スポンサーリンク
新着ニュース

全てが微妙だった木村拓哉主演『宮本武蔵』の舞台裏・殺陣の基本すら習得できていなかった?

テレビ朝日の開局55周年記念ドラマとして肝いりで放送されたSMAP木村拓哉さん(41)主演の『宮本武蔵』。
視聴率は2夜平均で14.2%と、かつて“視聴率男”と言われたキムタクにしては微妙な数字だった、と報じられています。
アクションにはこだわったというこのドラマ、舞台裏に回ってみると、そのアクションシーンも何とも微妙な出来栄えだったそうで、実はスタッフは殺陣のシーンをどう見せるか頭を悩ませていたとか。
木村拓哉の『宮本武蔵』は、全てが微妙だった…?→ Geinou Ranking

宮本武蔵 Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 木村拓哉 ]

 

にほんブログ村 芸能ブログ

先週末、3月15日、16日に2夜連続で放送された『宮本武蔵』。
その視聴率はというと…。

速報!木村拓哉の宮本武蔵、視聴率は…微妙

残念な結果に終わってしまったこのドラマですが、テレ朝は開局55周年の目玉として力を入れていたドラマでした。
特にアクションシーンは、幼少時から剣道をやっていたという木村さんもこだわっていたのだとか。

(以下引用)
歴史好きの父親の影響で子どものころから時代劇ファンということもあり、今回の武蔵役にはただならぬ気合を入れていたというが。

「撮影は昨年12月9日から始まったのですが、木村さんは『安堂ロイド』(TBS系)の撮影があったため、20日からの合流に。
連ドラの撮影後に殺陣の練習を多少はしたようですが、時間が足りなかったようで、いざ撮影を始めてみると殺陣のシーンで苦戦していました」(ドラマ関係者)
(以上引用 週刊女性)

時代劇というのは、現代劇とは違っていろいろ特殊ですからね。
昔と違って、今の役者さんは殺陣だけではなく時代劇に必要なさまざまなことを習得していないので、時代劇は撮り方を工夫してなんとかごまかしている、と以前報じられていました。
※詳しくはコチラ。

時代劇の裏側に迫る!時代劇にかかる費用、乗馬・殺陣シーンの裏側など

まず、殺陣に必要な刀を抜くのに苦労するらしいですね。
木村さんは8年前に映画『武士の一分』でも時代劇を経験されてますし、さすがに刀を抜くところからではなかったと思いますが。

武士の一分 [ 木村拓哉 ]

 


今回、殺陣が大変だったのは、木村さんが多忙で練習ができなかったから、だけではないらしいのです。

(以下引用)
通常の時代劇なら殺陣専門の指導者が必ずつくのですが、今回はアクションコーディネーターという人が指導にあたっていました。
本人は剣道をやっていましたから、何も不安はなかったようですが剣道と殺陣は似て非なるもの。
スタッフは、木村さんの動きに“さすが!”と盛り立てていましたが、殺陣のシーンをどう見せるか頭を悩ませていました」(撮影所スタッフ)
(以上引用 週刊女性)

アクション監督は、谷垣健治さんという方だったようですね。
Wikipediaを見ると、アクション専門の方ではあるようですが、過去の作品を見る限り、確かに時代劇の殺陣専門の方というわけではないようです。

谷垣健治 – Wikipedia

今回はワイヤーアクションやCGを駆使した、今までにない殺陣シーンもウリのひとつでした。
だから殺陣専門の方ではなくアクションコーディネーターの方がついたのだろうと思うのですが、実はこれも“苦肉の策”だったとか。

(以下引用)
「時代劇のプロである太秦撮影所のスタッフたちの腕で、それなりのクオリティーには仕上がりました。
でも一乗寺下り松の76人斬りシーンだけで3日も費やしたと報じられましたが、時代劇をやっている役者だけならそんな日数はかからないはずだけど(苦笑)」(撮影所関係者)
(以上引用 週刊女性)

このあたり、雑誌に書かれていることだけではイマイチわからない部分もあるんですが、つまり、木村さんの殺陣が不安で、そのまま見せても迫力が望めそうにないから、殺陣専門の方ではなくアクションコーディネーターの方にお願いして、殺陣が多少ぎこちなくてもあとはワイヤーアクションや撮影手法、CGでなんとか乗り切ろうとした…ということなのでしょうか。

木村拓哉の余裕発言連発に京都撮影所のベテランスタッフも唖然…「宮本武蔵」の視聴率次第で時代劇俳優への転身も?
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading

管理人が子供の頃は時代劇が花盛りで、よくテレビで見ていた覚えがあります。
そのころの俳優さんなら、確かに76人斬りくらいサラッとこなしてしまったんでしょうね。
上記でご紹介したこの記事には、時代劇関係者の
昔は松方弘樹さんみたいにノーカットで200人斬りができる役者が何人もいた
という話が掲載されています。

遠山の金さんVS女ねずみ ミュ-ジックファイル大野克夫 【CD】

 


↑松方さんといえば『遠山の金さん』だと思ったんですが、DVDとか出てないんですね。

しかし、今は時代劇というのは本当に少なくなりました。
上記撮影所関係者が言うところの“時代劇をやっている役者”というのがはたしてどれくらいいらっしゃるのか…。
その役者のみで時代劇を作るというのはかなり無理があるでしょう。
つまりは、主演が木村さんじゃなくても、今はごまかしごまかしで時代劇を作るしかなくなっているんだろうと思います。
時代劇、管理人は大好きなんですけどね。
また昔のように時代劇が盛り上がって、本当に“時代劇をやっている役者だけ”で、迫力のある本当の時代劇を撮影できる時代が来ればいいのにと思いますが…お金も現代劇の倍くらいかかるそうですし、難しそうですね。
微妙な殺陣で微妙な視聴率に終わってしまったという木村さんの『宮本武蔵』。
木村さんは、7月にフジテレビで『HERO』の続編が内定しているという噂が流れています。

共演者総入れ替え!?木村拓哉『HERO』続編には松たか子も阿部寛も大塚寧々も出演しないらしい

内容的には非常に不安な噂も流れていますが、こちらは果たして実現するのか、実現したとして、はたしてかつての“視聴率男”の面目躍如といくのかどうか…今後の成り行きが楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
手越祐也がキャイ~ン・天野ひろゆきとの結婚を発表した荒井千里にフラレていたとのちょっと恥ずかしい噂
オダギリジョーが主演恐怖症?『アリスの棘』で主演オファーを拒否したのは、過去の打ち切りがトラウマとの噂
「小室哲哉を恨んでいた」華原朋美が語った失恋後の胸中
【AKB48】大島優子、6月2日卒業「劇場公演で私のアイドル活動に終わりを告げたい」
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    適当な記事

  2. かめ より:

    お前性格歪んでる?

  3. 匿名 より:

    ジャニーズ使うな

  4. 匿名 より:

    今まで数字取れてたのは、裏が弱い枠でばかりやってたからでしょ?
    月9や日9は、裏にドラマも映画もないんだもん、楽。
    裏が強ければ、キムタクもこの通り。