スポンサーリンク
新着ニュース

陣内孝則がドラマ撮影現場でブチ切れ!ロケ中に帰ってしまって現場は大混乱!

陣内孝則さん(55)といえば、どちらかといえばコミカルで親しみやすいイメージの俳優さんなのですが、実は非常にメンドクサイ方なんだそうです。
7月にスタートする深夜ドラマ『獣医さん、事件ですよ』(日本テレビ)の主演を務める陣内さん、クランクインしたばかりの現場で早くもトラブルを起こしていたといいます。
なんと、撮影中に激怒して帰ってしまったというのです。→ Geinou Ranking

極道渡世の素敵な面々 [ 陣内孝則 ]


にほんブログ村 芸能ブログ

7月にスタートする『獣医さん、事件ですよ』で主演の人情味あふれる獣医役を務める陣内さん、連ドラ主演は7年ぶりなんだそうです。
ちなみに、7年前に主演を務めたドラマは、テレビ朝日の『菊次郎とさき』第3シリーズ。
03年の第1シリーズから3シリーズ放送された『菊次郎とさき』は、第1シリーズの平均視聴率が12.0%、05年の第2シリーズが14.9%、07年の第3シリーズは9.3%でした。

菊次郎とさき [ ビートたけし ]


陣内さんといえば、20年~30年くらい前でしょうか、とにかく昔は連ドラに引っ張りだこで大人気の俳優さんだったんですが、最近は脇で一癖ある役柄を演じてらっしゃるのをよく見ますね。
今もNHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』でかなり癖のある宇喜多直家役を演じてらっしゃいますが、かなりはまってて面白いです。
その宇喜多直家はすごくイヤな奴なんですが、陣内さん自体のイメージはというと、やはり昔のトレンディードラマのイメージもあり、会見などで話している姿をテレビで見たりするイメージもあり、気さくで面白く親しみやすい俳優さん、というイメージですよね。
ところが、今回の『獣医さん、事件ですよ』の撮影現場では、クランクインしたばかりにも関わらず、早くもトラブルを起こしているというのです。
(以下引用)
撮影中に激怒して、現場を放棄して帰ってしまったんです。
当然、現場は大混乱で、陣内が所属するオスカープロモーションの役員も
『帰るのはマズイです』
と陣内さんを説得するなど、収拾に必死でした
」(ドラマスタッフ)
(以上引用 週刊文春)
陣内さん、実は“けっこう面倒くさい人”なんだそうで、昔のドラマの現場でも似たようなことをやったことがあるんだとか。
現場を目撃した制作関係者の話です。
(以下引用)
米倉涼子さんが主演した『交渉人』(テレビ朝日)のパート2に出演していたんですが、このドラマで川崎のビルを借りてのロケがあったんです。
ビルの都合で、個室の控室は米倉さんと、浅野ゆう子さんの分しか取れませんでした。
すると昼食休憩のときに陣内さんがエキストラの人たちと一緒の部屋になってしまい、それにキレた陣内さんが勝手に帰ってしまった
んです」
慌てたスタッフたちの奔走によって、何とか陣内は撮影現場に戻ってきたのだが……。
戻ってくると、和室の部屋に技術を含めてスタッフ全員を呼び、正座させて説教が始まりました。
『お前らなめてんのか!オレが何年やってんのかわかってんのか。
なんでエキストラと一緒にメシを食わなきゃならねえんだ!』
と大声で怒鳴りました。
声は部屋の外にも筒抜けで、米倉さんら共演陣もたじろいでいました
」(同前)
(以上引用 週刊文春)

交渉人 THE NEGOTIATOR2 [ 米倉涼子 ]


これは…どうでしょうね、スタッフ側にも落ち度があるような気がしますよね。
俳優さんは米倉さん、浅野さん、陣内さんのほかにもいたんじゃないかと思うんですが、そのほかの俳優さんはどうされていたのかが気になります。
同じくエキストラと一緒にご飯を食べていたんでしょうか。
もし一緒に食べていて、陣内さんだけがキレたのであれば、陣内さんはキレやすい人なのかなぁとも思いますが…。
そもそも、ドラマの撮影現場でエキストラと俳優さんが一緒の部屋でご飯を食べるというのは普通のことなんでしょうか?
エキストラといえば一般の方もいるわけで、そういう場で俳優さんが一緒にご飯を食べるというのは、気も休まらないでしょうし、なんとなく気の毒なような気もしますよね。
台本を覚えたり役作りをしたりといった、静かな環境でしなければならないこともあるでしょうし。
2つしか個室が用意できなかったのなら、俳優さんの女性陣と男性陣に分けて共同で使うとか、そういうことはできなかったんですかねぇ…この辺が芸能界の力関係、というものなんでしょうか。
ちなみに、現在の陣内さんの所属事務所・オスカーはこう答えているといいます。
(以下引用)
(『獣医さん~』の現場から帰った)事実はありません。
(『交渉人』の件は)陣内が弊社と契約する以前の出来事で把握しておりません

(以上引用 週刊文春)
そう、陣内さん、『交渉人』当時は芸能界の大手事務所・オスカーの所属ではなかったんですね。
オスカーに所属したのは13年からとか。
では、それまではどうしていたのかというと…。
(以下引用)
ずっと個人事務所でやっていた陣内さんですが、自らの力だけでは、なかなかいい仕事が入ってこなくなったのでしょう。
13年から業務提携というかたちでオスカーが仕事の窓口になりました
」(芸能プロ関係差)
(以上引用 週刊文春)
つまり、『交渉人』当時は個人事務所だけでやってたわけですね。
一方の米倉さんはオスカーの所属、浅野さんは、かつてオスカーや研音に所属していたとWikipediaには書かれていました。
そういう力関係から、米倉さんと浅野さんは個室、そのほか大勢は一緒くたという扱いだったのだとしたら…まあ、腹の立つのも分かる気はしますよね。
それをストレートに出すのがいいのか悪いのかは置いておくとして、ですが。
さて、かつての現場放棄事件にはきちんと(?)理由があったようですが、今回陣内さんが現場を放棄するほど激怒した理由は何だったのでしょうか。
なぜか、それが書かれてないんですよね、この記事。
一番重要なことのはずなのに。
代わりに、陣内さん久しぶりの主演連ドラ『獣医さん~』の“メイン”は別の出演者なんだというこんな裏事情が書かれています。
(以下引用)
実はオスカーにとってこのドラマは、陣内の娘役でドラマデビューする12年国民的美少女コンテストグランプリの吉本実憂(17)を売り込むのが大きな目的です。
吉本はこの後、陣内も出演している大河ドラマ『軍師官兵衛』にも出演が決まっています」(スポーツ紙記者)
(以上引用 週刊文春)

吉本実憂写真集


吉本さんって、確かオスカーが武井咲さん、剛力彩芽さん、忽那汐里さんの次にゴリ押ししようとしているタレントさんだという話でしたよね。
※オスカーの売り出し戦略・ゴリ押しの詳細はコチラ。
オスカーが武井咲のゴリ押しをストップ?事務所内格付けが変動、剛力彩芽がトップに!
陣内さんが役員の制止も聞かずに帰ってしまうほど激怒した理由に、これが何か関係あるんでしょうか。
なんとなく、消化不良気味の記事ですね、これ…。
7月スタートの『獣医さん、事件ですよ』の枠は、今期は『トクボウ 警察庁特殊防犯課』(主演・伊原剛志)が放送されており、現時点までの平均視聴率は4.07%
その前はココリコの田中直樹さん主演の『慰謝料弁護士』で、視聴率はほぼ同じ、4.06%です。
『獣医さん~』はどれくらいの視聴率を取れるのでしょうか。
楽しみですね。
※息子さんは問題児らしい…。
フジテレビにコネ入社した陣内孝則の息子“陣内太郎”は史上最大の問題児だった
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

吉本実憂のブログはこちら
【本日の気になるニュース】
合コンで「ブス帰れ!」佐藤健の俺様ぶりが酷い。三浦翔平の飼い犬っぷりも酷い
中居正広が日韓問題で空虚な持論を展開!ネットでは「浅い知識で語るな」「幼稚な発想」と批判殺到!
瑛太、宮沢りえの“酔いどれ”猛アプローチに困惑!「俺、結婚してるのわかってる!?」
尾野真千子に月9主演は無理だった?!「極悪がんぼ」最終回前に月9ワーストを再び更新
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    女優陣は化粧とか色々あるから少ない個室を与えられるのは仕方ない。
    それよりあの方の演技がもうね・・・。

  2. 匿名 より:

    代わりはたくさんいるのにね、わかっちゃない男だね。

  3. 匿名 より:

    見てれば当然。この程度の人間だってわからないほうがおかしい。

  4. 匿名 より:

    過去の栄光がまだ残ってると勘違いしてる人
    息子も、昔バカなツイートしなかったっけ?
    世の中なめてる