スポンサーリンク
新着ニュース

出廷しなくてよかったのに…高橋ジョージ、あの会見は三船美佳にプレッシャーを与えるためだった?

高橋ジョージさん(56)と三船美佳さん(32)の離婚裁判の第1回口頭弁論が3月3日、東京家庭裁判所で開かれました。
被告となる高橋さんが裁判所に出廷し会見まで行ったのに対し、仕事があったとして裁判所へは行かなかった三船さん。
実は、この日の裁判は双方の提出した書類の確認が目的であり、本人の出廷は必要なかったのだといいます。
ではなぜ、高橋さんは出廷し、会見まで開いたのでしょうか。
モラハラ離婚専門の弁護士さんが、これは“妻にプレッシャーを与えるため”だったのではないかと推測しています。→ Geinou Ranking

【送料無料】ザ・ロード/虎舞竜[CD DVD]【返品種別A】


にほんブログ村 芸能ブログ

離婚裁判に出廷した高橋さんは、トレードマークのリーゼントではなく七三分けでスーツというちょっと意外な出で立ちでした。
デビュー以来、リーゼントは崩したことがなかったそうで、決意の表れ、などと報じている媒体もありました。
※寝る時もリーゼントがトラブルになっていたとの報道もありましたね。
寝る時もリーゼントの高橋ジョージ、三船美佳の給料を管理、わずかな小遣いだけ
そこではこんなことを語りました。
(以下引用)
「離婚を、何も意地悪でしてあげないっていうわけではないんです。
ただ、双方の親が話し合いもせずに離婚したっていう事実は、僕の両親も離婚しているものですから、それは子どもにとってつらいものなんでね
「(三船を)ああ、もう最高に愛してます。
とにかく向かい合ってテーブルに着きたい
(以上抜粋引用 女性自身)
「(三船が訴えているモラルハラスメントは)僕にとっては心当たりがない」
「(三船に出廷してもらいたいかという質問に対し)裁判所ってことじゃなくて、テーブル囲んで、子どもを置いて、ご飯を食べながら、どうしたらいいんだろうねっていう話し合いができたら
(以上引用 サイゾーウーマン)
2人で幸せになる道を探したい。戻れる可能性はあると思っている。僕は最後まで努力するつもりです」
(以上引用 日刊ゲンダイ)
とにかく、まだ戻れると思っていること、話し合いすらせずに別れることには同意できないことを主張していました。
ところが、この“話し合いをしていない”というのは間違いでした。
(以下引用)
「昨年2月、夫婦そろってイベント仕事があったんです。
美佳ちゃんは前年の12月から大阪で、娘と母の3人ですでに別居生活をしていたのですが、久々に美佳ちゃんに会ったジョージさんが“別れたいのか?”って聞いたら、彼女は“うん”ってハッキリ言ったそうなんです。
それで、イベント終了後、会場となったホテルで知人の夫婦にも同席してもらい、4人で明け方まで夫婦のこれからについて話し合っていたんですよ」(高橋夫妻に近い人)
初めはジョージさんが、自分が悪かったというようなことを言って謝っていたそうなんです。
でも、美佳ちゃんが家に戻ることに首を縦に振らなかったら、だんだん語気が強くなってきて、最後にはキレて話し合いにならなくなっちゃった
彼女は翌日、大阪でテレビの仕事があったから、寝ずに朝の新幹線に飛び乗り、大阪へ戻ったんです」(前出・夫妻に近い人)
昨年2月の話し合いが決裂したので、美佳は離婚を決意したんです。
もしかしたら、あのときにジョージさんがきちんと最後まで話し合い、誠心誠意の謝罪をしていれば結果は違ったかもしれません。
彼女もそれを心のどこかで望んでいたんです。
でも、結局はいつもと同じだった。
彼女は
“(高橋が)やっぱり変わるのは無理なんだ……”
って、寂しそうに話していたのが印象的
でした」(三船の友人)
(以上引用 週刊女性)
この話し合いの後、5月から離婚調停がスタートしたといいますから、やっぱりこのときが高橋さんにとっては最後のチャンスだったんですね。
しかし、ここまでしっかり話し合いをしているのにもかかわらず、どうして高橋さんは頑強に話し合いをしていないと主張するのでしょうか。
これ、実は、高橋さんが“嘘をついている”というわけでもないようで…。
(以下引用)
「一般論ですが、モラハラの加害者にはどうしても“いじめる相手”が必要なんです。
誰かを支配したいから、そのターゲットを手放したくないんです。
そして、自分で言い訳や口実を作り出して、都合の悪いことは一切自分で見なかったことにするんです。
そのため、いくら話し合っても『話し合ってない』と言うし、当人は本気でそう思い込んでいます。
だから直接会うことは絶対に避けねばなりません。
『君が大事だ』とか『印鑑の場所がわからない』とかいろんなことを言ってきますが、聞いてはいけません」
(以上引用 女性自身)
これは、モラハラ離婚の専門家である「あおば法律事務所」の橋本智子弁護士の言葉です。
当の高橋さんはモラハラも完全否定してますが、専門家から見ると典型的なモラハラ加害者、なんですね。
橋本弁護士は、上記の高橋さんの会見でのコメントについても
典型的なモラハラ加害者のコメントですね
と切り捨てたといいます。
(以下引用)
「直接会って話し合いができないから、離婚調停になったわけです。
そして、調停でも嫌というほど話し合ったはずなのに、『まだちゃんと話してないから、話し合いたい』なんて……。
結局、彼の言う“話し合い”は、1対1になれば相手を支配下に置いて言いくるめられるはずだという、自分勝手な考えなんですよ。
また、『子どもを傷つけないためにも話し合うべきだ』なんて言っていますが、これは
『お前のやっていることは子どもを傷つけることなんだぞ』
と、妻にプレッシャーをかけて、自信を無くさせようとする目的
でしょう」
今回は双方の提出した書類の確認が目的で、そもそも高橋本人は出廷する必要がない。
わざわざ顔を出して会見を開くこと自体、相手を威圧する行為
だという。
(以上引用 女性自身)
ネットで調べてみると、確かに裁判というもので本人が出廷する必要があるのは尋問の日だけ、という場合が多いようです。
口頭弁論、というと、論戦を繰り広げているイメージですが、実際は書面ですべて用意し、もし内容について質問された場合もその答えは改めて書面で用意する、というような、書面でのやり取りがほとんどなのだそうで。
それなら、確かに本人が出ていく必要、ありませんよね。
事前に代理人の弁護士と入念に打ち合わせしているわけですから。
お二人は芸能人ですし、世間体もイメージもありますから余計に、でしょう。
※これについては、“高橋劇場”だったという説も。
高橋ジョージの会見は“かわいそうな夫”劇場!? 同情誘う“演出”に報道陣ブーイング!
高橋さんがどれだけ美佳さんを威圧しても、かわいそうな夫として同情を誘っても、もう美佳さんが元のさやに納まることはないだろう、ということは多分みんながわかってることだと思うんですけどね。
裁判自体は美佳さんにやや不利であることが報じられています。
別居期間は1年ほどしかありませんし(裁判で夫婦関係の破綻として認められる別居期間はおよそ3年)、モラハラは立証も困難。
美佳さんサイドにモラハラ発言の録音や第三者の証言など、確実な証拠がなければ難しい状況です。
さらに、その1年の別居期間すら認められない可能性があるそうなんです。
美佳さん、1年2カ月前に大阪へと引っ越しているんですが、その際に
「大阪での仕事が多いから」
と、仕事を口実にしているんですよね。
(以下引用)
「そこなんですが……。
美佳さんは仕事を口実に家を出ていったので、高橋さんは
『夫婦関係が壊れての別居ではない』
と主張することも可能
なんです。
この場合、別居期間は離婚調停が始まった後の期間しか認められないかもしれません」(前出の橋本弁護士)
(以上引用 女性自身)
となると5月からですので別居期間が1年に満たないことになります。
やはり、何か隠し玉がないと美佳さんが勝つのは難しそうです。
ただ、ひとつだけ明るい話もあるそうで…。
(以下引用)
今回の担当裁判官は、当事者たちのことをとてもよく考えてくれるすごくいい裁判官です。
美佳さんは、とにかく根気よく事実を説明して、主張の裏付けをしていけば、早めの解決も期待できるかもしれません

(以上引用 女性自身)
裁判官次第で結果が左右されるというのも、なんとなく微妙な感じがしますが、人間同士ですから仕方のない部分でしょうか。
今後の裁判がどう動いていくのか、美佳さんサイドに何か決定的な隠し玉があるのかどうか、お互いの暴露合戦になってしまうのかどうか…気になりますね。
※離婚にはもっと“ヤバい”理由があるという噂も。
高橋ジョージ・三船美佳の泥沼離婚騒動の“闇”とは?「実はもっとヤバイ話が……」
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking
Geinou Reading
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

高橋ジョージ、三船美佳のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース