スポンサーリンク
新着ニュース

“ごり押し”武井咲がついに消える?『エイジハラスメント』惨敗でもう使うテレビ局がない!

10日に最終回が放送された武井咲さん(21)主演の連ドラ『エイジハラスメント』(テレ朝・木9)の視聴率が、最終回9.4%、全話平均で8.8%に終わってしまいました。
実はこの枠、テレビ全体の視聴率が下降傾向の中でも、ここ数年平均視聴率で2桁に届かないドラマはなかったという、ドラマ界屈指の“高視聴率枠”だったのです。
この枠でも視聴率が取れなかった武井さん、そろそろ“ごり押し”も難しくなってきたようで…。→ Geinou Ranking

エイジハラスメント DVD-BOX [ 武井咲 ]

 

にほんブログ村 芸能ブログ

『エイジハラスメント』が放送されたテレビ朝日木9枠といえば、これまで沢村一樹さん主演『DOCTORS』シリーズ、米倉涼子さん主演『ドクターX』など、高視聴率ドラマを連発してきた枠でした。
ところが、『エイジハラスメント』の平均視聴率はなんと8.8%。
実は、この枠で放送されるドラマの平均視聴率が2桁に届かないのは実に3年ぶりの惨事なのです。

ちなみに、3年前の12年4月期にに放送された『Wの悲劇』が9.1%と2桁を割っているのですが、これの主演も武井さんでした。
まあこのときは、その前の1月期に放送された岡田将生さん主演の『聖なる怪物たち』が7.8%とさらに低い数字を出していますけども。

Wの悲劇 DVD-BOX

 


(以下引用)
「木村拓哉主演『アイムホーム』、沢村一樹主演『DOCTORS 3』、米倉涼子主演『ドクターX』はいずれも平均視聴率が10%を軽々クリアと、“木9”はテレ朝ドラマの看板枠でした。
『エイジハラスメント』はその神話を崩壊させたといっていい。
内館牧子の脚本が時代錯誤と非難されていますが、やはり真の理由は主演の武井咲でしょう。
フジ・日テレ・テレ朝とこれまで10本近く主演を張ってきた武井ですが、一つとしてスマッシュヒットと呼べるものがない。
“数字を持っていない女優”ぶりをここでも発揮してしまいましたね」(芸能記者)
(以上引用 サイゾーウーマン)

武井さんがこれまで主役、もしくはヒロインを務めた作品の視聴率を並べてみましょう。

11/04 アスコーマーチ(テレ朝・日23)5.96%
12/04 Wの悲劇(テレ朝・木21)9.09%
12/07 息もできない夏(フジ・火21)9.79%
12/10 東京全力少女(日テレ・水22)7.66%
13/04 お天気お姉さん(テレ朝・金23)9.84%
13/10 海の上の診療所(フジ・月21)11.34%
14/01 戦力外捜査官(日テレ・土21)11.23%
14/07 ゼロの真実(テレ朝・木21)10.47%
14/10 すべてがFになる(フジ・火21)8.88%
15/07 エイジハラスメント(テレ朝・木21)8.86%
(データ引用 Audience Rating TV ~ドラマ視聴率~

この中で平均視聴率が一番良い『海の上の診療所』は主役は松田翔太さん。
主役で一番視聴率を取ったのは、14年1月期の『戦力外捜査官』の11.23%になりますね。
確かにパッとしない感じです。
テレ朝の他の木21枠で放送されてるドラマが割と視聴率が取れていることと併せて考えると、武井さんが低視聴率の戦犯、と言われても仕方のないことのようにも思えます。
この、“高視聴率確約”枠で爆死したことは、この先の武井さんの女優人生に大きく影響しそうなのだそうなのです。

(以下引用)
「同じオスカープロモーション所属の剛力彩芽も『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)の最終回で8.1%を叩き、“月9”の時代を事実上終了させました。
その後もドラマで結果を残せないまま、剛力はCMやドラマ出演を控え、歌手活動に専念することを発表したんです。
今の武井も全く同じ状況でしょう。
数字のとれるドラマ枠を簡単に“消滅”させてしまうような女優を、使いたいテレビ局などありません。
出演料の安さで“ゴリ押し”を繰り返してきたオスカーにも、ついに“引き際”がやってきた
ということです」(同)
(以上引用 サイゾーウーマン)

オスカーには、同じ手法で売り出した上戸彩さんという前例がありますからね…。

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ DVD BOX [ 上戸彩 ]

 


彼女もずっと“視聴率クラッシャー”などと呼ばれていましたが、それでも出演は途切れることなく、『半沢直樹』などのヒット作にも恵まれて今の地位を築きました。
オスカーは武井さんや剛力さん、そして忽那汐里さんにも同じ手法を使おうとして、3人とも失敗してしまった…ということになるでしょうか。
武井さんに関しては、2年程前一度オスカーのごり押し対象から外れた、という報道もありました。

オスカーが武井咲のゴリ押しをストップ?事務所内格付けが変動、剛力彩芽がトップに!

12年に3クール連続でゴールデン帯の連ドラの主役を演じた後、13年初頭の噂でした。
確かに、武井さんは13年は極端に露出が少なく、久しぶりにドラマに主演すると思ったら深夜枠だった時もその“都落ち”感が話題になっていました。
しかし、13年の後半にヒロインでゴールデン帯の連ドラに復帰すると、14年はまたしても3本のゴールデン帯の連ドラに主演。
そして、少し間をあけて今の『エイジハラスメント』という流れでした。

こうしてみると、13年の上記噂は、武井さんへのごり押しに対するバッシングが大きかったため少しブランクをあけただけ、だったのかもしれません。
こうして少しずつブランクをあけているせいか、最近は武井さんに対する“ごり押し”という声もあまり聞かれなくなっては来ていました。

さて、今回のこの噂は、本当に“ごり押し”を終了するのか、それともまたしばらくブランクをあけて様子を見ようとしているのか、どちらなんでしょうね。
オスカーにしてみれば、剛力さんが女優業を休んで歌手に専念することになった以上、武井さんまで沈まれては困るはずなんですよね。
上戸さんは産休・育休中ですし、米倉さんも離婚騒動の余波がまだある状態なんですから。

※剛力さんの今後も不安要素いっぱい…。
迷走・剛力彩芽が迎えた芸能界ラストチャンス!
Geinou Ranking
Geinou Reading
Geinou Ranking

そう考えると、確かに今回はテレ朝の高視聴率枠を潰してしまいましたので、しばらくはそれで休むというか、露出が少ない時期があるかもしれませんが、遠からず再び武井さんをプッシュしてきそうな気はします。
かつては上戸さんだってそういう時期があったんですから…。

※09年ごろまではこう呼ばれていました。
視聴率完全崩壊! 『婚カツ!』終了で ”視聴率クラッシャー”の異名を持つ上戸彩の今後は?

このまま武井さんのごり押しが終了し、オスカーが新たなごり押しタレントを仕立ててくるのか、ほとぼりが冷めた頃武井さんを再びプッシュして来るのか、今後の展開に注目ですね。

※まだまだこんな噂も。
フジテレビ『昼顔2』主演を武井咲・本仮屋ユイカに変えて来春放送予定?熊切あさ美も出演予定とか

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

武井咲のブログはこちら
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最新芸能ニュース
最新芸能ニュース

コメント

  1. より:

    武井咲がどうこうよりも、「エイジハラスメント」というタイトルがねぇ…「最高の社員」とか、「新人Z」とかの、コメディを匂わせるタイトルだったら、もう少し視聴率上がった気がするw
    タイトルにネガティブコード入れたら、それだけで重い話はイヤだなとなる人は多いでしょ

  2. 匿名 より:

    『エイジハラスメント』のタイトルと内容が悪い。
    咲ちゃんのドラマはずっと見てきたがこれだけはやめた。
    次に咲ちゃんが出るドラマなら見るよ。