スポンサーリンク
新着ニュース

エイベックスの浜崎あゆみ潰しが加速中!?CMギャラランク外=CMの仕事すら回してもらえていない…?

今週発売の週刊ポストが報じた『女性タレントCMギャラランキング』で、昨年度5位からまさかのランク外に転落した浜崎あゆみさん(36)。
その理由は“仕事をセーブしているから”と報じられていましたが、実は内情は少し違うようです。
かねてから浜崎さんは所属事務所であるエイベックスとの軋轢が報じられていましたが、その軋轢はおさまるどころかひどくなる一方のようで、ついには本業の歌手活動以外の仕事を回してもらえないという事態に発展しているというのです。
浜崎さんは強気の姿勢を崩していないというのですが…大丈夫なのでしょうか。→ Geinou Ranking

Zutto…/Last minute/Walk [ 浜崎あゆみ ]


にほんブログ村 芸能ブログ

今年のCMギャラランキングで、まさかのランク外、「契約額提示できず」という特殊状態になっていることが報じられた浜崎さん。
浜崎あゆみ、安室奈美恵がCMギャラランキング圏外に!「契約額提示できず」の特殊事情
その理由は、「浜崎さんは昨年の再婚前後から自身の希望で歌手活動以外はほとんどしなくなった」ようだと書かれており、CMに出ないのは本人の希望だと報じられました。
ところが、実情は少し違うようなのです。
(以下引用)
数年前から浜崎はエイベックス内で孤立しており、CDプロモーションなどの予算も縮小傾向にある。
人気が落ちてきたにもかかわらず、浜崎はかつての大功労者で同社代表の松浦勝人氏と昵懇の仲であるため、そのプライドのせいかワガママな女王様ぶりは変わっていない。
それを煙たがる幹部たちとの間に軋轢が生まれ、ごく一部の仲のいいスタッフを除いて会社内で誰も積極的に関わりたがらない“腫れ物”の扱いになっている
のです。
アンタッチャブル化した浜崎は意固地になり、事務所の力を借りずに再浮上してみせると意気込んでいますが、それが余計に溝を広げたことで最近はCMのオファーすら事務所の窓口でシャットアウトされてしまうようになった。
歌手活動に専念といえば聞こえはいいですが、それ以外の仕事を回してもらえなくなったのが実情
です」(芸能関係者)
(以上引用 メンズサイゾー)
浜崎さんと事務所のトラブルは、昨年10月に発売したシングル『Terminal』がオリコン週間ランキング24位、初動売上げが何とたったの3千枚だった時に報じられました。

浜崎あゆみ/Terminal(CD)


(以下引用)
「本来なら今の浜崎がリカットのシングルなんて出す必要はないし、もし出すとしても十分に宣伝費をかけてファンに周知したり、アルバムを購入したファンでもほしくなるような特典要素を用意するべき。
しかし、エイベックス側は浜崎の売り出しにリソースを割くことを惜しみ、あえて『売れるわけがない』状態でリリースした。
結果、浜崎の凋落ぶりが世間に印象付けられることになりましたが、これは幹部たちによる『浜崎潰し』の意図もあった
ようです」(音楽関係者)
(以上引用 メンズサイゾー)
※詳しくはこちら。
浜崎あゆみのシングル売上げワースト記録の裏事情が明らかに!エイベックス幹部の報復だった?
しかし、最近の浜崎さんは、同じ事務所の小室哲哉さん(56)の楽曲のレコーディングをしていることを明かしたり、拠点を海外に移すことを発表するなど、精力的に活動しているように見えます。
浜崎あゆみ 小室哲哉が作曲した楽曲に苦闘「喉ちぎれそう」
浜崎あゆみが「紅白歌合戦」落選!来年からシンガポールで本格的に活動
(以下引用)
エイベックス内での小室の扱いは、過去に起こした詐欺事件で金銭的にも社会的にも助けてくれた“大恩”のある松浦社長の案件。
幹部たちとはほぼ無関係ですから、同じく松浦氏と結びつきの強い浜崎と組むのは自然な流れ。
意地悪な見方をすれば、エイベックス内の『腫れ物同士』のタッグともいえます。
また、海外進出は『国内に居場所がなくなった』ことのあらわれでもある。

ネットを使って自ら話題を振りまくなど強がってはいますが、相変わらずエイベックスのプッシュは心細く、かなり厳しい状況であることは間違いないでしょう」(前同)
(以上引用 メンズサイゾー)
小室さんとのコラボについては、つい先日ツイッターで本人同士がやり取りしたことが話題となり、
「終わコンたちが何言ってんだよ」
「売れてない者同士がんばれ」

など辛辣な声が上がってるみたいですね。
※辛辣な2ちゃんねるの反応はこちらでどうぞ。
小室哲哉 globeカバーを「浜崎にしてもらいたい」 あゆ「是非!」
どんなに売れている人でも事務所ともめるとあまりいいことはないんですが…浜崎さんは今後どうなってしまうのでしょうか。
海外での活動を本格化、をいいことに、国内での活動はどんどん縮小されていってしまうのでしょうか。
海外進出というと、シンガポールが拠点だそうですがおそらく目標はアメリカじゃないかと思いますが、日本人が海外進出した結果ってこれまであまり思わしくないんですよね…。
※詳しくはこちら…
全米デビューした主な日本人の現状!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
意地を張るのはやめて、事務所に頭を下げた方がいいような気もしますけど…浜崎さんの今後、気になりますね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

浜崎あゆみのブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    どんなに稼いで会社に貢献してもその会社は自分のものではないんだよね、高額な給料が支払われていたわけだしね。稼ぎで会社の株主になった俳優もいたし、共同経営者になった人もいるし、高額な金額を支払って独立した人もいる。あゆちゃんも道はあるでしょう。