スポンサーリンク
新着ニュース

指原莉乃『薔薇色のブー子』が大コケ!なんと初週の興行成績が690万円以下と大爆死!

AKB48の昨年度総選挙1位、今年も1位が確実と見られているHKT48指原莉乃さん主演のコメディ映画『薔薇色のブー子』が大コケしてしまいました。
映画は5月30日に公開されたのですが、映画の興行成績を集積するサイト「Box Office Mojo」によると、この週の18位までに『薔薇色のブー子』は入っていません。
18位の映画が28スクリーン公開・2週目で691万円という興行収入であることが公表されていますので、必然的に『薔薇色のブー子』はそれ以下の収入しか上げられなかったということに…!
ちなみに、『薔薇色のブー子』は全国76スクリーンで公開されています。→ Geinou Ranking

薔薇色のブー子 スタンダードエディション [ 指原莉乃 ]

 

にほんブログ村 芸能ブログ

5月31日~6月1日の映画興行成績ランキングはこうなっています。

1位 アナと雪の女王(12週目)
2位 X-MEN:フューチャー&パスト(初週)
3位 MONSTERZ モンスターズ(初週)
4位 青天の霹靂(2週目)
5位 万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(初週)
6位 テルマエ・ロマエII(6週目)
7位 名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)(7週目)
8位 アメイジング・スパイダーマン2(6週目)
9位 映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(7週目)
10位 闇金ウシジマくん(3週目)
(データ引用 映画.com)

もちろんここには、『薔薇色のブー子』は登場していません。
映画ライターの寸評にも登場していなかったので、どれくらいだったのかと気にはなっていました。
映画の評判そのものは悪くなかったようですね。

(以下引用)
「5月30日に全国71スクリーンで封切られた『薔薇色のブー子』は、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)や『都市伝説の女』(テレビ朝日系)、映画『HK/変態仮面』など、次々と話題作を手掛けるヒットメーカー・福田雄一氏が監督を務め、共演もユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、田口トモロヲ、マギーなど、日本映画ファンからの支持も厚い、味のある役者をそろえている。
観客の評判も上々で、中には『ずっと笑いっぱなしだった』という人もいるようです」(映画ライター)
(以上引用 日刊サイゾー)

福田監督の映画といえば、という定番の役者さんが揃っていますね。
主演はともかく、この面子が揃っていれば、そして監督が福田さんであれば面白いものができているだろうことは予想できます。
ところが、映画の興行成績を集積する「Box Office Mojo」というサイトがあるのですが、そこで発表されたランキングの18位までにこの映画が入っていないことが判明したのです。
14位以下18位までがどんな映画になっているかが2ちゃんねるにありました。

14 悪夢ちゃん 2062万 271scr 5週目
15 マンデラ 自由への長い道 1668万 182scr 2週目
16 ブルージャスミン 1031万 53scr 4週目
17 ネイチャー 737万 24scr 5週目
18 ラストベガス 691万 28scr 2週目
**薔薇色のブー子 691万以下 76sc 1週目
(以上引用 2ちゃんねる)

17位の『ネイチャー』は24スクリーンで5週目、18位の『ラストベガス』は28スクリーンで2週目です。
つまり、初週で、これらの映画の倍以上のスクリーン数だったにも関わらず、それより下の興収しか上げられなかった、ということになります。
690万円だったとして、76スクリーンですので1スクリーン当たり約9万円。
定価の1800円で入っていたとして、1スクリーン当たり約50人、という計算になります。
2ちゃんねるでは、
というか18位が690万なんだが、興行収入スレに載ってた予約販売数ランキングでは
ブー子は常に20~25位あたりだったから正確には400~500万ってとこだろう

という書き込みもあり、もっと少なかった可能性もあります。

逆に、この「Box Office Mojo」というサイトは日本のサイトではないだけに、特に初週はデータが抜けることがあるそうです。
ひょっとすると、もっと上位に入るはずだったのに抜けている、という可能性もあるようです。
2ちゃんねるの興行成績スレでは、16位のブルージャスミンよりは上だろう、という指摘もありました。
とはいえ、それでも1600万円ほどということになりますので、やはり大コケということには変わりなさそうです。
このあたりは、もう少しすると正確なところが分かってくるかもしれません。

(以下引用)
「AKB48卒業前の前田敦子が出演した『苦役列車』は、72スクリーンと公開規模は『薔薇色のブー子』とほぼ同じだったが、初週の興収は約2,070万円を記録している。
今回の敗因は分かりませんが、前回の総選挙で15万票以上を集めた指原の主演作なだけに、目を疑うばかりです」(同)
(以上引用 日刊サイゾー)

前田さんは主演ではなくヒロインでしたが、その『苦役列車』も、公開当時は“大コケ”という報道が飛び交いました。

苦役列車

 


映画『苦役列車』が大惨敗!ヒロイン前田敦子、今後は女優希望も前途多難?

それを下回るコケっぷりということになります。
ちなみに、上記記事に当時2ちゃんねるで出回っていたこんなデータがあります。

(100scr以下邦画初動)
1億144万3272 *80 阪急電車 片道15分の奇跡
*4401万7198 *36 ちょんまげぷりん
*3866万0000 *89 オカンの嫁入り
*3551万**** *47 しあわせのパン
*3524万**** *79 ヒミズ
*3031万8817 *82 花のあと
*2721万5600 *87 死刑台のエレベーター
*2598万7200 *60 春との旅 
*2559万8400 *52 シーサイドモーテル
*2416万2439 *44 パーマネント野ばら
*2326万6650 *38 トイレット
*2076万4776円 *73 苦役列車 
(データ引用 2ちゃんねる)

100スクリーン以下と規模の小さい映画とはいえ、2076万円というのは少なすぎる…というのが当時の論調だったわけですが、その半分にも満たない『薔薇色のブー子』、さすがにヤバくないですか…?
サイゾーには、
ネット上では、「なぜ、前売りに握手券を付けなかったのか?」と皮肉も見受けられる
なんて書かれてますが、ホント、指原さんのファンだという15万票の主たちはどこに行ってしまったんでしょうか。

まあ、『苦役列車』の前に前田さんが主演した『もしドラ』のときも思いましたけど、ファンを動員したいのであれば総選挙直前という今は時期が悪すぎるんですよね。
ファンだって無限にお金が湧き出てくる財布を持っているわけではありません。
選挙に全力投球でCDを買ってしまっているこの時期、推しメン主演の映画だからと言って余分な資金があるはずはないんです。
公開する側は、総選挙でAKBが話題になってるこの時期に!と思うのかもしれませんけど、AKBってそんなに世間一般の人に興味もたれてないですから…。
映画の半券に総選挙の投票券つけたら、きっともっと動員伸びたでしょうけどね。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら [ 前田敦子 ]

 

※あっちゃんの『もしドラ』も公開はまさにこの時期、総選挙直前でした。
AKB48前田敦子主演映画『もしドラ』大コケ確定?初日から空席だらけ!

しかし、指原さんの場合、映画がコケても、なんとなくまあ指原さんだし、みたいな感じありますね。
前田さんの映画がコケたときはちょっと信じられない感じがしましたけど。
見たら面白いという『薔薇色のブー子』、はたしてこの先興収を伸ばすことができるのでしょうか。
史上空前の大コケ大爆死、ということで話題になったら、そんな映画なら見てみようか、という人が出てくる…かもしれないですよね。
果てしなく小さな可能性な気がしなくはないですが、総選挙後、最初の給料日後くらいまで上映してたらひょっとしたら興収伸びるかもしれないですよ。
頑張ってください。

※総選挙はそれでもやっぱり指原さんの圧勝?
AKB総選挙を数理モデルで予想 「固定票の指原、浮動票まゆゆの対決。ブログ書き込み数は半減」
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

指原莉乃のブログはこちら

【本日の気になるニュース】
山岸舞彩の車中ラブシーンを週刊文春がスクープ!本命アスリートはプロアイスホッケー選手の菊池秀治
新垣結衣との熱愛継続中の錦戸亮が結婚願望を吐露!?「早く子供が欲しい」発言は赤西仁の影響か…?
脊山麻理子アナ、古巣の日テレを実名批判…福澤朗アナらの”イジメ”を訴える
ワッキーの兄・脇田英人さんがカッコイイと話題!「マジイケメンすぎてやばい」【画像】
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    身体に触れさせないとお金だしてもらえない女集団だってことだね

  2. 匿名 より:

    脚本がいいのにコケるのは、出演者(特に主役)のせいとしか思えない
    そもそも映画もドラマもAKBの出演作はいろんな意味でずっこけてる場合が殆ど
    AKBの場合、これぐらいは普通だし特に驚くことではない

  3. 名無し より:

    千円の日でも行かないよ。DVDで十分でしょ。
    前田敦子ほどの魅力はない。
    しっかり脇役の顔。