ事務所に所属しているが、社長は昔気質の人で
『仕事をちゃんとやって、どんどん遊べ』
という人。
だから、いくら女遊びをしようが、酒を浴びるように飲もうが、仕事さえきちんとこなしていれば文句を言わない。
とはいえ、綾野の飲みっぷりは相当ヤバイ
ようで、そのうち酒場で大問題を起こしそうな気がする」(同)
(以上引用 日刊サイゾー)

空飛ぶ広報室 DVD-BOX [ 新垣結衣 ]

 


新垣結衣が綾野剛に共演NG!あまりの手の早さに若手女優の事務所が警戒中
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading

問題が起こってからでは遅いと思うんですけどね…。
綾野さんの所属する事務所は、もともとタレントのプライベートには立ち入らない主義の事務所なんだそうです。

(以下引用)
「綾野所属のトライストーン・エンタテイメントは、小栗旬や田中圭木村文乃なども所属しています。
ここは基本的に、タレントのプライベートに口を出すタイプの事務所ではないので、今回の一件もスルーされると思います。
何度も浮気現場を撮られている小栗を野放しにしていることからも、わかりますよね。
ただ今回の件は、事務所云々というより、軽犯罪法違反である立ちションをした綾野に非があるのは明白。
ファン以外から『お里が知れる』『いい大人が行儀悪い』などと叩かれています
が、当然でしょう」(芸能ライター)
(以上引用 サイゾーウーマン)

プライベートに口を出さない=何かあっても自分でなんとかしろよ、なんですね。
逆に、何かあっても守ってくれる事務所は、プライベートにもガンガン口を出してくるんでしょう。
タレントを守る、というのはつまり取引やらなんやらでこういったイメージに関わる記事を差し止めるということなんでしょうし、差し止めるにはそれなりの代償も必要でしょうし、事務所も必死にならざるを得ませんからね。
そういう事務所の記事はメディア側も書きにくくなって記事が減り、自由にやらせる事務所の記事はすんなり世に出せるから自然と増えていく…という構図でしょうか。

今回の綾野さんのスクープには、ファンからは擁護の声も上がっているとサイゾーウーマンには書かれてましたが、さすがにご本人は恥ずかしかったんではないでしょうか。
しばらくは、大人しくされた方がいいかもしれませんね。

顔小さすぎ!向井理が綾野剛を公開処刑【画像】
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

綾野剛のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
不運続き?様々なものから見放され八方塞ざりの板野友美の現在
テレビを引退してから5年! 細木数子の現在とは? 激やせは病気だった?
【美談】ヤマザキパンの運転手「好きなだけ持ってってよ!」、雪で動けない車にパンを配布
【話題】 「たとえ商品を万引きされても、人を助ける方が最優先は当たり前」 大雪で入店制限をしたローソンへのツイートで炎上
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

コメント

  1. 匿名 より:

    キムタクも撮られたよね