スポンサーリンク
新着ニュース

西島秀俊は超肉食系だった!?CAと合コンしまくる無類の女好きとの証言が…これまでの報道と違いすぎる!

結婚を発表したことで多くの女性が悲鳴を上げたと噂の西島秀俊さん(43)ですが、あのクールな外見と裏腹に、実は“超肉食系”だったと今日発売の週刊文春が報じています。
CAなどと合コンをやりまくり、相手が5人いたら5人全員をキープしていた“無類の女好き”という驚きの証言が…!→ Geinou Ranking

にほんブログ村 芸能ブログ

西島秀俊結婚にネットは悲鳴の嵐

西島さんの結婚発表を受けて、ツイッターにはこんな女性たちの悲鳴があふれました。

西島秀俊さん結婚を受けて、女性たちのどこまで本気かわからない言動22選

ネタも多分に含まれているのでしょうが、やっぱり独身のイケメン俳優さんが結婚してしまうと、どこか一抹の寂しさを覚えますよね。

新妻は元地下アイドル

西島さんを射止めた女性は一般人とのことでしたが、実は元“地下アイドル”だったとか。

(以下引用)
「数年前には『東京モーターショー』や『東京ゲームショウ』にも出ていましたよ。
ナマ足・へそ出しの大胆な衣装を身につけ笑顔でポーズし、コンパニオン目当てに訪れたカメラ小僧に大人気でした。
小雪というよりグラビア時代の藤原紀香とか、気象予報士の根本美緒に似ている。
ぽっちゃりしたあどけない顔立ちだけど、胸はけっこう大きかった」(広告代理店関係者)
実はA子さん、学生時代にはカメラ小僧の間ではちょっと名の知れた“地下アイドル”的存在だった

「女子大生イベントコンパニオンとして有名でしたが、素人カメラマンを集めた撮影会もやっていて、まるでアイドルみたいでした。
露出の多い“パニオン”姿だけじゃなく、私服ショットも好評でね。
自分のことは名前の頭文字を取って『○○たん』と呼んで、
『撮影会やることになりましたぁあ。みんな来てね♪♪』
なんてブログで呼びかけたりして。
『てるてる坊主作ったの(・ω・)/明日いちご狩りいくからね♪♪』とか、
『ファンの方たち優しくて楽しかったょん!』
とか、ブログの書き込みもアイドルっぽくてかわいかった」(地下アイドル事情通)
(以上引用 週刊文春)

週刊文春のweb版には、
いまではブログは閉鎖され、見ることはできない。
と追加で書かれていました。
ブログがweb上に残っていたら、これだけの情報があれば特定されてしまいそうですね。

※そんな、元地下アイドルの西島さんのお相手女性画像はこちら。
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading

しかし、西島さんのイメージからすると、お相手女性が元地下アイドル、というのはややびっくりというか、もう少し落ち着いた女性を選びそうな気がするのですが…。

実は“超肉食系”?

実は、西島さんはあのクールなイメージとは裏腹に“超肉食系”の男性なんだそうです。

(以下引用)
そんなA子さんが西島とどこで出会ったのかは不明だが、古くから西島を知る芸能関係者はこう推測する。

「飲み会などで人から紹介されたのでしょう。
かつて同性愛者の噂も出た西島ですが、実際は無類の女好き
30歳前後の頃、大手事務所からの移籍問題で事実上干され、時間を持て余していたのですが、CAとかと合コンをやりまくっていた。
彼がスゴいのは1人に的を絞らず全員をどうにかしようとするところ。
相手が5人いたらその日は1人を狙い、メアドを交換してほかの4人もキープするんです。
彼が年貢を納めるとはね」
(以上引用 週刊文春)

西島さんは、当初渡辺プロダクションからデビューし、93年に出演した連続ドラマ「あすなろ白書」(フジテレビ系)でゲイの若者を演じて注目を集めました。
ところが…。

あすなろ白書 DVD-BOX
(以下引用)
西島人気に目をつけた同プロはアイドル路線で売ろうとしたが、西島は今後売れるのはアイドルではなく演技力を備えた役者で、自身もキャリアを積んで息の長い俳優を目指したいとして正面衝突。
もともと映画好きで裏方志望だった西島は、やたらチヤホヤされたり、人気がなくなれば使い捨てされるアイドル的な扱われ方に納得いかず、ついに決裂。
事務所移籍とひきかえに、民放ドラマ5年間出演禁止という条件をのまされた。
大手プロに逆らったことで、見せしめのために干され続けた
んです」(芸能ライター)
(以上引用 アサ芸プラス)

つまり、文春によると、このころに合コンしまくっていたということになります。
しかし、このアサ芸プラスの記事には続きがありまして…。

(以下引用)
干されていた間、西島は酒や女に溺れることなく、ひたすら1人で映画館に入り浸っていた
食事をとる時間さえ惜しんで、映画館の暗闇の中でおにぎりをパクつき、ハシゴしては見続けた。
その数、何と年に300本以上。
そのすべてを役作りにぶつけた」(映画ライター)
(以上引用 アサ芸プラス)

正反対のことが書かれてるんですよね…。
どちらが本当の西島さんなんでしょう?
少し前にはこんな報道もありました。

西島秀俊に女性スキャンダルが少ない理由は?「女より男といる方が楽しそうな奴でした」

これまでの西島さんに関する報道と、あまりに食い違いすぎてるんですよね。
2ちゃんねるには、
ってかむしろ事務所弱い西島に限って
ここぞとばかりに潰しておこうという判断が露骨に感じられる

なんて書き込みもありましたが…果たして真相は…?

※結婚発表早々にこんなスキャンダラスな記事が出てしまうなんて、あの方をちょっと思い出しますね。

伊藤英明HIDEAKIZM
伊藤英明の衝撃写真が流出!2年半も前の“ヤンチャ”が新婚の今出てきた裏事情とは?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ