スポンサーリンク
新着ニュース

『HEAT』に続いて『リスクの神様』も5%割れ!堤真一、今後は連ドラ主演は難しい?

EXILE・AKIRAさん主演の『HEAT』(フジテレビ)の低視聴率が話題ですが、その陰に隠れて堤真一さん主演の『リスクの神様』(フジテレビ)が打ち切りボーダーラインの視聴率5%を割ってしまいました。
気付けば、今クールのフジテレビのドラマで現時点で2桁取れているのは、放送開始当初大コケと騒がれた月9『恋仲』のみ。
堤さんは、これまで出演した連ドラの視聴率は決して悪くないのですが、久しぶりの主演作だった『リスクの神様』がコケたことで、今後主役はやれなくなるのではとの声もあがっているようで…。→ Geinou Ranking

写楽考 [ 堤真一 ]

 

にほんブログ村 芸能ブログ

とにかく視聴率が悪いことばかりが話題になる今クールの連ドラですが、やはり『HEAT』が突き抜けて悪いため、他の連ドラのコケっぷりがあまり目立たなくなっています。
今クールの連ドラで、現時点の最新話で視聴率2桁を達成できているのは、『恋仲』(フジ)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ)、『デスノート』(日本テレビ)の3本のみ。
現時点での平均で2桁を達成できているのもこの3本のみという、非常にお寒い状況の中、突き抜けて悪い『HEAT』の次に酷いのが『リスクの神様』なのです。
初回こそ7.0%取ったものの、2話からは6.0%、5.7%、5.0%と、ぶれることなく一直線に下降。
ついに8月12日に放送された第5話で4.8%と、ドラマ打ち切りボーダーラインともいわれる5%を下回ってしまったのです。

(以下引用)
堤にとってフジテレビ初主演となる同ドラマだが、視聴率低迷により苦戦が続いているという。

「『リスクの神様』は放送前から、食品の異物混入問題などに切り込むと宣伝され話題を集めていました。
しかし内容は室内での会話劇が多く、代わり映えしない地味なシーンが続くことで、視聴者を惹きつけることができなかった。
結果、初回から視聴率7%とつまずき、その後も6.0、5.7、5.0、4.8と回を重ねるごとに右肩下がり状態となっています
」(テレビ誌記者)
(以上引用 アサ芸プラス)

2ちゃんねるの『リスクの神様』スレはもう荒れ気味になってしまっていますが、少し感想を拾ってみました。

(以下引用)
「このドラマは、ある危機が起こったときにその会社が被る損失をいかに最小限に食い止めるかという話だから、
スーパー外科医や全戦全勝の弁護士物のようなスカッとしたものを求める人には物足りなく感じるのだろうね。
その中でも西行寺はその危機の根本的な原因が何かを見抜く力に長けているから、迅速に事態を収拾できる
方向に持っていける。
そういう視点で見ると、面白いけどなあ。」
好きな感じだし、堤真一もすごく好きだけど、
この話に堤真一があってない感じ。
もっと適した俳優がいたのでは?

戸田恵梨香はすごくあってる。」
堤のせいじゃないけどな。物語が面白くないからみんな見ないんだろ。
設定に無理がありすぎるし、危機管理のすご技を何一つ見せないじゃない。

まだSPの「ゴルゴはいませんから」の方が「ああ、そうなんだ」と思うよ。」
「これ危機が起きる前に何かしててそれが伏線になって後で危機が起きて解決
とかもうちょっと脚本を捻って欲しい
演出も控えめでリアリティー出してるんだろうけどそれにしては主人公サイド以外が無能な上、主人公サイドも社会人としてありえなくリアリティーを感じられずちぐはぐ
脚本で唸らせない、演出も地味で中途半端
何がしたいのかよくわからん

花咲舞を意識しすぎだな。あえて意識してるんだろうけど。
他部署から隔離された部署、男と女のペアで行動、会社の裏の顔を暴く。
裏花咲舞。」
(以上引用 2ちゃんねる)

堤さんの演技が悪いというよりは、脚本と堤さんが合っていない、という感じなのでしょうか。
しかし、どうやら戦犯は堤さんにされてしまっているようで…。

(以下引用)
「堤といえば、過去の出演作の平均視聴率は『やまとなでしこ26.4%、『恋のチカラ16.9%、『SP15.4%など、これまで数字、内容共に好評だったほとんどのドラマが2番手として演じたものでした。
そのため今回、16年ぶりの主演作が爆死したことにより、堤は脇に置いてこそ光る俳優という印象をさらに強めてしまった。
今後は再び2番手に戻り、主演作からは遠のく可能性があります
」(前出・テレビ誌記者)
(以上引用 アサ芸プラス)

ちなみに、16年前に堤さんが主演したドラマというのは、TBSの日曜東芝劇場枠で1999年7月期に放送された『ザ・ドクター』というドラマです。
長嶋一茂さん、葉月里緒奈さんなどと共演しており、全話平均視聴率は10.6%だったとか。(Wikipediaより)

意外と視聴率は取れていない印象ですが、この前後に放送されたドラマも11%前後ですので、枠としてはこのくらいが普通だったのかもしれません。
この枠で割といい視聴率を取っているのが、この2クール前、99年1月期に放送された『サラリーマン金太郎』。
高橋克典さん主演で、全話平均19%を取っています。
もともと堤さんはこの『ザ・ドクター』以外には連ドラではほとんど主役はやっていません。
映像では主に映画なんですよね。
ですので、“主演作からは遠のく”というのも、ドラマの視聴率が悪かったからというより、堤さんにそのつもりがあまりないのではという気もします。
映画では主演作も数多くあり、評価の高い俳優さんなんですから、あえてテレビドラマに主役で出ることにこだわる必要、ありませんしね。

しかし、フジのドラマの惨敗っぷりは目も当てられませんね。
月9『恋仲』は、今ちょっと持ち直してきていますが初回の視聴率は初のひと桁でしたし…。

『恋仲』が月9史上最低視聴率の9.8%を記録!フジの連ドラは早くもすべてひと桁に転落で大ピンチ

『HEAT』は民放連ドラの今世紀最低視聴率を更新。

ついに今世紀最低視聴率更新!EXILE・AKIRA主演『HEAT』2.8%に関係者ショックを通り越して唖然…

『探偵の探偵』もあまり評判はよろしくありません。

“プロテイン”北川景子の暴力シーンに拒否反応も……フジテレビ『探偵の探偵』が6.5%自己ワースト更新

一縷の望みをかけられるとしたら、第1話から視聴率が右肩上がり傾向の『恋仲』でしょうか。
2桁にのせた後やや下がってますのでちょっと心配ではありますが…。

※最新の第4話は10.8%でした。
福士蒼汰主演『恋仲』、11.9%で初の2ケタ! フジドラマ大爆死中の右肩上がりに「すごい」

『リスクの神様』もそろそろ下げ止まって上昇に転じたいところです。
このまま3%台まで落ち込むような事態になったら…フジはお通夜状態になっちゃうでしょうね…。
この先の視聴率の推移も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. 匿名 より:

    堤は庇ってくれる人が多くて良いなあw
    取りあえず堤は「陰」の役者だと思う。上手いけど主役て見ると鬱になってくる。
    主役って多少下手でも明るい華のある人の方が良い。

  2. 匿名 より:

    花咲は裏のフジが勝手に爆死してるだけだし、池井戸だし、結局誰が主演でも数字はとれる。でも花咲は前回より数字下げてるから飽きられてるのは事実。