スポンサーリンク
新着ニュース

鈴木亮平『変態仮面』続編のために2カ月で30キロ減量!10か月間で20キロ減量→30キロ増量→30キロ減量…すごすぎる!

朝ドラ『花子とアン』でブレイクし、ドラマや映画に引っ張りだこの鈴木亮平さん(32)。
演じる役柄に応じて体重を大きく増減させることがたびたび話題となりますが、今度は主演映画『変態仮面』の続編撮影に向けて2カ月で30キロ減量していたことがわかりました。
その前は、映画『俺物語!!』で体重を30キロ増やし、さらにその前はドラマ『天皇の料理番』(TBS)で20キロの減量をしていたことが話題になった鈴木さん。
この役作りへの執念、すごいですね…。→ Geinou Ranking
※見事な肉体美です。

HK/変態仮面 ノーマル・パック [ 鈴木亮平 ]

 

にほんブログ村 芸能ブログ

(以下引用)
また2カ月で30キロの減量をしたのですが、本人は
『Mなので楽しみを感じてますよ!』
と、たび重なる体重増減を楽しんでる
ようです。
ただ一緒に仕事をしてる側からすれば、健康面は大丈夫なのかなって思いますよね。
昨年の10月から10カ月で20~30キロの増減を繰り返してますからね……」(映画関係者)
(以上引用 日刊サイゾー)

鈴木さんといえば、13年4月に公開された映画『変態仮面』に主演した時、体重をあえて増やしてから脂肪をそぎ落とし、1年かけて見事な肉体美を作り上げたとして話題となりました。
その後、朝ドラ『花子とアン』で主人公・はなの夫である村岡英治役を熱演してブレイク。
今年4月期に放送された連ドラ『天皇の料理番』では、病に伏せる役柄を演じるために76キロあった体重を20キロ減量して挑んだことが話題となり、さらに10月31日公開の映画『俺物語!!』に主演するにあたってはそこから30キロ増量したことが話題となりました。
こちらに、この間の鈴木さんの外見の変化がまとめられています。

※画像アリ。
『天皇の料理番』鈴木亮平の減量で激痩せまでの経過が凄すぎる!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

『天皇の料理番』の撮影で20キロ減らした体重を、クランクアップ後の4月に10日間でリバウンドさせて元通りに。
さらに、映画『俺物語!!』がクランクインした6月上旬までに86キロまで増やし、インタビューで90キロまで増やしたい、と話しています。
その『俺物語!!』の撮影が終わったのが6月末。
ここから、またしても30キロの減量に励んだという鈴木さん。
その次のお仕事とは…。

(以下引用)
「実は、この8月から9月まで、一昨年に公開された映画『HK/変態仮面』の続編の撮影をしているんです。
『俺物語!!』で増やした30キロを落として、かつ、前回と同じように肉体美を作り上げる必要がありますからね。
普通に考えたら到底できないのですが、鈴木さんはそれをもはや楽しんでますよね。
『役者冥利につきますよ!』とノリノリでしたよ」(芸能事務所関係者)
(以上引用 日刊サイゾー)

先日、福田雄一監督がツイッターで新たな映画撮影をしていること、その映画にムロツヨシさんが出演していることを明かしていました。


ムロさんと福田監督。
おそらくこれが『変態仮面』の撮影なんでしょうね。
その後、監督はこんなツイートを。


このツイートの直後、『変態仮面』に出演していた安田顕さんもこんなツイートを。


画像を見ていただければわかりますが、全く同じ場所です。
つまり、同じロケ現場にいらっしゃるわけで。
『変態仮面』第2弾には、第1弾で敵役を怪演して話題となった安田さんもまた出演されるようですね。
※オカマ役もやってます。

小川町セレナーデ [ 須藤理彩 ]

 


その後、福田監督はこんなツイートを…。


面白いバレ方しちゃいましたね。

さてさて、少し話がそれましたが、『天皇の料理番』に続いての減量となった鈴木さん。
『天皇の料理番』では、徐々に減量していたために周囲もかなり気を遣っていたのだそうです。

(以下引用)
現場にケータリングが来ても、差し入れがあっても、一切手をつけていませんでした。
基本的に固形物は口にしていませんでしたね。
ほとんど水しか飲んでいなかった
と思いますよ。
主演の佐藤健さんも『食べ辛いよね……』と苦笑いしていました。
実際、鈴木さんのシーンの現場は何かを口にできるような雰囲気ではなかったですね。
それくらい、鈴木さんの気迫がすごかった
です」(TBS関係者)
(以上引用 日刊サイゾー)

今回の『変態仮面』は、徐々に減らすのではなく体を完全に作ってから現場入りしなくてはいけないはずなので、こうした苦労はないでしょうけど…。
前回の『変態仮面』では体作りに1年かけたそうですが、今回はそれに比べると明らかに時間が足りません。
あの見事な肉体美をもう一度作り上げることができるのでしょうか。

(以下引用)
鈴木の減量方法について本人に聞いたところ、

特別、ジムに行ったり専門のトレーナをつけたりせずに、本を読んでトレーニングをしているようです。
食事面でも、特別なことはしていないようです。
基本的に“食べない”という減量方法で、ファスティングを定期的に行って調整しているようですよ
」(前同)

そこまで肉体面でのビジュアル作りにこだわる理由を聞いてみると、

「本人は
『特に漫画原作だとこだわりますね。
読者はそのキャラの画を見てますからね。
どこまでそれに近づけられるかは役者の仕事ですよ』

と言っていました。
また、デビューが遅かったことも気にしていて、
『人一倍努力しないといけないんです。
少々、食べないくらい我慢しないといけないんですよ。
ただ、死にそうなくらいしんどいですけどね』

と笑いながら言っていました。
前作のときは一度15キロの増量をしてから筋トレをして作っていったようです。
今回は、もともと30キロ増量したあとなので、前回よりはやりやすいんじゃないですかね。
少なくとも増やす必要はないですからね。
ただ、10月クールも何らかの連ドラに出るでしょうから、そのときどういう役をやるのかも楽しみ
ですよね」(別の芸能事務所関係者)
(以上引用 日刊サイゾー)

鈴木さん、ホント引っ張りだこですもんね…。
今回10月クールの連ドラに出演するにしても、あまり体重を変えなくてもいい役柄だといいですよね。
さすがにこれ以上は体を壊してしまいそうです。

『変態仮面』は、13年4月に全国わずか12館で公開されたにもかかわらず大きな反響を呼び、その後27館まで公開館数を増やして1カ月弱で1億円を超える興行収入を上げて話題となりました。
これがどれくらいの数字なのかの参考のため、ちょっと古いんですが、2012年の100スクリーン以下で公開された映画の初動(公開初週)の興行成績の一覧を載せておきます。

(100scr以下邦画初動)
1億144万3272 *80 阪急電車 片道15分の奇跡
*4401万7198 *36 ちょんまげぷりん
*3866万0000 *89 オカンの嫁入り
*3551万**** *47 しあわせのパン
*3524万**** *79 ヒミズ
*3031万8817 *82 花のあと
*2721万5600 *87 死刑台のエレベーター
*2598万7200 *60 春との旅 
*2559万8400 *52 シーサイドモーテル
*2416万2439 *44 パーマネント野ばら
*2326万6650 *38 トイレット
*2076万4776円 *73 苦役列車 
(データ引用 2ちゃんねる)

続編がどんな映画になるのか、楽しみですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鈴木亮平のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース