スポンサーリンク
新着ニュース

NHKは大河ドラマからの引き際を間違えた?朝ドラは絶好調なのに大河が絶不調な理由は…?

あまちゃん』のヒット以降、NHKの朝ドラ好調です。
あまロス、なんて言葉も生まれた『あまちゃん』終了後の朝ドラがヒットするのかどうか、始まる前は不安視する声もあったのですが、『ごちそうさん』も大ヒットのまま最終回を迎え、その後に始まった『花子とアン』もまた絶好調です。
それに対し、NHKのもう一つの看板ドラマである大河ドラマは不調から抜け出すことができません。
その理由はいったいどこにあるのでしょうか。
意外なところに理由がある、と、週刊新潮が述べています。
現代人は、45分のドラマを1年間見続けるほどの集中力に欠けている…?→ Geinou Ranking

by カエレバ

にほんブログ村 芸能ブログ

NHKの朝ドラは、1961年に始まりました。
視聴率は常に上位で、あの伝説的ドラマ『おしん』(83年~84年放送)もまた朝ドラでした。
※今から思うと驚異的な視聴率でした。
平均視聴率52.6%のお化け番組『おしん』のギャラは1話数千円だった!
この『おしん』も放送された80年代までが朝ドラ黄金期で、視聴率はどのドラマも30%以上取っています。
90年代後半になると、30%取ることは難しくなってきますが、それでも20%台をキープ。
20%を割り、低迷期に入ったのは03~04年に放送された『てるてる家族』(18.9%)からでした。
ここから実に10年間、朝ドラは一度も平均視聴率で20%を越えることができなかったのです。
12年前半に放送された『梅ちゃん先生』がようやく20.7%を記録し、長い冬の時代が終わったかに思えたのですが、その後に放送された『純と愛』がまたしても17.1%と20%以下を記録してしまいます。

純と愛(part1) [ NHK出版 ]


やはりもうダメなのか、と思われた朝ドラを救ったのが、ご存じ『あまちゃん』だったわけです。
(以下引用)
これまでの朝ドラにはなかった異色作でした。
“女性の一代記”という定石を破り、脚本の宮藤官九郎さんのユーモアを取り入れながら、わずか4年間という異例の短い物語でした」
とは、上智大学の碓井広義教授(メディア論)。
「さらに、主役の能年玲奈のほか、小泉今日子、宮本信子も物語の中心人物として活躍する、“トリプルヒロイン”のドラマでした。
実際の出来事である東日本大震災も取り込んで、朝ドラの既成概念を崩しましたね。
朝ドラを見なかった新しい視聴者を多数呼び込んだと思います」
(以上引用 週刊新潮)
その後に放送された『ごちそうさん』は、今度は朝ドラの王道を行く作品で、『あまちゃん』で離れた朝ドラの固定視聴層も戻ってきたのではと言われ、『あまちゃん』を超える22.4%という好視聴率を獲得。
続く『花子とアン』も、事前に様々な悪評を流されながらも、平均で20%台をキープする好調ぶりを見せています。
嫉妬が原因だった!?『花子とアン』主演の吉高由里子にバッシング報道が相次ぐワケ
(以下引用)
『あまちゃん』の流行以来、朝ドラは職場や学校で話題になり、見ないとついていけないのが嫌で見ている人もいる
(以上引用 週刊新潮)
と、ライター兼イラストレーターの吉田潮氏。
確かに、ツイッターなんかを見ていても、『あまちゃん』以降、朝ドラの話題を呟く人が格段に増えた印象ですよね。
主演の能年さんは、『あまちゃん』の印象が強すぎて一発屋疑惑まで浮上するほどイメージの転換に苦労されてるようですが、NHKにとってはまさに『あまちゃん』様々、といったところでしょうか。
能年玲奈が芸能界から消えるかも・・・一発屋で終わる可能性が高い!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
さて、そんな絶好調の朝ドラに対して、NHKのもう一つの看板ドラマである大河ドラマは不調が続いています。
こちらも歴史は古く、スタートは1963年。
黄金期は朝ドラと同じく80年代で、87年に放送された『独眼竜正宗』では平均39.7%もの視聴率を取っていたそうです。
ただ、こちらは朝ドラと違って、昔は全て視聴率が絶好調だったかというとそうでもなくて、確かに『独眼竜正宗』とその次の『武田信玄』(39.2%)、『春日局』(33.1%)あたりは絶好調なんですが、その後は下り坂となっており、94年には『花の乱』で14.1%という視聴率を記録しています。
そして、96年に『秀吉』(30.5%)で再び盛り返したものの、その後は20%前後の数字が現在まで続いています。
ここ10年では、07年に放送された『篤姫』(24.5%)が最高、12年の『平清盛』(12.0%)が最低視聴率となります。
『平清盛』は歴代最低、ということになりますね。

平清盛(完結編)


そんな、長期低迷中の大河ドラマですが、現在放送中の『軍師官兵衛』もやはり低迷中。
4/20放送の16話の視聴率は16.2%
13話では、12.9%という数字も記録しています。
朝ドラは復権の兆しが見えますが、大河ドラマには一向にその気配が見受けられません。
いったいなぜ、なのでしょうか。
(以下引用)
「豊作続きの朝ドラの一方で、大河ドラマを見る動機がない、というのが正直な感想です」
とは、先の碓井教授。
黒田官兵衛は歴史好きしか知らないし、軍師はあくまでサポート役。
視聴者からは距離がある人物
です。
むしろ、彼が使えている織田信長や豊臣秀吉の方が、これからどうなるのか気になってしまう。
題材がマニアックなんです。
主役の岡田准一は悪い俳優だとは思いませんが、線が細く、大河ドラマの重さに比べるとどうしても軽く感じます。
八重の桜』も、同支社の創立者・新島襄は知っていますが、ほとんどの人がその奥さんは知りません。
平清盛』にしても、清盛は日本人の歴史観では悪役のイメージが強すぎる。
そんな悪役の話を1年間も見る気にはなれません」
(以上引用 週刊新潮)
まあこれは確かにその通りだと思うんですよね。
管理人は今回、とても久しぶりに大河ドラマを見ていますが、それは昨年映画『清須会議』を見た影響です。
ここに黒田官兵衛が登場していたので、同じ時代を扱っているということで興味を持ったため、でした。
もしそれがなければ、黒田官兵衛という人についてはほとんど知りませんでしたし、興味も持たなかったと思います。
やはり、大河ドラマとして1年間も放送するには、もう少しメジャーな人を題材にするべきだろうと思います。
ただ、大河ドラマは1963年から50年以上毎年放送しているわけですし、メジャーな人は出尽くしてしまった…ということなんでしょうね。
(以下引用)
「大河ドラマ2作目の『赤穂浪士』であれば、その後も大石内蔵助に焦点を当ててスピンオフ作品も作ることができます。
でも、戦国武将や剣豪、幕末の英雄などでテーマとなりうる人物はそれほど多くない。
NHKは大河からの引き際を間違えたといえるでしょう」(作家の麻生千晶氏)
(以上引用 週刊新潮)
個人的には、同じ人を取り上げたってかまわないんじゃないかと思うんですけどね。
役者さんも変われば脚本も変わるわけで、まったく同じものが出来上がるわけではないんですから。
時代劇がどんどん減っている現代、多少視聴率が取れなくったって、文化としてNHKには大河ドラマを作り続けてもらいたい、とも思うのですが…。
大河ドラマ自体が、今の時代と合わなくなった、という意見もあるようです。
(以下引用)
「以前、私が携わっていた徳島テレビ祭に朝ドラのプロデューサーを招いた時、彼は
“現代の忙しい人々が意識を集中できるのは、せいぜい15分”
と言っていましたが、正にその通り。
大河は実在の人物のドラマを45分間、しかも1年間にわたって見なければいけない。
15分しか集中できない今の日本人にはとても無理」(映画評論家の白井佳夫氏)
(以上引用 週刊新潮)
酷いこと言いますねー。
朝の忙しい時間は、確かに15分でも意識を集中させるのは難しいかもしれませんが、夜はまた話が別だと思うんですけどね。
そもそも、大河ドラマが絶不調だ、視聴率が取れないといいますけど、それじゃあ試しに今期の他の連ドラの視聴率と大河ドラマ、どっちが視聴率取れてるか比べてみます?
4月27日スタートの『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS)はまだ視聴率が分かりませんからアレですが、4/20放送の『黒田官兵衛』16.2%に勝ててるのは、現状今期トップの『花咲舞が黙ってない』初回17.2%だけ、なんですよね。
その『花咲舞』だって、2話には14.7%まで下がってしまってるわけですから、ねぇ。
昔の、テレビ以外の娯楽が少なかった時代、誰もがテレビを見ていた時代の視聴率と比べても意味がないと思うんです。
実際には、大河ドラマはまだまだ視聴者に支持されています。
他のドラマの視聴率を見れば一目瞭然だと思いませんか?
NHKさんは自信を持って、今後も質の良い大河ドラマを作り続けていただきたいですね。
時代劇の火を日本から消さないためにも、頑張ってもらいたいと切に思います。
※時代劇は、前々からピンチなんです。
なぜ我々は日本の時代劇を見られず韓国・中国の時代劇を見なければならないのか
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
鈴木京香、長谷川博己との結婚が暗礁に?別宅を手放さない彼氏との微妙な距離感
ファンが別人説を拡散!その呆れた主張と未成年飲酒、喫煙、暴行を報じられたジャニーズWEST・藤井流星の今後は?
テレ朝「得意の刑事ドラマ3本始めたのに視聴率一桁しか取れない」
【芸能】小林麻耶、バイキング生放送で号泣「ブログのことは悪く言わないで」
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    大河ドラマの登場人物。その肝心の「主人公などの登場人物の子孫」が、番組についてどう感じているのか知りたいですね。「公の場では言えないが番組について相当な不満を持っている」、と感じている人がもしかしたらいるのかもしれないですね。実際に登場人物の子孫が、「先祖に恥をかかせないでほしい」と番組を辞めてほしいと願っているのでしょうか?この点が最近気になります。
    でも近年あれだけ世間で批判にさらされながらも、登場人物の子孫が番組関係者の誰かに対して、「原告の先祖たる歴史上の偉人に対する名誉棄損による慰謝料請求」の訴訟騒ぎ、になっていないのが不思議に感じる人もいますね。意外にもアメリカではあれだけの訴訟大国でありながら、実在の人物を主人公にした映画やドラマが、いくつもありながらこのようなことがほとんどない。向こうの人は「人権問題や差別問題など世間からの批判を浴びる様な描写さえなければ、いくらかの創作・脚色・演出は認められる」という習慣があるため、フィクションの部分に関してはおおらかなのでしょうか?
    大河ドラマの場合は俳優やスタッフに余計な不安をかけさせたくない、という理由で苦言を言わないだけと言う可能性もありますね。あえて言えばどこかに不満があれば早めに、番組関係者の誰かに直に言うのも後腐れしなくていいのかな?
    ただ、私は朝ドラが「大河ドラマで挫折した俳優の救済番組」になる事は避けてほしいことです。反対のケースがないのでなおさらそういう現象が起きてほしくないと思います。

  2. 匿名 より:

    最後に今期のドラマの視聴率が軒並みよくないようですが、この数年1ケタ視聴率のドラマが多いですが、即座に打ち切りになるという事が意外と少ないです。むやみに打ち切りにすると後で裁判沙汰になるリスクもあるのでは?と思います。
    「大河ドラマはむやみに(低視聴率により)打ち切りにすると放送法違反になる」と言う可能性もあります。
    あとNHKのドラマの視聴率について、「高くても低くても芸能界では話題にしない(自慢話にも冷やかしの材料にもならない)」と言う暗黙の了解が存在するのでは?と思います。確かに俳優が人前(インタビュー含め)で自分が主演の番組の視聴率について言う事がないですね。記者がそれについて聞く事もないです。
    事実、朝ドラ不振期のヒロインで芸能界引退に追い込まれた人がほとんどいないのもそれがあるからでは?

  3. 匿名 より:

    もしも出演者なり脚本担当者なり、「厳密な基準を設けて選ぶ」法式に変更したらどうなるか?俳優の場合は「公開オーディション」形式の実技選考会を経て主役を選ぶ。
    これにはリスクもあり、「万が一主人公の子孫に当る人が応募してしまう」と言う事態を避けるために、事前にだれが主人公であるかを言わず、「主人公の性別のみ」を教えるとなると、実技審査に臨む人もどういう気持ちで応募すればいいのかわからない。
    この方式だと「俳優年数」が無視される可能性もあり、「審査委員長が気に入った人物」だけが選ばれる可能性もある。あと審査委員に主人公の子孫をがいても、「私の先祖に風貌が似ている」との理由で選ばれる可能性もある。

  4. 匿名 より:

    「ほぼ毎日放送している短時間の番組を見る事よりも、週に1回放送している1時間番組を見る方が難しい」ですか。
    例え話として言えば「年を取ると試合時間の短いスポーツの方に興味がわく」と言う発想と同じですかね?野球(平均3時間余り)→サッカー(平均1時間30分)→ボクシング(平均30分)→相撲(平均1分)と興味が移る。なおゴルフは1日では終わらないので除外。
    いっそのこと今の朝ドラを「新・大河ドラマ」にしてしまえ、と言う発想を最近持ってひますが。そもそも「NHK大河ドラマ」と言う番組名は、NHKの関係者が命名したものではない事実(さらに言うと実は最初から「大河ドラマ」の番組名ではない)を知っている人がいるかな?

  5. 匿名 より:

    大河1本に莫大な予算かけてるの知らないの?
    民放ドラマの数字と比べるなんて、どんなし思考回路してるのか?
    大河の予算は、みんなの受信料で成り立ってる。
    岡田さんの様な、不倫報道を幾つものメディアでされた、良くないイメージのタレントを使うのは如何なものでしょうか?
    少なくとも、受信料を払ってる視聴者には、不倫報道の釈明を納得する形ですべき。
    岡田さんは、身長や演技力や存在感も、大河主演のレベルには程遠いと思います。
    今まででも、最も不適格な大河主演者ではないかな?

  6. 匿名 より:

    朝ドラも不調だったけど、ゲゲゲの女房が面白くて数字が上がっていった
    初回は数字低かったから、それだけ作品の中身が視聴者を惹きつけたことがわかる
    あと、8時始まりにしたので
    その視聴の癖がついてるんだと思う
    あまちゃんは、社会現象になったけど
    その後は、やっぱり惰性で見てる人も多いと思うな
    大河が低いからって、キャストのせいにしたりするのは違う
    朝ドラも大河も、数字が良くても悪くても
    役者に関係ない

  7. 匿名 より:

    大河は土曜日お昼に再放送があり、BSプレミアムで総合に先立ち放送されている
    つまり週に3回放送されてんだよね
    総合の本放送が16パーセントでも仮に他の2回が2パーセントずつなら合計して20パーセント超えちゃうよ
    大河は近年不作が多いのは確かだが、民放の暇つぶしドラマよりはよっぽど良い

  8. 名無し より:

    あまちゃんはともかく、ご馳走さんって面白かった?
    今の視聴者は大河楽しむほどのリテラシーないだろ。今出てる評判の歴史小説も表紙はマンガ本みたいだし。
    山本周五郎や吉川英治、藤沢周平、野上弥生子みたいな作家がいない。今ちやほやされてる作品がこの先もずーっと読み継がれていくかは疑問だわ。