スポンサーリンク
新着ニュース

中島知子がブチ切れ!“自称霊能者”のライブで裏方を務めた、との報道に違和感がありすぎる!

洗脳騒動後、芸能活動を再開したもののイマイチぱっとしない中島知子さん(42)。
彼女が、意外な場所で目撃されました。
とあるライブハウスで、裏方を務めていたというのです。
では、メインでライブをしていたのは誰だったのかというと…洗脳騒動の時大きく報じられた、“自称霊能者”の女性でした。
しかし、記事をよく読むとどうも違和感が…。
この報道は週刊新潮のものですが、どうやら中島さんの怒りを買ってしまったようです。→ Geinou Ranking

by カエレバ

にほんブログ村 芸能ブログ

中島さんが洗脳されたと世間が大騒ぎし、一緒に住んでいた“自称霊能者”の女性から“奪還”されてから2年余り。
昨年からは芸能活動も再開している中島さんですが、かつてのようにテレビに出ずっぱり…とはなかなかいかないようです。
現在のレギュラーはMXテレビのバラエティ番組でのレギュラーコメンテーターのみ。
先日は、CS番組の公開収録後の囲み取材をドタキャンした、というアクシデントも報じられました。
※ただドタキャンしたわけではなかった模様です。
中島知子 “囲み取材ドタキャン” 報道を否定 「存在を知らなかった」
そんな中島さんが、ちょっと変わった仕事をしていたことを週刊新潮が報じています。
7月24日、東京・外苑前のライブハウスで、ライブを行っていた…のではなく、とある方のライブの裏方を務めていたというのです。
その方とは、例の洗脳騒動で一躍時の人となってしまった“自称霊能者”のIさん。
この日のライブは、彼女がボーカリストとしてステージに立っていたそうなのです。
中島さんはと言うと…。
(以下引用)
キャップをうしろ向きに被り、ギンガムチェックのシャツに黒いパンツという出で立ちで、ライブが始まると、デジカメを手にステージ前を行ったり来たりしていました
とは、さる観客。
ステージでは、この自称霊能者が、
<ほとんど喋りがないのですが、どんどん歌います>
と、中森明菜にはじまり、金子由香利や山崎ハコなどジャンルミックスの楽曲を次々に熱唱――。
中島さんは、
“難しいね、上手く撮れなくて”
などと言いながら、ちょこまかと動くものだから、まるで撮影現場のADのようで、他のお客さんや店員も苦笑いしていたほどです
」(同)
ライブの途中、歌い手が客席に向かって、
<飲んでますか?>
そう呼びかけるや否や、
<めちゃくちゃ飲んでまーす>
と、すかさず合いの手を入れて盛り上げる中島。

「休憩時間には、中島さんは彼女に甲斐甲斐しく寄り添い、自分のお客に紹介して回っていた。
周囲には
“今日の主役はあの人だから”
と話していました」(同)
(以上引用 週刊新潮)
うーん、これは、裏方を務めていたというより、プライベートで友達のライブを見に行った、ということなんじゃないでしょうか。
裏方さんは通常、ライブの途中に客席に向かって話しかける歌手に合いの手入れませんよね。
で、せっかくだから写真を撮ってあげていたと、そういうことじゃないんでしょうか?
中島さんは芸能活動を再開する際、例の洗脳騒動はまったくのでっち上げだったことをテレビや雑誌で告白しています。
中島知子洗脳騒動の裏には“洗脳利権集団”の存在が!むしろ世間が“洗脳”されていた?
中島さんはIさんに洗脳されていたわけではなく、ただの友達だったことも強調していました。
Iさんは歌がうまいから歌手デビューさせてあげたいと言っていた、という報道もありました。
オセロ中島、自称・霊能者の歌手デビューを熱望 ミヤネ屋が報じる
中島さんの尽力があったのかなかったのか、Iさんは歌手活動をされるようになっていたんですね。
洗脳されていなかったという中島さんの言葉が本当で、ただの仲の良い友達同士だったとするなら、その友達のライブをプライベートで見に行くのはむしろ当然。
何もおかしなところはありませんが、裏方を務めた、と書かれると、まるでこの友達のライブを実現するために中島さんが奔走していたようなイメージを持ってしまいます。
ライブ当日にキャップをかぶって写真を撮るためにうろうろしていた、という1点のみで、ライブを見たのではなく裏方だと決めつけるのはあまりに乱暴です。
※“洗脳”されていた当時の激太り画像はこちら。
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
この週刊新潮の報道を指しているのでしょう、中島さんは7月31日、怒りのブログ更新をしています。
(以下引用)
一部のきわめて悪質な記者がしつこく、雑誌が売れるからということで書くことにほんまに、もうこれ以上耐える意味がわからなくなってきたので。
私や友人のキャラをどんどんこれ以上作られるのは、もうほんまに嫌なんで。
今まで考えすぎて、皆に迷惑かかったらと思ってたけど、これからはいろんなことを詳しく書こうと思いますえ。
現場にも来ずに、最低限の足も使わず、たれこみのような情報だけを元に、妄想のような記事を書く記者を許せませんえ。
雑誌が売れないからと言ってこれ以上巻き込むのはやめてください。
読んだひとが明らかに誤解するような、見出しを書くのは、やめてほしいどすえ。
(以上引用 中島知子オフィシャルブログ)
そして、この次のエントリではこんな記述も。
(以下引用)
込み上げてくるのは怒り
本当に吐き気がするほど、気持ちが悪いどす
他の編集者の人に聞いたら
「あそこはかなり売り上げが低迷しているからね~迷走してるね」
と言われました
が、そんなん知らんよ。
私たち、特に友人のことを書いた面白おかしく書いた記事は、特に売り上げ部数があがり、テレビも視聴率が凄かったそうどす
(以上引用 中島知子オフィシャルブログ)
新潮、売り上げが低迷していたんでしょうか。
ライバル誌の文春はAKB関連のネタで急速に売り上げ上がってたでしょうし、焦りのようなものがあったのかもしれません。
なら、新潮もAKBネタを載せればいいのにとも思いますが。
今後、過去の記事も見直すと、中島さんは書いています。
ブログで今後様々な反論がなされるかもしれませんね。
※さっそく一つ目の反論が掲載されてます。
中島知子“嘘つき”にブチギレ、有名出版プロデューサーの発言に反論
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

中島知子のブログはこちら
中島知子(オセロ) 過去の噂まとめ
【本日の気になるニュース】
NEWS手越にあきれた声、またも女性と…
高橋英樹が番組で蛭子能収に激怒! バスの旅が人気だからって調子に乗るな!
桐谷美玲の体重wwwwwwwww
これは女性としてちょっとヤバいレベルでは…
佐藤健、クイズ好きアピールも漢字は苦手?珍回答連発でイメージダウンは必至か
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

コメント

  1. 匿名 より:

    新潮はバー〇ングのいいなり雑誌だから
    ソースもないガセ記事ばかり
    たまにはこうやって書かれたタレントが
    直接反論したほうがいい
    文春みたいに、記者が足で取材して
    しっかり証拠の写真をとれば
    読者の信用もでてくると思う