スポンサーリンク
新着ニュース

片岡愛之助「ずっと、彼女が怖かった」熊切あさ美にキッパリ別れを言いだせなかった理由とは?

世間公認の仲だったはずの片岡愛之助さん(43)と熊切あさ美さん(34)に降ってわいた破局騒動。
愛之助さんの方は公式には何もコメントしていないものの、電話で話したとか直接聞いたとか代理の方がメディアで別れたと断言する一方、熊切さんは『ミヤネ屋』(日本テレビ)で別れ話などしたこともないと反論。
なんだか泥沼の様相を呈してきています。
そんな中、今日発売の女性誌がそれぞれこの件に関する記事を掲載。
愛之助さんが熊切さんにキッパリ別れを言いだせなかった理由について書かれています。
彼は『ずっと、彼女が怖かった』と言っていました」→ Geinou Ranking

六代目 片岡愛之助 昔ばなし (弐) / 片岡愛之助

 

にほんブログ村 芸能ブログ

事の発端は、女性セブンがスクープした愛之助さんと藤原紀香さん(43)の熱愛報道でした。
発売前日にはネットにもこのニュースが流れ、雑誌が出る前に本人たちが公式にコメント、熱愛を否定するという早業が披露されました。
さらに、その翌日に発売された雑誌には、熱愛報道を受けて、という形で熊切さんサイドの告白が掲載されるという、なんだか不思議な事態も起こりました。

記憶 mind[DVD] / 熊切あさ美

 


片岡愛之助と藤原紀香の同棲愛報道に熊切あさ美がフライデーで涙の告白!…いくらなんでも早すぎません?

紀香さんとの熱愛、そして熊切さんとの破局について、愛之助さん本人はブログで熱愛の方のみ否定。
破局については言及しなかったのですが、『ミヤネ屋』で宮根誠司さんが、愛之助さん本人に電話で聞いたとして、

(以下引用)
愛之助さんに電話しました。
紀香さんとは友達で、熊切さんとは別れたと言うてましたよ

(以上引用 ライブドアニュース)

と発言。
その翌日には、同じ『ミヤネ屋』で熊切さん本人が涙ながらに破局を否定するという泥沼展開に…。
いったい別れたのか別れてないのかどっちなんでしょう。

(以下引用)
愛之助と熊切さんは昨年末以来、ほとんど会わなくなっていました。
そして愛之助は今年4月に、熊切さんに
『(2人の)距離をおきたい』
ということを話した
そうです。
彼としては、はっきりと別れを告げたつもりだったようですが、熊切さんは受け入れようとはしませんでした。
熊切さんの思わぬ抵抗に、
『どうしてこんなことになってしまったんだ……』
と頭を抱えています」(愛之助をよく知る芸能関係者)
(以上引用 女性自身)

別れを告げるのって、難しいですね。
片方が気持ちを残している場合は余計に…。
週刊女性には熊切さんサイドの証言も掲載されています。

(以下引用)
大阪に拠点を置く愛之助が上京時に泊まっていたのも熊切のマンション。
3月末に愛之助さんと会ったら、気さくに“おはようございます”と挨拶をしてくれましたよ。
ここで同棲しているのは有名ですね」(マンションの住人)

4月には、愛之助が名古屋で公演を行ったが、
「あさ美ちゃんは、仕事で忙しく睡眠時間が2時間ぐらいしかない愛之助さんの体調を気遣っていました。
名古屋に行っている時もお互いに連絡を取り合っていたそうです」(熊切の友人)
(以上引用 週刊女性)

つまり、3月までは愛之助さんは普通に熊切さんのマンションにも泊まっていた。
4月に愛之助さんは
「距離をおこう」
という話を熊切さんにしていたにも関わらず、連絡は取り合っていた…ということになるのでしょうか。
キッパリと話をしなかった、そしてキッパリとした態度を取らなかった愛之助さんの方に非があるような気がしてくるのですが、その理由について、愛之助さんをよく知る芸能関係者さんがこんな話をしています。

(以下引用)
「まさに私も同じことを聞きましたが、彼は
『ずっと、彼女が怖かった』
と言っていました。

熊切さんは恋愛にのめり込んでしまうタイプです。
彼としては
『もし関係をこじらせてしまったら、彼女が何をするか予想もできない』
と考え、かなり言葉を選んだつもりだったようですが、まさに彼が危惧していたとおりになってしまった
わけです」
(以上引用 女性自身)

キッパリとした態度を取る方が熊切さんを追いつめてしまう、と考えたわけですね。
確かに、芸能人としての熊切さんのウリは愛之助さんとの交際くらいしかなく、女性としての熊切さんは34歳と、子供が欲しいと思ったらそろそろ焦りだす年頃です。
公私ともに、愛之助さんがいなければ文字どおり崖っぷちどころか崖から転落してしまう状態なわけで…。

井上公造さんによると、結婚を希望した熊切さんに対し、ひいき筋から
「結婚はまだ早い」
といわれた愛之助さんが
「引っ張ってはかわいそう」
と別れ話を切り出した
、ということでしたが、もう十分引っ張りすぎてるんですよね。
ひいき筋や後援会が反対しているということはずいぶん前から報じられていましたし、説得できないのならもっと早く別れてあげるべきだったのではないでしょうか。

※交際間もないころの記事です。
片岡愛之助結婚秒読みにごひいき筋が大ブーイング!「なんで熊切あさ美なのよ!」

一方で、愛之助さんがキッパリ別れを言えない理由は、11年に発覚した隠し子にある、という話も。

(以下引用)
「10年以上前に大阪でホステスをしていた女性との間に生まれた隠し子は今、中学生ぐらいなんですが、彼が成人するまで自分は幸せになってはいけないという気持ちが愛之助さんにはあるようです。
そのため付き合っている相手がいるとしても、結婚には踏み込めないそうです」(前出・梨園関係者)
(以上引用 週刊女性)

だとしたらなおさら、適齢期の女性と何年も付き合って結婚をほのめかすようなことをするべきではないですよね…。

※隠し子発覚当時の記事はこちら。
片岡愛之助、隠し子認めた!子供の認知は、本人の意思を尊重

さて、この騒動、どう決着がつくのでしょうか。
熊切さんサイドから記事を書いている週刊女性にはこう書かれています。

(以下引用)
熊切さんは愛之助さんのワガママを何でも受け入れてしまうんです。
だから彼が浮気したり一時的に別れたとしても、結局は彼女のもとに戻るんです
」(前出・梨園関係者)
(以上引用 週刊女性)

これまでも、報じられなかっただけで浮気したり一時的に別れたりということがあったという風に読めますが、そういうことですよね?
これまでは熊切さんのもとへ戻っていたようですが、今回はどうなるのでしょうか。
梨園の妻は男子を産むことが最優先で要求されます。
もし熊切さんと本当に結婚を考えているのなら、タイムリミットはそう長くありません。
なんとなく…戻る可能性は低いような気がするんですけどね…。

※どっちに転んでも後が怖い…?
愛之助にソデにされ “手負い”熊切あさ美に「自爆テロ」注意報
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

熊切あさ美、片岡愛之助のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. より:

    今となっては愛之助の方が嘘つき

  2. 匿名 より:

    熊切さん「3匹目の犬買いました」
    →blog読者「そのマンションはペットは2匹までですよ」
    →熊切さん「私の犬ではなく妹の犬です」
    →読者「ファッ?」
    数ヶ月後
    熊切さん「うちの犬の○○でーす」
    読者「妹の犬じゃないの?」
    熊切さん「は?」
    なんて平常運転なんだよね…

  3. 匿名 より:

    熊切からは打算しか感じないしまた新しい金持ち見つけるしかないな
    打算なければ人間と終了してる片岡愛之助みたいなゴミと交際もしてなかったやろうしな
    取り敢えず萩原流より悲惨にひき逃げされて死んでくれたらいいなぁ
    片岡愛之助みたいなカスは駆除されるべきやし見かけた方々は駆除してね
    ゴキブリ駆除と一緒なので片岡愛之助を駆除しても何の問題もないので

  4. リー・イー より:

    メディアを通して私ってこんなに可哀相でしょうをアピールする時点でうっとうしいくて面倒くさい女だと思われるわな~。思い詰めて何してかすかわからない所が怖いんじゃあないんですか? まあ中途半端な別れ方して逃げる男もどうかと思うけどね…

  5. おるる より:

    荷物があることが別れていない証拠なんてありえない。熊切も荷物もいらないて事に早く気づけ

  6. より:

    ずっと彼女が怖かった。ってドラマの題名みたい
    しかし片岡愛之助って人は全て後付けでベラベラよう喋る男だね。

  7. トリビア より:

    怖い((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

  8. 匿名 より:

    熊切は少しおかしいから
    野球選手やお笑い芸人の愛人で枕営業まで過去にバラされてるし、一番怖いのは嘘つきなところ
    blogに書いてあることも二転三転、設定忘れて自爆はいつものこと、一番驚いたのは、片岡に合わせてなぜか血液型をAからBに変更したこと(事務所プロフィールはまだAのまま、本人blogはB)
    同情してる方、真剣に変な人だから相手にしない方が

  9. お豆 より:

    愛之助さん一番怖いのはねぇ紀香の事務所の社長さんだよ。そして二番目に怖いのはあなたが電話した芸能レポーターだよ。熊切さんの自殺が怖い確かにねでももっと怖い人たちのそばにいるんだよ

  10. より:

    幼稚だけどミヤネ屋までは熊切に同情してた
    でもフライデーまで独占だと狙ってるコワイイタイ女
    記事になる数日でミヤネ屋へのインタビューも受けて泣いて情緒不安定なイタイ女演じてるだけで熊切別れを理解してるじゃん
    熊切はなにするか分からないコワさがある