スポンサーリンク
新着ニュース

織田裕二がプライドを捨てて挑んだ『奇跡の教室』が酷評!次回作では再びこだわり復活か?

6月28日に放送された織田裕二さん(46)主演のスペシャルドラマ『奇跡の教室』(日本テレビ系)の評判があまりよくありません。
視聴率も11.1%と微妙だったのですが、ネット上では脚本に対する酷評が噴出しているとか。
今回のドラマは、ドラマや映画の制作現場では常にこだわりぬく男として有名な織田さんが、制作にはまったく口を出さず、モニターチェックすらせず演じることのみに徹したのだそうです。
プライドを捨てて挑んだのに酷評ということで、次回作からはこだわりが復活するかも…?→ Geinou Ranking

係長 青島俊作2 事件はまたまた取調室で起きている! [ 織田裕二 ]


にほんブログ村 芸能ブログ

これまでフジテレビのドラマに出ることが多かった織田さん、今回初めて日本テレビのドラマに出演しました。
その際には、ギャラを半額まで値切られたという噂も…。

織田裕二、日テレにギャラを半額に値切られても快諾!10月期連ドラ主演決定の裏事情

(以下引用)
「織田さんは91年の『東京ラブストーリー』以降、フジテレビとの蜜月が続いていました。
しかし昨年放送の『Oh,My Dad!!』で惨敗
それから9か月間、次回作の声はありません。
視聴率が取れない俳優ともいわれ始めた崖っぷちの彼は、新天地を求めていました」(テレビ局関係者)
(中略)
織田さんは作品へのこだわりが強く、セリフや演出の変更をすることで有名です。
そのため、日テレは起用を敬遠していました。
しかし今作のプロデューサーは『マネーの虎』を仕掛けた人物で、ドラマを手がけるのは初めて。
そうした事情をまったく知らずオファーした
んです。
織田さんのカラーとは違う役柄でしたが、意外にも返答は“快諾”でした」(日本テレビ関係者)
(以上引用 女性自身)

【中古】Oh, MY Dad!! 全6巻セット s6228/PCBC-72258-72263【中古DVDレンタル専用】


まず、あの黄色いスーツのビジュアルにはビックリしましたよね。
ネットでも話題になりました。

織田裕二 ダサすぎるスーツ姿で予備校講師役wwwダンディ坂野そっくりワロタwwwww【画像あり】
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading

今までのカッコいい系の役とは確かに全く違う役柄です。
これでギャラが半額という報道が本当であれば、よく受けたなぁと思ってしまいますが、どうだったんでしょうね。
織田さん、今作では心境の変化があったようで…。

(以下引用)
「織田さんと仕事をする大変さは業界内にも轟いていましたから、制作陣も構えていました。
ところが織田さんは『OK!』が出た後にモニターチェックもしない。
そんなことは、デビュー作以来なかったこと
だそうです。
滝行のシーンでは、水中で震えるスタッフに
『俺も、もっと頑張らないとね!』
とねぎらいの言葉
をかけ、自らも滝の中で目が真っ赤になるまで演じていました。
また、安藤美姫さんや水卜麻美アナなど演技経験ゼロの共演者にも
『できる限りフォローしたい』
と、優しさを見せていました
」(制作スタッフ)

プライドを捨てて挑んだ今回のドラマ。
それだけに、織田本人も手応えを感じていたようだ。

「顔見知りのスタッフがいないことも新鮮だったのでしょう。
織田さんは
『これまでの俺を全部壊してくれてよかった。自分の原点に戻れた!』
と笑顔で語っていました。
撮影中には、口癖のように
『連ドラ化したい!』
とも訴えていました
ね」(前出・日本テレビ関係者)
(以上引用 女性自身)

織田さんと言えば、とにかくこだわる方として有名です。
たとえば、『Oh,My Dad!!』の前クールに放送された古田新太さん主演の『間違われちゃった男』。

間違われちゃった男 DVD-BOX


これは当初織田さん主演で話が進んでいたものを、脚本修正が思い通りにいかなかったため直前でドタキャンした、と報じられていました。

織田裕二が深夜枠ドラマ主演をドタキャン!「この話じゃイヤだ」で現場が大混乱!

織田さんの代表作『踊る大捜査線』シリーズでも、織田さんのこだわりっぷりが何度も報じられています。

「踊る大捜査線3」ピンチ!織田裕二のこだわり脚本修正連発で撮影に間に合わない!
踊る大捜査線4で織田裕二と柳葉敏郎のバトル再燃?共演シーンが削除された!

その織田さんがまったく制作に口を挟まなかったというのはなかなかすごいことです。
いったいどんな心境の変化だったのか気になるところですが、残念ながらこのドラマ、あまり評判がよろしくないようです。

(以下引用)
「とにかくシナリオが薄っぺらい」
「こんなドラマに頑張ってる織田さんが、見ていて寂しく感じた」
「コメディともドラマともいえない、サムい番組だった」
「出演者が気の毒」
(以上引用 日刊サイゾー)

「こんだけ主役から脇から固めて伏線張っておきながら全てメチャクチャにする脚本もある意味めずらしい」
「ストーリーバランスおかしすぎる。主人公の力量が最後まで不明」
(以上引用 リアルライブ)

2ちゃんねるからも少し感想を拾ってみます。

(以下引用)
すげーつまんなかった(´・ω・`)
まあ久しぶりに織田裕二見れたからいいか」
「えーと・・・・
つまり、あんな他人に丸投げなとんでもない授業をしておいて
なぜかクビにならないことが「奇跡」ってことでしょうか?」
オチが分からん
CM多すぎてなんか熱中しきれなかった
特に最後なんてCM挟む必要あったんだろうか」
「ひどすぎる……日テレはドラマをなめてるのか?」
「ドラマじゃなかったお話だった長々説明聞いてるだけ 何度も何度も出る名前テロップを始め夕方のニュースワイドショー特集みたいだった」
バラエティ番組の演出してる人がドラマ初演出だっけ。
テロップを入れたくてしかたないんだろうな。
一種の病気。

脚本・演出・音楽と三拍子揃って酷いドラマ
ここまで酷いのはなかなかお目にかかれないな

(以上引用 2ちゃんねる)

酷評の嵐ですね…。
視聴率も、11.1%と微妙な結果に。
この枠自体は10%前後が多い枠だそうで、惨敗というわけでもないんですが、織田さんの日テレ初主演ドラマとしてガンガン番宣をかけた結果としてはちょっとさみしい数字です。

(以下引用)
脇役にも、竹中直人、伊武雅人、速水もこみち、渡辺いっけい、高畑充希など、いい役者が揃っていただけに、もったいないですね。
また、元フィギュアスケート選手の安藤美姫も事務職員役で出演していましたが、目に余るほどの棒演技だった。
現在、安藤には日テレのプロデューサーがバックに付き、芸能活動をアシストしていますから、“お試し”で女優に挑戦したのでしょう。
しかし、彼女のフィギュアシーンを盛り込むなど見せ場を作るくらいなら、ストーリーの主軸を少しでも膨らませてほしかったですね」(同)
(以上引用 日刊サイゾー)

日テレ関係者は、こんな危惧をしているようです。

(以下引用)
「織田といえば、これまで演出に口を挟むにとどまらず、台本にまで手を入れることで知られていたが、フジテレビではそれをやり過ぎて、おまけに視聴率も取れなくなり、日テレのオファーを受けた。
そのため、今回は演じることに専念したようだが、微妙な視聴率。
日テレで次回作をやるようなら、またあれこれ織田が口を挟むのでは、と戦々恐々」(日テレ関係者)
(以上引用 リアルライブ)

ネットの声を見ても、どうやら悪かったのは出演者ではなく脚本だったようですし、もしこの続編を日テレでやるとしたら、織田さんとしても多少の口出しはしたくなるでしょうね。
この記事では、10月期に織田さんがこの続編で主演することが決まっているとも報じられてますが…。

織田裕二、日テレにギャラを半額に値切られても快諾!10月期連ドラ主演決定の裏事情

この記事では特番の放送は8月となってましたし、ネタ元は週刊実話ですし、ちょっと微妙ですね。
ちなみに織田さんは、秋放送のWOWOWドラマWで、池井戸潤氏原作の『株価暴落』に主演することが決まっています。

株価暴落 [ 池井戸潤 ]


WOWOWは視聴料収入で番組を作りますから、スポンサーに振り回されることなく良質なドラマを作っていますし、池井戸潤さんの原作ものは『半沢直樹』『花咲舞が黙ってない』と好調な作品が続いています。
その池井戸潤さん原作、こだわりの織田さん主演で制作WOWOWというのはすべてがぴったりはまってる感じがしますよね。
最近は落ち目という報じられ方の多い織田さんですが、これでいいものを作れて視聴率が取れれば、再び復活もありそうです。
残念ながらWOWOWの視聴率は公開されてないので結果はわからないんですが、放送が楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本日の気になるニュース】
小野寺まさる議員「AKBは背徳ビジネス」「霊感商法と似たり寄ったり」「音楽に対する冒涜」
トリンドル玲奈がセーラームーンに変身した結果wwwwwww
【芸能】映画「聖闘士星矢」、黄金ポスターの盗難相次ぐ
打ち切り確定!「ワンダフルライフ」がテレ東にトリプルスコア。山岸舞彩にも襲いかかるフジテレビの呪いとは
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. のんちゃん より:

    お金あるんだから本気で丸坊主にして悪の頭領やってイメージ変えた方が面白いと思うけど。

  2. 匿名 より:

    正直1ケタだろうなと思える内容だった
    この時間枠って、弱くても勝てますですよね
    11%は織田さんの力かも
    もっと違う役のほうがあってた気がする

  3. 匿名 より:

    山本高広がコントやってるみたいだった。
    織田さんて元々顔良くないし、ブサの人がコメディやってもイタイだけ。
    作品運に恵まれただけでここまで来た人でしょ?
    メッキが剥がれたね。